MENU

水仙(スイセン)とは?花の特徴・花言葉・育て方を紹介!

水仙(スイセン)とは?花の特徴・花言葉・育て方を紹介!

春の訪れを知らせてくれる水仙(スイセン)は凛とした美しさがありながらも、どこかはかなげな印象のあるお花です。球根草花で、環境が合えばお庭に植えておくだけでどんどん増えてくれます。そんなスイセンですが、毒を持っているという危険な一面もあります。スイセンの特徴や花言葉、育て方を紹介します。

目次

水仙(スイセン)の特徴と基本情報

水仙(スイセン)の特徴と基本情報

水仙(スイセン)の開花時期や見頃の季節

科・属ヒガンバナ科・スイセン属
和名水仙
英名Narcissus
学名Narcissus
花の色白、オレンジ、黄
原産地スペイン、ポルトガル、北アフリカ
開花期2~4月

スイセンは多年草の球根植物で、開花時期は2~4月が多いですが、品種によっては11月下旬ごろから花を咲かせ始めます。日本水仙はお正月のお花として人気ですね!よい香りを漂わせるお花で、香水等に使われることもあります。お家で育てる際には水仙の持つ毒性に注意しましょう。葉はニラ、球根はタマネギに似ていますので、誤って食べることのないよう、畑の近くには植えないようにしましょう。

ちなみにスイセンは中国名の「水仙」を音読みしたものです。「水仙」という名前は中国古典の「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という一説に由来しています。

水仙(スイセン)の花言葉と由来

水仙(スイセン)の花言葉と由来

水仙(スイセン)全般の花言葉、英語での花言葉

水仙(スイセン)全体の花言葉は「自己愛」「うぬぼれ」「自尊心」です。

水仙(スイセン)の英語の花言葉は「self-love(自己愛)」「egotism(自己中心、うぬぼれ)」「unrequited love(報われぬ恋)」です。日本語の花言葉と同じですね!

水仙(スイセン)の色別の花言葉

白色の水仙(スイセン)の花言葉は「神秘的」「尊敬」です。

黄色の水仙(スイセン)の花言葉は「愛してほしい」「私のもとへ帰って」です。この切ない花言葉はギリシャ神話がもとになっています。

水仙(スイセン)の品種別の花言葉

ラッパズイセン(喇叭水仙)

ラッパズイセン(喇叭水仙)の花言葉は「尊敬」「報われぬ恋」です。

「尊敬」は立派な花冠の様子から、「報われぬ恋」はナルキッソスの神話からつけられました。

クチベニズイセン(口紅水仙)

クチベニズイセン(口紅水仙)の花言葉は「素敵な装い」「詩人の心」です。

クチベニズイセンはその名前の通り、花冠のふちが赤く縁どられており、まるで口紅をしているかのように見えます。おしゃれをしていることから「素敵な装い」、花冠がまるで詩人が話しているように見えることから「詩人の心」という花言葉がつけられたと言われています。

スイセンの花言葉の由来など、詳細を知りたい方はこちらの記事をご一読ください!

水仙(スイセン)の種類、品種

スイセンは1万種類以上の園芸品種が出回っているとされています。大きく二つに大別でき、一つは12月頃から房状に咲き始めるニホンスイセン系統、もう一つは2~3月頃に茎に対して一つの大きな花を咲かせるラッパスイセン系統です。花色は黄色または白がメインです。

二ホンスイセン

二ホンスイセン

スイセンの中でも開花時期の早い品種です。花径3~4cm程の小ぶりな花を一つの茎にたくさん咲かせます。ニホンスイセンは強い香りを持っているのが特徴で、暖かな沿岸地域では野生で生えているところも見られるでしょう。房総、淡路島、隠岐の島などの群生地が有名です。

ジェットファイヤー

ジェットファイヤー

ジェットファイヤーは草丈が低めのミニサイズの品種で、コンテナ等にも植えやすい原種系の品種です。花は黄色でカップが濃い黄色またはオレンジ色をしています。かわいらしいサイズですので、鉢植えにしたり、切り花としてお部屋に飾るのにも向いています。

ピンクチャーム

ピンクチャーム

ピンクチャームは大カップ咲きの洋種スイセンの一種で、大きな白い花びらに薄いオレンジ色のカップが特徴です。華やかでパッと人目を惹きますのでガーデニングの主役にぴったりです。

アバロン

アバロンも大カップ咲きの洋種スイセンの一種で、大きく華やかな花はお庭のシンボルフラワーにもなるでしょう。咲き始めは花びら、カップともに黄色ですが、咲き進むにつ入れてカップが白色に変化するのを楽しめます。

エルリッチャー

エルリッチャー

白色で八重咲きの花を持つエルリッチャーは、カップの印象が強いスイセンとは少し見た目が異なります。ゴージャス感のある花は中型で、香りも楽しむことができます。1月頃に咲く品種で英名は「Early cheer(ひと足早い春の喜び)」。そこから日本語表記としてアーリーチアー、エルリッチャーとなったようです。

水仙(スイセン)の栽培方法、お手入れ方法

水仙(スイセン)を育てるときのポイント

スイセンは初心者でも簡単に花を咲かせることができるお花ですので、細かい点を心配しなくても大丈夫です。お家で育てる際は次の2点を心がけましょう。

  • 元気のある球根を選ぶ…ずっしりと重たく、球根がフニャフニャとしていないもの、表面にキズがないものを選びましょう。
  • 日当たりの良い場所で育てる… 光合成によって養分を作り、球根にためる球根植物のスイセンにとって日当たりはとても重要です。

水仙(スイセン)の育て方

スイセンはしっかりとした球根を選び、植え付けの時期を間違えなければかなりの高確率で元気に育ってくれます。地植え、プランター、鉢植えどちらの場合も10~11月頃に植え付けを行ってください。土は水はけのよい土が合います。

地植えの場合

植え付けの1週間ほど前に土づくりを行います。

日当たりがよく水はけがよい場所を選び、たい肥や腐葉土を混ぜこんでおきます。水はけが悪いかもしれない場合は川砂も加えます。元肥として緩効性肥料を混ぜて置きます。

球根の植え付けは球根の2~3倍の深さが目安です。球根と球根の間隔は球根2~3個分の余裕を持たせます。

上穴を掘り、土をかぶせて植え付けは完了です。植え付け後はたっぷりと水をあげましょう。

プランター、鉢植えの場合

地植えの場合同様、スイセンは水はけのよい土を好みます。

園芸店で売られている球根用の土または花用の培養土を準備します。自分でブレンドする場合は赤玉土6:腐葉土3:パーライト1の割合で混ぜておきます。

鉢に鉢底ネット、鉢底石を入れ、鉢の上部が10cm程空くくらいまで土を入れます。

鉢上の場合、根を十分に張らせるため球根1個分の浅植えにします。

土の上に球根を置き、土を貸せて植え付けは終了です。植え付け後はたっぷりと水をあげましょう。

水栽培の場合

球根植物であるスイセンは水栽培でも楽しむことができます。ペットボトルを半分に切ったものなど、球根を支えられるものであればコップ等でも大丈夫です。発根するまでは暗い場所に置き、時々水を入れ替えます。根がしっかりと伸びてきたら日の当たる場所で管理します。


水仙(スイセン)の水やり

植え付け後、2~3週間はこまめに水やりをします。こうすることでしっかりと根が張ります。

庭植の場合はほとんど水やりは必要ありませんが、乾燥が気になる場合は水やりをします。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりをします。スイセンは加湿を嫌いますので球根が腐らないよう、乾いていることを確認してから水やりをしてください。

水やりは朝から午前中までに済ませるようにしましょう。夕方以降は夜の冷え込みで土が凍ってしまう場合があります。

水仙(スイセン)の剪定方法

花が咲き終わったら、花茎の付け根から切り取りましょう。このとき、葉は切らずに残しておきましょう。光合成して翌年分の栄養を球根に蓄えさせるためです。葉は夏の休眠期に自然に枯れますので、この時まで待って切りましょう。

水仙(スイセン)の肥料のやり方

スイセンに肥料が必要なタイミング、植え付けの際と春に芽が出た際です。

植え付けの際には元肥として緩効性肥料を施します。春に芽が出た後は追肥として液体肥料を施します。翌年のために球根を大きくしたい場合は、花後にお礼肥として液体肥料を施します。

スイセンの球根には十分な栄養が蓄えられていますので、肥料をあげるのが絶対ではありません。むしろ肥料のあげすぎは球根を腐らせてしまう鹿野性がありますので注意しましょう。

注意すべき害虫、病気

害虫、病気について比較的心配のいらないスイセンですが、次のいくつかについては注意が必要です。

軟腐病

気温が高い時に発生しやすく、葉が緑から灰色に変わり、1週間ほどで枯れてしまいます。発生したら他の株に移る前にぬ取りましょう。

モザイク病

葉に縞模様が入る病気です。発生したらすぐに抜き取りましょう。

アブラムシ

モザイク病を媒介します。見つけ次第ブラシなどでこすり落とすか、殺虫剤で駆除します。

水仙(スイセン)の植え替えの時期と方法

スイセンの植え替えは休眠期である7~9月に行います。地植えの場合は、球根により養分を蓄えさせるために2~3年に一度の植え替えで十分でしょう。

植え替えの際に、球根に子球根がついていることがありますので、その場合は分球しましょう。掘り起こした球根は涼しい日陰で保管し、10月頃に植え付けます。

植え替えをしない場合、夏場は葉が枯れるので目に見える範囲には何もなくなりますが、そのまま植えっぱなしにして大丈夫です。

水仙(スイセン)の冬越し

スイセンは、寒さには強い植物ですので特別な冬越しの準備はありません。

水仙(スイセン)の増やし方

分球(株分け)

先ほど紹介した植え替えの際に分球(株分け)することでスイセンを増やすことができます。

手で丁寧に子の球根を割り、涼しい日陰でネット袋などに入れ、乾燥させて保管します。植え付けまでカビが生えないよう、定期的に確認しましょう。茶色い皮は防腐剤の効果があるので取らなくて大丈夫です。

その後は植え付けと同じ手順で育てていきます。大きく重みのある子球根は花が付きやすいですが、小さい場合は栄養が十分でなく、花が咲くまで1~2年かかる場合があります。

水仙(スイセン)と同じヒガンバナ科の花

ヒガンバナ

スイセンと同じヒガンバナ科の花を花言葉とともに紹介します。

アマリリス

アマリリスの花言葉は、「誇り」「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」です。

アリウム

アリウムの花言葉は、「深い悲しみ」「正しい主張」です。

スノードロップ

スノードロップの花言葉は、「希望」「慰め」です。

スノーフレーク

スノーフレークの花言葉は、「純粋」「純潔」「汚れなき心」「皆をひきつける魅力」です。

ネリネ

ネリネの花言葉は、「また会う日を楽しみに」「忍耐」「箱入り娘」です。

ヒガンバナ

ヒガンバナの花言葉は、「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「情熱」です。

水仙(スイセン)の毒について

きれいな花にはトゲがある、と言われるように、美しいスイセンは毒を持っています。

有害成分はリコリン、ガランタミン、タゼチン、シュウ酸カルシウムなどで、誤ってスイセンを口にしてしまった場合、嘔吐や下痢、食中毒、頭痛などの症状を引き起こします。またシュウ酸カルシウムは肌に触れると皮膚炎を起こす可能性があるので、日々のお手入れの際も注意しましょう。

スイセンはすべての部位に毒があるので注意しましょう。球根はタマネギに、葉はニラに見間違えることがあるので、畑などで混在しないように植える場所を考えてください。特に球根は猛毒と言われており、加熱しても毒が消えません。人間だけでなくペットが誤って口に入れることがないよう気を付けましょう。

まとめ

スイセンが咲く2~4月は寒さが厳しい時期で、お庭のお花も減ってしまう季節です。スイセンは寒さに強い植物ですので特別な冬越しの準備も必要なく元気に咲いてくれます。鉢植えにしてもよし、花壇に並べて植えてもきれいにまとまります。美しいスイセンの花を咲かせるポイントは元気のある球根を選ぶことです。分球で増やすのもスイセンの楽しみ方の一つです。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる