MENU

5月28日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説

目次

5月28日の誕生花:スズラン(鈴蘭)

5月28日の誕生花:スズラン(鈴蘭)

スズラン(鈴蘭)は、鈴のようなかたちをした白い花を咲かせます。小さな可憐な花が連なって咲いている様子は非常に愛らしく、可愛らしい見た目が人気です。日本で多く流通しているのは、ドイツ原産のドイツスズラン(Convallaria majalis)で、花が大きく、芳香があるのが特徴です。

スズラン(鈴蘭)の花言葉

スズラン(鈴蘭)の花言葉はいくつかありますので、代表的なものを紹介します。

  • 純粋
  • 純潔
  • 謙虚
  • 再び幸せが訪れる

結婚を連想させる言葉が多く、ウエディングブーケや花嫁への贈り物にもぴったりですね

スズラン(鈴蘭)の純白で清楚な印象の花色から、「純粋」や「純潔」という花言葉がつけられました。また、スズラン(鈴蘭)はヨーロッパでは聖母マリアの花とされていたことから、これらの花言葉がつけられたという説も。「謙虚」は、慎ましくひっそりと咲く花姿が由来です。「再び幸せが訪れる」は、春に咲くスズラン(鈴蘭)の花が、寒い北国の人々にとっては幸せな春の訪れを知らせるものだからです。

スズラン(鈴蘭)の花言葉も、清楚で可憐な花姿にちなむものが多いです

  • purity(純粋)
  • humility(謙遜)
  • sweetness(優しさ)
  • return of happiness(再び幸せが訪れる)

スズラン(鈴蘭)が誕生花の日

スズラン(鈴蘭)はヨーロッパでは「5月の花」として知られています。5月28日以外にも、5月1日5月2日の誕生花とされています

スズラン(鈴蘭)の季節・開花時期

スズラン(鈴蘭)は春の花です。2~7月頃に市場に出回り、4~5月に見頃を迎えます。スズランの真っ白な花が咲き始めると、春を感じる方も多いでしょう。

5月28日の誕生花:アマリリス

5月28日の誕生花:アマリリス

アマリリスは、ユリ(百合)のような大輪の花を咲かせます。花の色は白・ピンク・赤が定番ですが、近年は黄や緑の花をつける品種や、花に模様のはいるもの、葉に斑がはいるものも出回っています。一重咲きと八重咲きがあり、どちらも非常に華やかです。贈答用としても人気のある花です。

アマリリスの花言葉

アマリリスの花言葉は、凛とした花姿をイメージさせるものです

  • 誇り
  • すばらしく美しい
  • おしゃべり

アマリリスの花名は、古代ローマの詩人「ウェルギリウス」が書いた「牧歌」に登場する美しい羊飼いの娘「アマリリス」に由来します。アマリリスは花が好きな少年に恋をして、彼を振り向かせるために神様から授かった矢で自らを傷つけ、流れた血から美しい花が咲いたといいます。この言い伝えから、「誇り」や「すばらしく美しい」という花言葉がつけられたようです。また、アマリリスの花は横向きに咲くため、群生しているとまるで花同士が談笑しているように見えることが、「おしゃべり」という花言葉の由来です。

西洋の花言葉も、日本のものとほぼ同様です

  • pride(誇り)
  • splendid beauty(輝くばかりの美しさ)

アマリリスが誕生花の日

アマリリスは、多くの日の誕生花になっています。5月28日以外に、1月26日・2月12日(赤)・2月24日・5月30日・7月16日です

アマリリスの季節・開花時期

アマリリスは5~7月に多く出回り、ピークは6月です。花の見頃も5~6月で、初夏を感じさせる花の1つでしょう

5月28日の誕生花:グロリオサ

5月28日の誕生花:グロリオサ

グロリオサは、熱帯アジアや熱帯アフリカ原産の花です。花色は赤やピンク、オレンジなどの暖色系が一般的で、細長く波打ったかたちの花びらが特徴的。まるでゆらゆらと立ちのぼる炎のように見えることから、英語では「Flame lily(炎のユリ)」や「Glory lily(栄光のユリ)」と呼ばれています

グロリオサの花言葉

グロリオサの有名な花言葉は、「栄光」と「勇敢」です。ほかに「頑強」と「燃える情熱」も花言葉とされています。

赤の花びらに黄色のふちどりがあるグロリオサは冠のように見えることから、「栄光」や「勇敢」の花言葉がつけられました。凛々しくゴージャスな花姿にぴったりですね。

グロリオサが誕生花の日

グロリオサが誕生花の日は、年間で2日。5月28日と10月19日です

グロリオサの季節・開花時期

グロリオサは通年市場に出回っていますが、夏にピークを迎えます。開花は7~9月です

5月28日の誕生花:ベロニカ

5月28日の誕生花:ベロニカ

ベロニカは北半球の温帯地域が原産の多年草です。およそ300種類あるといわれ、日本では約20種が自生しています。まっすぐに伸びた茎の先に、愛らしい小さな花穂がつきます。1本1本は小さな花ですが、花壇などで群生させると華やかで見ごたえがあります。花色は紫、ピンク、青、白などが代表的です。

ベロニカの花言葉

ベロニカの花言葉は、「忠実」と「名誉」です。天に向かってまっすぐ伸びる、凛とした花姿にぴったりな花言葉ですね。

ベロニカという花名は、キリスト教の聖女「セイント・ベロニカ(St.Veronica)」にちなみます。処刑地に向かうキリストの汗を、ベロニカが布でぬぐったところ、布にキリストの姿が表れたといいます。この奇跡的な体験が、「忠実」や「名誉」という花言葉の由来となりました。

西洋では「female fidelity(女性の忠節)」が花言葉とされています。これも、聖女ベロニカの言い伝えからつけられた花言葉なのでしょう。

ベロニカが誕生花の日

ベロニカが誕生花の日は、年間で3日。5月28日、6月16日、6月20日です

ベロニカの季節・開花時期

ベロニカは初夏~夏にかけてが旬の花です。5~8月に開花のピークを迎えます。苗は2~6月、鉢は5~8月に多く出回ります。

5月28日生まれの偉人・有名人

5月28日生まれの偉人・有名人

5月28日生まれの男性有名人には、芸人の村上ショージさん(1955年)、元サッカー日本代表の水沼貴史さん(1960年)、プロ野球選手の五十嵐亮太さん(1979年)などがいます。女性有名人は、タレントの若槻千夏さん(1984年)、女優の黒木メイサさん(1988年)、K-POPグループ「TWICE」のダヒョンさん(1998年)などです。各分野で活躍している方が多くいらっしゃいますね

5月28日は何の日?

5月28日は何の日?

享保18年のこの日に、現在も「隅田川花火大会」となってつづいている「両国川開きの花火」が打ち上げられたことから、「花火の日」とされています。また、1961年アムネスティ・インターナショナルの発足日であることから、「国際アムネスティ記念日」に制定。1927年には「全日本オープンゴルフ選手権大会」が開催されたことから、「ゴルフ記念日」でもあります。

まとめ

5月28日の誕生花として、スズラン(鈴蘭)・アマリリス・グロリオサ・ベロニカの花言葉や開花時期を紹介しました。5月28日生まれの大切なあの人に、誕生花の花言葉を添えて、お花を贈ってみてはいかがでしょうか。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる