MENU

5月に咲く花一覧!ガーデニングで人気の品種の特徴や花言葉も紹介

5月に咲く花一覧!ガーデニングで人気の品種の特徴や花言葉も紹介

5月は色とりどりのお花が咲き始める、ガーデニング愛好者にとって心躍る季節です!花木、球根、草花に分けて5月に咲く花を紹介します。色別でも紹介しますので、お庭に足りない色味が合ったらぜひ追加してみてくださいね!

目次

5月に見頃を迎える花

5月に見頃を迎える花はコデマリ、ハナミズキ、バラ、ライラック、シャクナゲ、ブルーベル、ムスカリ、カーネーション、ポピー、ジギタリス、カスミソウ、カラー、シャクヤク、ハマナス、ストック、クレマチス、ニゲラ、ワスレナグサ、ランタナ、ストレリチアです!

5月に咲く花木

5月に咲く花:コデマリ

5月に咲く花:コデマリ

コデマリの特徴

4~5月にかけて手毬状の可愛らしい花を咲かせるコデマリは江戸時代から庶民に親しまれてきました。控えめな白い花はまさに日本人の好みともいえる可憐さで、高い木の根元に植える「根締め」としても人気があります。耐暑性、耐寒性があるので育てやすい植物と言えます。大きく育ちますので鉢植えには向かず地植えが向いているでしょう。

コデマリに似ている花としてユキヤナギがあります。こちらも小さな花が集まって咲く可愛らしい植物ですが、花が咲く位置で見分けることができます。コデマリは枝の先端部分に集中して花を咲かせ、一方のユキヤナギは枝全体にまんべんなく花を付けます。

コデマリの花言葉

コデマリの花言葉は「努力」「友情」です。

コデマリは小さな白い花が集まって手毬のようなこんもりとした形を作ります。小さな花同士が身を寄せ合っている様子から「友情」、一つ一つの花が美しさを競い合ってもいるように見えることから「努力」という花言葉がつけられました。

コデマリの季節・開花時期

季節:春
開花時期:4~5月

5月に咲く花:ハナミズキ

5月に咲く花:ハナミズキ

ハナミズキの特徴

桜が咲き終わったころから咲きだすハナミズキは、まさに5月を代表する花と言えるでしょう。白やピンクの花びらが印象的ですが、実は花びらではなく総苞と呼ばれる葉の一部です。別名は「アメリカヤマボウシ」です。

ヤマボウシも一見、ハナミズキとていますが、花が咲くころに葉があるかどうかで見分けることができます。花だけがあるのがハナミズキで、葉の上に花を咲かせるのがヤマボウシです。ヤマボウシはハナミズキに比べて少し開花時期が遅く、5~7月です。またハナミズキには花びらの先がやや丸みがあり、くぼんでいます。

ハナミズキの花言葉

ハナミズキの花言葉は私の想いを受けてください」「返礼」「永続性」です。

1912年、まだ東京が市だったころ、尾崎行雄市長が有効の証にサクラをアメリカに贈りました。3年後の1915年、サクラのお返しとして当時のアメリカ合衆国大統領ウィリアム・タフトからハナミズキが東京に贈られたのが、日本でのハナミズキの始まりです。このこと日米の友好のあるやり取りから「私の想いを受けてください」「返礼」という花言葉がつけられました。

ちなみに、アメリカに贈られたサクラは現在全米桜まつりとして有名なワシントンのポトマック川のほとりで今なお愛され続けています。

ハナミズキの季節・開花時期

季節:春
開花時期:4~5月

5月に咲く花:バラ

5月に咲く花:バラ

バラの特徴

1年を通してお花屋さんで見かけるバラですが、本来の開花時期は4~5月です。5月には広島県の福山ばら祭をはじめ、たくさんの植物園などでバラ祭りが開催されていますね!花の女王とも呼ばれるバラですが、ツル性で生垣に合うものから、初心者でも育てやすい鉢植えで小さく育てられるものまで品種は様々です。

バラの花言葉

バラの花言葉は愛」「美で、バラの美しさや情熱的な赤い色が由来です。

バラは色別でも花言葉が変わることで有名です。中にはネガティブな花言葉もありますのでプレゼントにバラを選ぶ際にはぜひ花言葉をチェックしてみてくださいね!

  • 赤 「愛情」「情熱」「私を射止めて」 
  • ピンク 「上品」「美しい少女」
  • 白 「純潔」「無邪気」
  • 黄色 「嫉妬」「薄らぐ愛」
  • 紫 「気品」「上品」
  • オレンジ 「すこやか」 「愛嬌」
  • 青 「夢叶う」
  • 黒 「憎しみ」「あなたは私のもの」

バラの季節・開花時期

季節:春~秋
開花時期:5~10月 ※品種による

5月に咲く花:ライラック

5月に咲く花:ライラック

ライラックの特徴

枝先に穂のように花を咲かせるライラックは香りがよく、世界中で愛されているお花です。ライラック英語名でリラはフランス語名です。日本でもリラと呼ばれることもあります。ライラックは冷涼な地域を好むので日本では北海道の街路樹としても使われています。花冠は通常4つに分かれているのですが、5枚のものは「ラッキーライラック」と呼ばれているそうですよ!

ライラックの花言葉

ライラックの花言葉は「思い出」「友情」「謙虚」です。

ライラックの葉はハートの形をしており、ヨーロッパでは恋のイメージがある花として、特にフランスでは白いライラックは青春のシンボルとして親しまれているそうです。このことから「思い出」「友情」「謙虚」の花言葉が付きました。

ライラックの季節・開花時期

季節:春
開花時期:4~5月

5月に咲く花:シャクナゲ

5月に咲く花:シャクナゲ

シャクナゲの特徴

ラッパ状の花が集まって、まるでくす玉のように丸い塊になって咲く姿は花木の女王と呼ばれるのにふさわしい豪華さです。世界中でも豪華さと美しさが人気で5,000種以上の園芸種が作られていると言われています。もともとは高山に自生するシャクナゲするので日本の夏の暑さに弱いと思われがちですが、品種改良が進み個人のお庭などでも楽しまれています。

漢字では「石楠花」と書きますが、これは漢名の石楠花(シャクナンゲ)が変化していったものと言われています。ちなみに石楠花は中国ではもともとシャクナゲとは別のバラ科の花を意味するそうで、誤って伝わった可能性も高いそうです。
さらに一説には低木のシャクナゲなので、尺がない⇒尺ない⇒シャクナゲと変化したという説もあります。

シャクナゲの花言葉

シャクナゲの花言葉は「警戒」「危険」「威厳」「荘厳」です。

シャクナゲは葉や茎に毒を持っており誤って食べてしまうと呼吸困難などの症状が出ます。さらにもともとは高山に自生しており、シャクナゲを見るためには険しい山道を登らなくてはならなかったことから「警戒」「危険」という花言葉がつけられました。

「威厳」「荘厳」はシャクナゲの花の立派な様子が由来となっています。

シャクナゲの季節・開花時期

季節:春
開花時期:4~5月

5月に花を咲かす球根草花

5月に咲く花:ブルーベル

5月に咲く花:ブルーベル

ブルーベルの特徴

釣鐘状の花で花先がくるっと可愛らしくカールしているお花です。その花姿はヒヤシンスのように豪華でもあり、スズランのように少し悲しげにも見えます。和名ではツリガネズイセン(釣鐘水仙)と呼ばれます。耐寒性があり、植えっぱなしでもよく育ち、よく花を咲かせます。

ブルーベルの花言葉

ブルーベルの花言葉は「謙遜」「変わらぬ心」です。

「謙遜」はうつむき加減に咲く様子が謙遜しているように見えることからつけられました。

ブルーベルの学名は「Hyacinthoides(ヒヤシントイデス)」で、ヒヤシンスに似ている、という意味です。青いヒヤシンスの花言葉が「不変の愛」であることから、ブルーベルにも「変わらぬ心」がつけられたのではないか、と言われています。

ブルーベルの季節・開花時期

季節:春
開花時期:4~5月

5月に咲く花:ムスカリ

5月に咲く花:ムスカリ

ムスカリの特徴

ムスカリは丸いツボのような小さな花がブドウの房のように集まって咲くお花です。その花姿から別名「グレープヒヤシンス」とも呼ばれます。青いムスカリはカラフルなチューリップとの相性も良く、花壇等で一緒に植えられているのを見ることができるでしょう。埋めっぱなしでも毎年よく咲くのでグラウンドカバーとしても使えます。最近では水栽培でも人気が出ているようです。

ムスカリの花言葉

ムスカリの花言葉は「失望」「失意」「夢にかける思い」「明るい未来」「通じ合う心」です。

青や紫は悲しみを表す色とされており、青が代表的な色であるムスカリにも「失望」「失意」というネガティブな花言葉がつけられたと言われています。その一方で、失意から立ち上がっていこうという気持ちを表した「夢にかける思い」「明るい未来」という花言葉もつけられたようです。

「通じ合う心」はたくさんの花が集まって心を通わせているように見えることや、花壇でどんな花との相性もいいことからつけられたと言われています。

ムスカリの季節・開花時期

季節:春
開花時期:3~5月

5月赤色の花を咲かせる品種

5月に咲く花:カーネーション

5月に咲く花:カーネーション

カーネーションの特徴

母の日のプレゼントと言えばカーネーション。まさに5月を代表するお花と言えますね!多年草の花なので、最近では鉢植えのカーネーションをプレゼントするのも人気のようです。

別名はジャコウナデシコ、クローブピンクで、これはカーネーションの香りがスパイスの丁子(クローブ)に似ていることからつけられました。

カーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」です。

これはカーネーションにまつわる言い伝えが由来となっています。
磔の刑が決まり、キリストは十字架を背負ってゴルゴダの丘に向かっていました。それを嘆きかなしんだ聖母マリアが流した涙が地面に落ち、そこから一本の花が咲いたのがカーネーションと言われています。この言い伝えから「無垢で深い愛」という花言葉がつけられました。

ちなみにカーネーションは色別で意味が変わります。特に次に紹介する色は母の日のプレゼントには向かない色ですので注意してくださいね!

  • 黄色 「軽蔑」「嫉妬」
  • 濃い赤 「欲望」「悲しみ」
  • まだら模様 「愛の拒絶」
  • 白 「尊敬」「私の愛は生きています」
    …一見、花言葉には問題ないように見えますが白いカーネーションは亡くなったお母様に捧げるものとされています。

カーネーションの季節・開花時期

季節:春
開花時期:4~6月

5月に咲く花:ポピー

5月に咲く花:ポピー

ポピーの特徴

一輪挿しでも映えるポピーですが、一面に咲き誇るポピーの花畑は圧巻です。ゴールデンウィーク頃には各地の公園で満開のポピー畑を楽しめるでしょう。色は赤以外にもオレンジ、白など様々で、薄く繊細な花びらは4~6枚のものや八重咲のもの、ふちが波打っているものなど様々です。

ポピーの花言葉

ポピーの花言葉は「いたわり」「思いやり」「恋の予感」「陽気で優しい」です。

「いたわり」「思いやり」はギリシア神話が由来となっています。
地上は農業の女神デメテルのおかげで豊作が続いていました。しかしある日、デメテルの愛するペルセポネという娘が地獄に連れ去られてしまいます。これに心を痛めたデメテルは食事も喉を通らなくなってしまいます。これを哀れんだ眠りの神ヒュプノスがデメテルに渡したのがポピーです。それ以降、デメテルは気持ちも穏やかになり、夜も眠れるようになったというお話です。

「恋の予感」「陽気で優しい」は明るい色のポピーが太陽に向かって咲く様子からつけられました。

ポピーの季節・開花時期

季節:春~初夏
開花時期:4~7月

5月白色の花を咲かせる品種

5月に咲く花:ジギタリス

5月に咲く花:ジギタリス

ジギタリスの特徴

スラっと伸びた茎にベルの様な花が房状に咲くジギタリスはイングリッシュガーデンで人気の品種です。花の様子が指につけるサックに似ていることから、ギリシア語で「指」を意味する「digitus(ディギトゥス)」が語源と言われています。和名ではキツネノテブクロ(狐の手袋)と呼ばれますが、これは英名のフォックスグローブの直訳です。

以前は薬用としても使われていたジギタリスですが現在では使われておらず、毒性の植物として知られています。ご家庭で栽培する際には誤って食べてしまうことが無いように注意しましょう。

ジギタリスの花言葉

ジギタリスの花言葉は「熱愛」「不誠実」です。

見た目は美しいジギタリスですが、猛毒を持っており摂取量が多いと死に至ることもあります。この見た目と危険さのギャップから「熱愛」という花言葉がつけられました。

「不誠実」も毒を持っていることに由来してつけられたという説がありますが、ギリシャ神話に由来するという説もあります。
全知全能の神ゼウスは妻である女神ヘラのサイコロ遊びを快く思っていませんでした。ある日、礼拝を抜け出したヘラがサイコロで遊んでると、誤ってサイコロが地上に落ちてしまいました。拾ってくるように頼まれたゼウスでしたが、サイコロ遊びをやめてほしい気持ちから、サイコロをジギタリスに替えた、というお話です。
どのように言い訳をしたのか気になるところですね!

ジギタリスの季節・開花時期

季節:初夏
開花時期:5~7月

5月に咲く花:カスミソウ

5月に咲く花:カスミソウ

カスミソウの特徴

フラワーアレンジメントや花束でサイドフラワーとして欠かせないカスミソウ。他の花を引き立たせる可憐な白いお花です。白色のカスミソウが有名ですが、淡いピンクや赤っぽい色も存在します。

お家で育てる際は、カスミソウは高温多湿を嫌いますので、水はけのよい土を使い、日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。かわいらしい花からはちょっと想像しにくいですが、香りが強いと感じる場合もありますので、切り花として使う場合は配慮が必要です。

カスミソウの花言葉

カスミソウの花言葉は「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」です。

「清らかな心」「無邪気」はカスミソウのピュアな花の印象からつけられました。

「親切」「幸福」はカスミソウが他の花の引き立て役として使われることから、他の花から見ると親切で自分を幸せにしてくれる花と感じられることからつけられました。

カスミソウの季節・開花時期

季節:初夏
開花時期:5~7月

5月に咲く花:カラー

5月に咲く花:カラー

カラーの特徴

清楚な印象のカラーで結婚式でブーケや髪飾りとしても人気があります。花びらに見える白い部分は実は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれるもので、中にある黄色の棒状の花を保護しています。

ユリのように白く美しいことから、英語名は「Calla lily(カラー・リリー)」です。所変わって原産地の南アフリカでは「varkoor(豚の耳)」と呼ばれているので驚きです!

カラーの花言葉

カラーの花言葉は「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」です。

カラーの純白で美しい姿からつけられました。

カラーの季節・開花時期

季節:初夏
開花時期:5~7月

5月ピンク色の花を咲かせる品種

5月に咲く花:シャクヤク

5月に咲く花:シャクヤク

シャクヤクの特徴

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という慣用句があるように、美しいものの例えとしても使われるシャクヤク。エレガントで豪華な花を咲かせるシャクヤクは「花の宰相(総理大臣)」とも呼ばれています。花径は10cm程にもなりとても見ごたえがあります。似ている花として牡丹(ボタン)が挙げれらることがありますが、次の点で見分けることができます。

シャクヤクボタン
葉の形やや丸みがあり、切れ込みはないギザギザとした切れ込みがある
花の付き方茎が伸び、その先に花がつく幹から枝分かれして花を咲かせる
開花時期5月~6月(初夏)4月下旬~5月中旬(晩春)
香りバラに似た香り基本的になし
花の散り方少しずつ散る一気に散る
分類草本性(草)木本性(樹木)

シャクヤクの花言葉

シャクヤクの花言葉は「恥じらい」「内気」「はにかみ」「謙遜です。

シャクヤクの花は日中しか開かず、日が沈むと花を閉じてしまいます。この様子がまるで恥ずかしがっているように見えることから上記の花言葉がつけられました。

シャクヤクの季節・開花時期

季節:初夏
開花時期:5~6月

5月に咲く花:ハマナス

5月に咲く花:ハマナス

ハマナスの特徴

濃いピンクの花を咲かせるハマナスは青い海、白い砂浜がとてもよく似合うお花です。初夏を感じさせてくれるお花で、次から次へと花を咲かせますが、一つの花は1日しか咲きません

ハマナスは漢字で「浜茄子」ですが、もとは「浜梨(ハマナシ)」という名前でした。これはハマナスの実が梨のように見えたからですが、実際の実は赤く、どちらかというとプチトマトのようにも見えます。のちにハマナシがなまってハマナスになったそうで、野菜のナスに由来するものではないそうです。

ハマナスの花言葉

ハマナスの花言葉は「悲しくそして美しく」です。

ハマナスが一日花(一日しか咲かない花)であることからつけられました。

ハマナスの季節・開花時期

季節:夏
開花時期:5~8月

5月青・紫色の花を咲かせる品種

5月に咲く花:ストック

5月に咲く花:ストック

ストックの特徴

茎にたくさんの花をつけるストックは切り花やアレンジメントの花材として親しまれています。紫色以外にも、ピンク、赤、白、黄色など様々な色があり、開花時期も長いので、春先のお庭を明るく彩ってくれるでしょう。

ストックの花言葉

ストックの花言葉は「永遠の恋」「永遠の美」「求愛」「愛の絆」です。

ストックはまっすぐ伸びた茎にたくさんの花を咲かせます。花もちもよく、切り花でも1週間くらいは楽しむことができるでしょう。このことから「永遠の恋」「永遠の美」という花言葉がつけられました。

日本ではプロポーズの定番はバラですが、西洋ではストックもプロポーズや結婚式の花として使われます。このような習慣から「求愛」「愛の絆」という花言葉がつけられました。

ストックの季節・開花時期

季節:春
開花時期:3~5月

5月に咲く花:クレマチス

5月に咲く花:クレマチス

クレマチスの特徴

たくさんの種類がるクレマチスですが、春には多くの品種が花を咲かせます。有名なものは花を大きく広げるタイプですが、ベル型のようなうつむき加減に咲くタイプも近年では見られます。イギリスでは「つる植物の女王」と呼ばれ、バラのパートナープランツとして親しまれているそうです。

多年草で育てやすく、鉢植えでも楽しめることから、最近では母の日のギフトとしても人気を集めています。

クレマチスの花言葉

クレマチスの花言葉は「精神の美」「貧弱」「たくらみ」「旅人の喜び」です。

クレマチスの花が堂々として美しいことから「精神の美」、一方で弱々しいツルがあることから「貧弱」とつけられました。

クレマチスの葉や茎から出る液体は皮膚をかぶれさせることがあります。ヨーロッパではその昔、この液体をわざと自分の体に塗って皮膚を傷め、物乞いをするという人もいたそうです。このことから「たくらみ」というネガティブな花言葉がつけられました。

ヨーロッパのホテルでは旅人が快適に旅を続けられるよう願って、ホテルの玄関にクレマチスを飾る風習があります。このことから「旅人の喜び」という花言葉がついたそうです。

クレマチスの季節・開花時期

季節:春~秋
開花時期:4~10月 ※品種によって異なる

5月に咲く花:ニゲラ

5月に咲く花:ニゲラ

ニゲラの特徴

青く涼し気な花と線香花火の火花のように繊細な葉を持つニゲラ。実は花びらに見える部分はがく片で、本来の花びらは退化してほとんど目立ちません。はかなげな印象のニゲラですが、生命力は強く、種がこぼれればどんどん増えていきます。ニゲラは光が当たっていると発芽しない「嫌光性」を持っていますので、種を蒔く時は土を十分にかぶせましょう。

和名はクロタネソウ(黒種草)で、名前の通り花が咲いた後に黒い種がなります。この種はブラッククミンと呼ばれるスパイスになります。  

ニゲラの花言葉

ニゲラの花言葉は当惑」「困惑」「秘かな喜び」です。

ニゲラの繊細な葉が霧のように見え、霧の中に花が咲いているように見えることから上記の花言葉がつけられました。英名では「Love in a mist」と呼ばれます。

ニゲラの季節・開花時期

季節:初夏
開花時期:5~7月

5月に咲く花:ワスレナグサ

5月に咲く花:ワスレナグサ

ワスレナグサの特徴

小さな花が身を寄せ合うように咲くワスレナグサ。青色のイメージが強いお花ですが、白、ピンクもまた可愛らしい雰囲気を持っています。はかなげな印象からは意外ですがこぼれ種でどんどん増えていきます。

ワスレナグサの花言葉

ワスレナグサの花言葉は「私を忘れないで」「真実の愛」です。

ワスレナグサの花言葉はドイツに伝わる伝説が由来となっています。
その昔、ドナウ川のほとりを騎士ルドルフとフィアンセのベルタが散歩していました。ベルタは川に浮かぶ美しい青い花を見つけます。その花をベルタにあげようとルドルフは川の中に入りますが、鎧が重く、川の流れも急だったのでルドルフは身動きが取れなくなってしまいます。そしてついにルドルフは流されそうになってしまったとき、青い花をベルタのもとに投げ「forget me not!」(私を忘れないで)と叫んだと言います。ベルタは悲しみ、青い花を髪飾りにしてその後も毎日ルドルフのことを思って過ごした、というお話です。悲しいお話ですが、ルドルフは生涯独身を貫いたともいわれており、愛情の深さが感じられますね!

ワスレナグサの季節・開花時期

季節:春~初夏
開花時期:3~6月

5月黄色・オレンジ色の花を咲かせる品種

5月に咲く花:ランタナ

5月に咲く花:ランタナ

ランタナの特徴

丈夫で育てやすく、彩り鮮やかなランタナはガーデニングの心強い味方です。カラフルで小さな花が集まって半球体を形作るランタナは、外側から内側に向かってグラデーションのように色が変化するので別名「七変化」とも呼ばれています。

育てやすさが魅力のランタナですが日本の環境省による「生態系被害防止外来種リスト」に載っている品種でもあります。植えてはいけないということではありませんが、繁殖力が旺盛なため、自然に増えすぎてしまうということもあります。目的のところ以外には種がこぼれ落ちないように気を付けましょう。

ランタナの花言葉

ランタナの花言葉は「心変わり」「合意」「協力」です。

ランタナの花がグラデーションになっている様子を心が変わっていく様子に見立てて「心変わり」という花言葉がつけられました。

「合意」「協力」は小さな花が集まっている様子からつけられました。

ランタナの季節・開花時期

季節:夏~秋
開花時期:5~10月

5月に咲く花:ストレリチア

5月に咲く花:ストレリチア

ストレリチアの特徴

日本ではゴクラクチョウカ(極楽鳥花)とも呼ばれるように、ストレリチアの花は鮮やかなオレンジの羽根を持った鳥が飛び立つようにも見えとても立派です。切り花としても人気ですが、お家で育てることもできます。南アフリカが原産なので寒さには弱いのですが、霜が降りない地域であれば外での冬越しも可能です。寒い地域では鉢植えにしてお家の中に移動させるのがよさそうです。

ストレリチアの花言葉

ストレリチアの花言葉は「気取った恋」「恋する伊達者」です。

ストレリチアは装飾が派手なおしゃれな帽子のようにも見えるので、上記の花言葉がつけられました。

ストレリチアの季節・開花時期

季節:初夏~秋
開花時期:5~10月

まとめ

シャクヤクやストレリチアなど豪華な花から、ニゲラやワスレナグサというちょっとアンニュイな雰囲気の花まで、5月はたくさんの花を楽しめる季節です。開花時期が長いものも多く紹介しましたので、秋口までお花を楽しみたいという方は開花時期にぜひ注目してみてくださいね!

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる