MENU

5月7日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説

目次

5月7日の誕生花:バラ

5月7日の誕生花:バラ

バラはバラ科バラ属の花で、北半球のアジアやヨーロッパ、北アメリカ、中近東、アフリカの一部など亜熱帯から寒帯にかけて広く分布する花です。バラの花を知らない人はいないでしょう。花の中でももっともポピュラーといっても過言ではありません。美しい花の姿と華やかな香り、トゲをもつ茎は、美や愛の象徴とされています。

花の色も数多くあり、白や赤、ピンク、黄色、オレンジ、青、複色などさまざまあります。花束やブーケ、ドライフラワーなどアレンジも幅広くでき、バラから作られる精油はとても高価です。

バラの花言葉

バラの全般の花言葉は愛・美です。花の色別に花言葉もついており、白いバラの花言葉は、純潔・深い尊敬・私はあなたにふさわしい、赤いバラの花言葉は、愛情・美・あなたを愛してます・情熱・熱烈な恋。

ピンクのバラの花言葉は、上品・しとやか・感銘、黄色いバラの花言葉は友情・愛情の薄らぎ・嫉妬、青いバラの花言葉は、奇跡・夢かなう・神の祝福・不可能などとなっています。

花言葉の由来

バラは花の中でももっとも多くの花言葉をもつといわれています。色別の花言葉はもちろん、本数別の花言葉や野バラやつるバラなど種類別にもつけられています。全般の花言葉の愛や美は、バラの花姿からつけられたのでしょう。映画のシーンで赤い花束をプレゼントする場面も多くありますよね。 花の色別の花言葉も恋愛に関するものが多いので、贈る人のイメージや自分の気持ちに近い花言葉をもつ色のバラを選ぶのもおすすめです。

西洋の花言葉

バラの西洋の花言葉はlove(愛情)・beauty(美)・I love you(あなたを愛してます)・passion(情熱)・romance(ロマンス)などです。

バラが誕生花の日

バラが誕生花の日は5月7日の他に、2月25日・6月19日・7月14日・7月15日・12月25日もあります。

バラの季節・開花時期

バラの季節は通年です。年間通して花を楽しめます。開花時期は5~11月、最盛期は5~6月です。花は3~7日ほど楽しめます。

5月7日の誕生花:モクレン

5月7日の誕生花:モクレン

モクレンはモクレン科モクレン属の花です。原産地は中国です。空に向かって紫色や白の大輪の花をたくさん咲かせます。満開の時期は、まるで蝶がたくさん木に止まっているように華やかです。木は5mほどに成長します。耐寒性も耐暑性もあり、成長が早いので植えてから5〜6年で5mほどにまで育ちます。

花が咲く時期に一緒に葉が出てくるので、花と葉両方楽しめます。モクレンは紫の花のイメージが強いですが、白、ピンク、黄色、紅色などもあります。

モクレンの花言葉

モクレンの花言葉は、自然への愛・持続性・崇高などがあります。また白い木蓮の花言葉は、高潔な心です。

花言葉の由来

モクレンの花言葉、自然への愛の由来は、枝の先に大きな花を咲かせる姿に由来しているといわれます。たくさんの花を咲かせる姿は、自然を愛し自らも満喫しているように見えますね。

西洋の花言葉

モクレンの西洋の花言葉は、love of nature(自然への愛)・nobility(崇高)・dignity(威厳)・perseverance(忍耐)などがあります。モクレンの英語名は、Magnolia(マグノリア)でフランスの植物学者Pierre Magnol(ピエール・マニョル)からつけられたといわれています。

モクレンが誕生花の日

モクレンが誕生花の日は。5月7日の他に1月8日・2月19日・7月4日があります。

モクレンの季節・開花時期

モクレンの季節は春です。開花時期は3~5月で最盛期は4月です。花は咲いてから3~4日ほど楽しめます。モクレンが枝いっぱいに花を咲かせている姿を見ると春の訪れを感じますね。

5月7日の誕生花:スターチス

5月7日の誕生花:スターチス

スターチスはイソマツ科・イソマツ属の花です。原産地はヨーロッパです。一年草と多年草があり、花の色は白、赤、ピンク、黄色、紫などさまざまあります。スターチスはリモニウムとも呼ばれ、野生種は砂漠や荒地などの環境でも生育でき、花を咲かせます。園芸種のスターチスも合わせると、世界中に約150種類ほどあります。スターチスの花の部分に見えるピンクや紫、黄色などの部分がガクで、花の部分はその中から出ている白い部分になります。

水分の少ない花で、さまざまな花と相性がよく花束やブーケにもよく使われます。ドライフラワーにもできるので、長く楽しめる花です。

スターチスの花言葉

スターチス全般の花言葉は、変わらぬ心・永遠に変わらない・途絶えぬ記憶などです。花の色別の花言葉もあり、ピンクのスターチスの花言葉は永久不変、紫のスターチスの花言葉はしとやか・上品、黄色いスターチスの花言葉は誠実・愛の喜び、薄い青紫は知識となっています。

花言葉の由来

スターチスの花言葉は、花の性質が由来となっています。全般的な花言葉の、変わらぬ心・永遠に変わらない・途絶えぬ記憶などはスターチスがドライフラワーにしても楽しめるところからつけられています。また、ピンクのスターチスの永久不変や、黄色のスターチスの誠実なども、時間が経っても変わらぬ美しさを保つ花の特徴からつけられているのでしょう。

西洋の花言葉

スターチスの西洋の花言葉は、success(成功)・remembrance(記憶)・sympathy(同情)です。

スターチスが誕生花の日

スターチスが誕生花の日は5月7日と11月17日があります。またうす紫のスターチスは4月29日の誕生花です。

スターチスの季節・開花時期

スターチスの季節は初夏です。開花時期は5月~7月です。年間通して手に入りますが、最盛期は5月~6月です。生花の花もちは10~14日ほどです。

5月7日の誕生花:エゴノキ

5月7日の誕生花:エゴノキ

エゴノキは、エゴノキ科・エゴノキ属の花です。原産地は、日本、中国、朝鮮半島、フィリピンなどです。白やピンクの花を咲かせ、日本でも森林や雑木林などで自生しているものを見られます。高木で木の高さは7~15mほどにもなります。花は直径2cmほどと、とても小さいですが、さくらんぼのように下を向いて集まって咲く姿がとてもかわいらしく見えます。

エゴノキの花言葉

エゴノキの花言葉は、壮大です。

花言葉の由来

エゴノキの花言葉の壮大は、高木のエゴノキに、鈴なりに小さな花が集まって咲いている姿からつけられたといわれています。

西洋の花言葉

エゴノキが誕生花の日

エゴノキが誕生花の日は5月7日だけです。

エゴノキの季節・開花時期

エゴノキの季節は初夏です。開花時期は5〜6月で、夏が近づいてくる時期に、密集して咲く花の姿が見られます。

5月7日生まれの偉人・有名人

5月7日生まれの偉人・有名人

5月7日生まれの有名人は、俳優のゲーリー・クーパーが1901年生まれ、タレントの萩本欽一が1941年生まれ、俳優の上川隆也が1965年生まれ、同じく俳優の窪塚洋介が1979年生まれなどです。

5月7日は何の日?

5月7日は何の日?

5月7日は、国際デーの一つ「世界エイズ孤児デー」です。両親または片親をエイズによって亡くした子供やHIVウイルスに感染した、もしくはAIDS患者の孤児の問題を考える日です。2002年国連子ども特別総会で制定されました。

エイズ感染対策だけではなく、子供たちのその後の生活のケアなどを議論し、問題解決に向けてさまざまな活動を続けることを改めて認識する日です。

まとめ

5月7日の誕生花は、バラ、モクレン、スターチス、エゴノキなどです。高木で季節になると鑑賞できる花や、ブーケや花束に使える身近な花ばかりです。花をプレゼントするときに花言葉を書いて一緒に贈ると、より花について詳しくなり興味をもってくれるかもしれません。ぜひ一言添えてみてくださいね。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる