MENU

5月1日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説

目次

5月1日の誕生花について

5月1日の誕生花について

365(366)日、全ての日に決められた、誕生日にちなんだ花があります。

5月1日の誕生花には、エーデルワイス、スズラン、ミツバツツジなどがあります

誕生花の特徴や花言葉をあわせて紹介します。

5月1日の誕生花:エーデルワイス

5月1日の誕生花:エーデルワイス

エーデルワイスはキク科・ウスユキソウ属に分類される多年草で、白く星形に開いた花のように見える苞葉が特徴です

アルプスやヒマラヤ山脈のような標高が高い山に自生し、品種改良がしにくく、高貴な花とされています。「アルプスの星・アルプスの妖精」と呼ばれ、美しい花を咲かせます。

ドイツ語のedel(高貴な)とweiß(白)を合わせたのが名前の由来で、スイスやオーストリアの国花に認定されています。

エーデルワイスの花言葉

エーデルワイスの花言葉は、大切な思い出・尊い思い出・勇気・忍耐です

エーデルワイスの花言葉は、可憐で潔さを持つイメージの言葉が多くなっています

中でも「大切な思い出」は、登山家と天使の叶わない恋のエピソードに由来しています。登山家が恋した天使への思いの苦しみを知り、天使が地上にこの花を残し、天に戻ったいう言い伝えです。

西洋の花言葉は、Noble courage(高潔な勇気)・Daring(大胆不敵)など、潔い心情を表現する言葉があります。

エーデルワイスが誕生花の日

エーデルワイスが誕生花の日は、ほかに2月13日、8月18日です。

エーデルワイスの季節や開花時期

旬の季節は夏、開花時期は、栽培で5月~8月・自生で7月~9月です

5月1日の誕生花:スズラン(鈴蘭)

5月1日の誕生花:スズラン

スズランはキジカクシ科・スズラン属に分類される多年草で、小さな花を釣り鐘状に咲かせるのが特徴です。スウェーデン、フィンランドの国花とされています。花色は白色が主ですが、紫色やピンク、赤色、黄色もあります。

市場に出回っているスズランは、ヨーロッパ原産のドイツスズランがほとんどです。日本自生のスズランよりも花が大きく、とてもよい香りがします。香水にも多く利用され、3大フローラルの1つと呼ばれています。

スズランは愛らしい花ですが、根・葉・花には毒性があるため注意が必要です。

スズラン(鈴蘭)の花言葉

スズランの花言葉は再び幸せが訪れる・純粋・純潔・謙遜などが挙げられます。

再び幸せが訪れるは、春の訪れの幸せと喜びの兆しという意味合いからきています。

「純粋・純潔」という花言葉は、スズランが「聖母マリアの花」とされていることが由来です。汚れのないイメージから、花嫁のブーケに多く用いられています。

西洋の花言葉は、Return of happiness(再び幸せが訪れる)・Purity(純粋)・Sweetness(優しさ、愛らしさ)・Humility(謙遜)です。

スズラン(鈴蘭)が誕生花の日

スズランが誕生花の日は、ほかに5月2日、5月28日です。

スズラン(鈴蘭)の季節や開花時期

スズランが旬の季節は春、開花時期は4月~5月です。市場に出回る時期は2月~7月、最盛時期は5月です。切り花にした際の花持ち期間は3~5日程度になります。

5月1日の誕生花:ミツバツツジ

5月1日の誕生花:ミツバツツジ

ミツバツツジはツツジ科・ツツジ属に分類される落葉低木で、開花と同時、または開花後、枝先に葉をつけるのが特徴です。花色は主に紫色ですが、ピンクや赤・白色もあります。日本原産、関東から東海・近畿地方に分布し、岩場や尾根、雑木林に自生します。

「ミツバツツジ」という名前の由来は、枝先にある、ひし形で3枚の葉に由来しています。

ミツバツツジの花言葉

ミツバツツジの花言葉は節制・抑制のきいた生活などが挙げられます。

節制・抑制のきいた生活は、ミツバツツジの育つ環境で、厳しい岩場や尾根を好むことからが由来とされています。

西洋の花言葉は、Temperance(節制、禁酒)・Take care of yourself for me(私のために体を大切に)という意味合いです。

ミツバツツジが誕生花の日

ミツバツツジが誕生花の日は、ほかに5月22日です。

ミツバツツジの季節や開花時期

ミツバツツジが旬の季節は春、開花時期は4月~5月です

5月1日生まれの有名人

5月1日生まれの有名人

5月1日生まれは、さまざまな表舞台で活躍されている方が多いです

  • 小山慶一郎(NEWS)
  • ウェス・ウェルカー(コーチ、元アメリカンフットボール選手)
  • 本上まなみ(女優)
  • 寺井尚子(ジャズ・バイオリニスト)

5月1日は何の日?

5月1日は何の日?

5月1日を記念日とする中で、スズランの日があります。スズランの花を、お世話になった人に感謝の気持ちをこめて贈るというフランスの風習です。受け取った人には幸福が訪れるといわれています。

また、1914年東武東上線開業、1923年小田急電鉄設立。日本赤十字社創立記念日、メーデーなどの記念日です。5月1日の、5と1と合わせ「コイ」から、恋が始まる日、「ごい」から語彙の日という、語呂合わせの記念日としても知られています。

まとめ

5月1日の誕生花、エーデルワイス、スズラン、ミツバツツジを紹介してきました。

花言葉の純粋・純潔から、スズランは結婚式の花嫁のブーケに人気です。ミツバツツジは記念日の庭木におすすめです。年月が必要ですから、開花時の喜びはひとしおでしょう。

花言葉にこめられた思いは、言葉以上の幸福や気持ちを表します。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる