MENU

すずらんが見頃になる季節は?種類や花言葉、おすすめの名所も紹介

すずらんを楽しみたいと考えているものの「見頃が分からない」と悩んでいませんか?すずらんを楽しめるベストな時期と合わせて、おすすめの名所を紹介します。また、鑑賞をさらに楽しめるように、種類や花言葉などもチェックしましょう。

すずらんの特徴と咲く季節

すずらんの特徴と咲く季節
すずらんといえば、日本でも多く栽培され、観光名所としてもなじみ深い花です。そんな、すずらんの特徴と咲く季節をチェックしましょう。

鈴のような白い花 

すずらんといえば、名前の通り『鈴のような形をした白い花弁』が特徴です。 直径1cmにも満たない小さな花弁が、一つの茎にいくつも連なっており、揺らせばシャランシャランと鈴の音が聞こえてくる気さえします。 そんなすずらんは、元々は涼しい地域で自生することから、清楚な見た目とは反対に『とても丈夫な花』でもあるのです。特に寒さに強く、日本では北海道、海外ではスウェーデンのように、寒い地域でも元気に育っています。 ただし、暑さや過度な湿気には弱いため、育てるときは『風通しのよい場所』で管理することが大切なポイントです。

開花時期は春

すずらんの見頃は『4~6月ごろ』です。開花する時期が丁度、春の始まりであることから『春を告げる花』としても知られています。 気温や育つ環境などに左右されますが、5月ごろにピークを迎えることが一般的です。観光地ですずらんの鑑賞を楽しみたい人は、4月末~5月にかけてがおすすめの時期といえるでしょう。 10~12月にかけては、すずらんが休眠期に入るため一度枯れてしまいますが、翌年になると再び可憐な姿を見せてくれます。

5月1日はすずらんの日

フランスでは、5月1日を『すずらんの日』に制定しています。 その背景には、1561年5月1日、当時のフランスを治めていた王・シャルル9世が、側近からすずらんの花束を贈られたという出来事があったそうです。 花束に感激したシャルル9世は、幸せのおすそ分けとして、宮廷の女性にすずらんをプレゼントしたことから、5月1日にすずらんを贈る文化が始まったといわれています。 フランスでは、今でも5月1日に大切な人へすずらんを贈る習慣が続いており、この日になると誰でもすずらんの花を売ることができるため、町中がすずらんの花でいっぱいに埋め尽くされます。

すずらんの花言葉と注意点

すずらんの花言葉と注意点
清楚でかわいらしい印象を与えるすずらんは、花言葉もぴったりなものが付けられています。意味を知った上で誰かにプレゼントすれば、すてきな思い出も与えられるでしょう。 また、すずらんを扱う際には注意点があります。合わせてチェックしておきましょう。

花言葉

すずらんの花言葉はいくつか存在しますが、中でも代表的なものが以下の三つです。
  • 純粋
  • 謙遜
  • 再び幸せが訪れる
清楚な見た目にちなみ、ピュアな印象の花言葉が付いています。大切な恋人や家族へのプレゼントとして贈るのにぴったりです。 また、やや下向きに花弁を付ける姿が、花嫁姿に似ていることから、結婚式のブーケや花嫁へのプレゼントに使われることも多い花です。 結婚はもちろん、誕生日や記念日のような幸せなタイミングにすずらんを贈れば、花言葉のように、さらに幸せを届けられることでしょう。

毒性がある

美しい花言葉を持つすずらんですが、『花・葉・根に毒性がある』ことは注意したいポイントです。特に、根と花に多くの毒が含まれており、誤って口にすると、頭痛や吐き気などの体調不良を起こす恐れがあります。 多量に摂取すると命に関わる危険性もあるため、扱うときは手袋や軍手をするなど、素手ですずらんに触れないように注意しましょう。 また、小さな子どもやペットは、気つかずに口にしてしまう可能性も考えられます。手の届くところに置かない・食べ物の近くに飾らない・花にやる水はすぐに捨てるなど、管理には細心の注意を払うことが大切です。

種類は大きく分けて2つ

種類は大きく分けて2つ
すずらんは大きく2種類あり、日本に自生する種類を『ニホンスズラン』、園芸・観賞用として親しまれている『ドイツスズラン』といいます。それぞれの特徴や違いをチェックしましょう。

ニホンスズラン

ニホンスズランは、主に北海道や本州北部に自生する『アジア原産のすずらん』です。ドイツスズランが変異した種類と考えられており、花弁が比較的小ぶりな作りになっています。 また、花弁が葉の下に隠れるように咲き、奥ゆかしい印象を与えることも特徴です。その姿が頭を下げて大切な人を待つ姿を思わせることから『君影草(キミカゲソウ)』と呼ばれることもあります。 しかし、育てにくいため園芸店や花屋で流通はほとんどありません。鑑賞を楽しみたい場合は、日本内にあるすずらんの名所に足を運ぶのが定番です。

ドイツスズラン

一方、ドイツスズランは『ヨーロッパ原産のすずらん』で、聖母マリアが流した涙がすずらんの花になったという説があることから『聖母の涙』と呼ばれることもあります。 ニホンスズランよりも花弁が大きく、長さ10~20cm程の広い葉よりも上に咲きます。二つの品種を並べると、ドイツスズランの方が大きいことが分かるでしょう。 また、比較的育てやすい品種で『日本で流通しているすずらんのほとんどはドイツスズラン』です。 ニホンスズランとドイツスズランを『見分けるポイントは花弁の中』にあります。ニホンスズランは中が真っ白ですが、ドイツスズランは中に赤い点が付いているので、注意して見てみるとよいでしょう。

すずらんの名所を見に行こう

すずらんの名所を見に行こう
4~6月にかけては、すずらんが楽しめるシーズンです。日本にはたくさんの名所がありますが、その中でもおすすめの名所を四つ紹介します。 清楚な白で染まり、透明感のある甘い香りが漂うすずらんの名所を楽しみませんか?

北海道『芽生すずらん群生地』

日本ですずらんを楽しむのであれば、北海道は外せません。中でも『芽生すずらん群生地』は、約15万ヘクタールと日本一の広さをほこるすずらんの群生地です。
1 2
よかったらシェアしてね!