12月に咲く花13選!ガーデニングで人気の品種の特徴や花言葉も紹介

2020 11/26
12月に咲く花13選!ガーデニングで人気の品種の特徴や花言葉も紹介

寒さの厳しい12月ですが、お花が咲いていると心が少し暖かくなりますよね!春夏に比べると数は減ってしまいますが、きれいなお花を咲かせてくれる品種がたくさんあります!ガーデニングで人気の品種を中心に、特徴や花言葉を紹介していきます。

目次

ガーデニングでも人気!12月に見頃を迎える花

12月に見頃を迎えるお花の中でも、ガーデニングに人気の次のお花を紹介していきます!

ノースポール、クリスマスローズ、スイセン、シンビジウム、キンセンカ、ロウバイ、パンジー、シクラメン、ポインセチア、アザレア、ハボタン、サザンカ、プリムラの13種です。

12月に咲く花:ノースポール

12月に咲く花:ノースポール

ノースポールの特徴

花占いができそうな真っ白な花びらと、真ん中の黄色い筒状花のコントラストが美しいノースポール。キク科のお花で3cmほどのお花を咲かせます。寒さに強く、関東以西では秋に種をまけば防寒なしで冬の間、お花を楽しむことができます。

可愛らしい花とは想像しにくいのですが、人によってはチーズのようなにおいと表現するほど香りが強く感じられ、そのためしばし敬遠されることもあります。

実はノースポールとはサカタのタネ社の商品名です。もともとは「寒白菊(カンシロギク)」という和名があったのですが、ノースポールが一般にも定着しました。英語ではマーガレットやデイジーに似ていることから、「Mini marguerite(ミニマーガレット)」や「Snow daisy(スノーデイジー)」と呼ばれています。

ノースポールの花言葉

ノースポールの花言葉は「自分に誠実」「冬の足音」「高潔」です。

ノースポールの季節・開花時期

季節: 冬~初夏
開花時期: 12~6月

created by Rinker
株式会社トーホク
¥559 (2020/11/30 06:07:38時点 Amazon調べ-詳細)

12月に咲く花:クリスマスローズ

12月に咲く花:クリスマスローズ

クリスマスローズの特徴

クリスマスローズは名前の通り、クリスマスの時期にバラに似たお花を咲かせます。常緑の多年草で育てやすく、鉢植え、庭植えのどちらにも向いています。もともとは一重咲きでしたが品種改良などで八重咲きの品種も多くあります。

クリスマスローズは株分けで増やすことができず、種で増やしていきます。しかし、同じ種をまいてもお花の色が違っていることがあり、これがクリスマスローズの最大の特徴と言えるでしょう。そのため園芸品種はなく、様々な色を楽しめるのが魅力のお花です。

クリスマスローズの花、茎には香りがありますが、これには毒が含まれています。しかし、少しであれば精神を安定させる効果があると考えられており、古代ギリシャでは薬としても用いられていました。

クリスマスローズの花言葉

クリスマスローズの花言葉は「私の不安をやわらげて」「慰め」「中傷」「追憶」「私を忘れないで」です。

「私の不安をやわらげて」「慰め」はクリスマスローズが薬として用いられていたことから、「中傷」は根に毒があることからつけられました。

「追憶」「私を忘れないで」は、中世ヨーロッパで戦場に向かう騎士へ、自分のことを忘れないでほしいと恋人がクリスマスローズを送ったことにちなむと言われています。

クリスマスローズの季節・開花時期

季節:冬
開花時期:12~2月

12月に咲く花:スイセン

12月に咲く花:スイセン

スイセンの特徴

お正月の花としても人気のスイセンは12月ごろから咲き始めます。10月上旬に植え始めるとよいでしょう。庭植であれば3年ほど植えたままでも大丈夫です。白や黄色の印象が強いスイセンですが、ピンクやオレンジの花を咲かせる品種もあります。八重咲きの品種も増えていますので、冬場のお庭に彩りをより一層添えてくれるでしょう。

スイセンは毒を持っています。葉はニラ、根は玉ねぎに似ていますので、庭植えにする際は誤って野菜として収穫して食べないように気を付けましょう。

スイセンの花言葉

スイセンの花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」です。

スイセン属の学名は「Narcissus(ナルシサス)」ですが、これはギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスに由来します。ナルキッソスはその美貌から様々な相手から好意を持たれましたが冷たい態度で接していました。その態度に怒った女神の呪いにより、ナルキッソスは水辺に映る自分の姿に恋をするようになります。ナルキッソスはかなわぬ恋の哀しみからやせ細って死んでしまい、スイセンへと姿を変えました。そのためスイセンは水辺で自分の姿を見るようなうつむき加減で咲くと言われています。

この神話がもととなって「うぬぼれ」「自己愛」という花言葉がつけられました。ちなみに「ナルシスト」は、このナルキッソスの神話に由来します!

スイセンの季節・開花時期

季節:冬~春 
開花時期:12~4月

created by Rinker
国華園
¥2,409 (2020/11/30 05:03:45時点 Amazon調べ-詳細)

12月に咲く花:シンビジウム

12月に咲く花:シンビジウム

シンビジウムの特徴

四大洋らん(カトレア、パフィオペディルム、デンドロビウム、シンビジウム)の一つにも数えられるシンビジウムはピンク、白、黄色、オレンジと様々な色の花を咲かせます。寒さに強く、凍らなければ枯れることはありません。2~3℃でも花が傷まず、花もちが良く、一度咲けば1ヶ月ほど咲き続けます。鉢花でも切り花でも楽しめるシンビジウムはギフトとしてもおすすめで、洋ランとしては日本で胡蝶蘭の次の出荷量と言われています。

シンビジウムの花言葉

シンビジウムの花言葉は「飾らない心」「素朴」「華やかな恋」です。

「飾らない心」「素朴」と「華やかな恋」は一見反対の意味に見えますね。「飾らない心」「素朴」は、同じラン科のカトレアなどと比べて比較的落ち着いた色合いが多いことから、「華やかな恋」はシンビジウムが立派に咲く様子からつけられました。

シンビジウムの季節・開花時期

季節:冬
開花時期:12~5月

12月に咲く花:キンセンカ

12月に咲く花:キンセンカ

キンセンカの特徴

キンセンカの花の大きさは2cmほどの可愛らしいものもあれば、10cmほどの立派な大きさまでまであり様々です。育てやすく、色合いも黄色~オレンジと明るいことから冬場のガーデニングに人気のお花です。日本ではあまりなじみがありませんが、薬用のハーブとして使われたり、食用の花としてサラダやケーキに使われることがあります。

キンセンカは漢字で「金盞花」と書きます。これはキンセンカの花が金色で盞(さかずき)に似ていることからつけられたと言われています。


キンセンカの花言葉

キンセンカの花言葉は「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」です。

悲しげなものが多いのですが、これはギリシア神話の中で水の精がキンセンカに姿を変えたことが由来となっています。

キンセンカの季節・開花時期

季節:冬~春
開花時期:12~5月

created by Rinker
サカタのタネ
¥148 (2020/11/30 06:07:39時点 Amazon調べ-詳細)

12月に咲く花:ロウバイ

12月に咲く花:ロウバイ


ロウバイの特徴

ロウバイは蝋(ろう)細工のような、黄色っぽい花を咲かせます。中国ではウメ、スイセン、ツバキとともに「雪中の四花」として親しまれており、江戸時代に日本に輸入され広く親しまれています。和風の印象が強いロウバイですが、ガーデニングでは同じ時期に咲くクレマチスやクリスマスローズと一緒に育てられることが多いようです。

ロウバイは漢字で「蝋梅」と書きますが、これは花びらが蝋(ろう)のような色であること、咲く時期が臘月(ろうげつ、旧暦の12月)であることからつけられました。

ロウバイの花言葉

ロウバイの花言葉は「ゆかしさ」「慈しみ」「先見」です。

冬の花が少ない時期にそっと花を咲かせることから「奥ゆかしさ」「慈しみ」といった花言葉がつけられました。

ロウバイの季節・開花時期

季節:冬
開花時期:12~2月 

created by Rinker
こぼんさい
¥3,980 (2020/11/30 20:37:09時点 Amazon調べ-詳細)

12月に咲く花:パンジー

12月に咲く花:パンジー

パンジーの特徴

赤、ピンク、オレンジ、黄色といった明るい色から、シックな青、紫、白、黒まで様々な色の花を咲かせるパンジーは秋から春にかけて長く楽しむことができます。殺風景になりがちな秋・冬のガーデニングには欠かせない存在です。以前は大輪をビオラ、小輪をパンジーと呼んでいましたが、最近では品種改良が進み区別ができなくなっています。

パンジーの花の柄は人の顔のようにも見え、その顔が考え込んでいる様子から、フランス語の「思想」を意味する単語「pensée(パンセ)」と名付けられました。

パンジーの花言葉

パンジーの花言葉は「もの思い」「私を思って」です。

パンジーの花が思い悩んでいる人の顔のように見えることからつけられました。


パンジーの季節・開花時期

季節:秋~春
開花時期:10~5月

12月に咲く花:シクラメン

12月に咲く花:シクラメン


シクラメンの特徴

比較的寒さに強く、庭植できる品種もあるシクラメンは秋から冬にかけてのガーデニングで人気のお花です。品種によってミニシクラメンから大輪、八重咲きやフリンジのあるロココ咲きなど様々なお花を楽しむことができます。葉を枯らして球根だけにし夏を越させる休眠法をとれば何年もお花を咲かせることができます。

美しいシクラメンですが、その姿からは想像できない「豚の饅頭」という別名を持っています。これはシチリア島で豚がシクラメンの球根を食い荒らしてしまったことから「sowbread(種のパン)」とつけられ、日本ではパンという概念がまだない時に「饅頭」という言葉が使われました。


シクラメンの花言葉

シクラメンの花言葉は「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」です。

これはシクラメンの花が下向きに咲き、まるで遠慮がちに顔を伏せているかのように見えることからつけられました。

シクラメンの季節・開花時期

季節:冬
開花時期:10~4月 

12月に咲く花:ポインセチア

12月に咲く花:ポインセチア

ポインセチアの特徴

クリスマスのころによく見かけるポインセチアですが、実はメキシコが原産の寒さにあまり強くない品種です。冬場に鉢植えを部屋の中に飾る際は、日中は日差しが届く暖かいところに、夜は外気の寒さが触れない部屋の中心に移動させましょう。

お花のように見える赤い部分は苞(ほう)と呼ばれるものでお花ではありません。本当の花は苞の中心にある黄色い部分で、ポインセチアは花びらがありません。

クリスマスに飾られるようになった理由としては、17世紀ごろのメキシコで赤はキリストの血、緑は永遠の象徴として生誕祭に使うようになったのが始まりと言われています。

鉢植えでよくみられるポインセチアですが、本来は低木です。和名ではショウジョウボク(猩々木)とつけられており、これは赤い苞の様子が、猩々という、赤い顔をしていて大酒を飲むという架空の生き物に似ているということからつけられました。

ポインセチアの花言葉

ポインセチアの花言葉は「祝福」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」「清純」です。

ポインセチアの季節・開花時期

季節:冬
開花時期:11~2月 

12月に咲く花:アザレア

12月に咲く花:アザレア

アザレアの特徴

アザレアは西洋ツツジとも呼ばれるツツジの仲間です。12月に咲くこともできますが、本来はあまり寒さに強くありませんので鉢植えにして11月頃まで外で寒さに当てたのちに室内へと移すのがよいでしょう。ピンク、白、オレンジといった豪華な花を咲かせますので冬場でも人気のお花です。

挿し木で増やせますので、気になる方は5~6月の暖かい時期にチャレンジしてみましょう。

アザレアの花言葉

アザレアの花言葉は「節制」「禁酒」「恋の喜び」です。

花言葉としては「節制」「禁酒」というのは珍しいですよね。これはアザレアが乾燥した土地を好むことに由来しており、dryにはお酒がない状態を表す意味もあることから「禁酒」という花言葉がつけられました。

アザレアの季節・開花時期

季節:冬~春
開花時期:11~5月

created by Rinker
イングの森
¥2,980 (2020/11/30 20:37:10時点 Amazon調べ-詳細)

12月に咲く花:ハボタン

12月に咲く花:ハボタン

ハボタンの特徴

葉がボタンの花のように幾重にも重なっているハボタンは紫、白、ピンクとしっとりとした色合いで冬のガーデニングに彩りを添えてくれます。簡単に育てられるのでガーデニング初心者の方にもおすすめです。寒さに強く、寄せ植えで庭植にすることが多いようです。

今回は12月に咲く花として紹介していますが、花のように見えるハボタンですが、冬に色づく部分は葉で、春に菜の花のような黄色の花を咲かせます。キャベツに似た姿から「ハナキャベツ」という別名を持っています。

ハボタンの花言葉

ハボタンの花言葉は「祝福」「物事に動じない」です。

紅白の葉の様子から「祝福」、地面にどっしりと植わっていることから「物事に動じない」という花言葉がついたと言われています。

ハボタンの季節・開花時期

季節:冬
開花時期:11~3月 ※花は3~5月 

12月に咲く花:サザンカ

12月に咲く花:サザンカ

サザンカの特徴

童謡「たきび」にも登場する冬を代表するお花です。丈夫で育てやすく、垣根などによく使われます。お花は白、ピンクを中心とした淡い色合いです。和風の印象が強いサザンカですが、八重咲のものは洋風のお庭にもよく合います。

ツバキと混同されることもあるサザンカですが、葉と花の様子で見分けることができます。サザンカの葉はギザギザがありますが、ツバキの葉にはありません。花が散るときにツバキはボトリと花の付け根から落ちますが、サザンカは花びらが一枚ずつ散っていきます。

サザンカの花言葉

サザンカの花言葉は「ひたむきさ」「困難に打ち勝つ」です。

寒さに耐えて咲くサザンカの様子からつけられました。

サザンカの季節・開花時期

季節:冬
開花時期:10~12月

created by Rinker
花ひろばオンライン
¥3,034 (2020/11/30 20:37:11時点 Amazon調べ-詳細)

12月に咲く花:プリムラ

12月に咲く花:プリムラ

プリムラの特徴

プリムラ・オブコニカやプリムラ・ポリアンサなど品種の多いプリムラはサクラソウ属のお花です。寒さに強く、日当たりが悪い場所でも花を咲かせることができる強さがあり、冬場のガーデニングの強い味方です。色、種類も鮮やかで庭植から鉢植えまで幅広く育てられています。

プリムラの花言葉

プリムラの花言葉は「青春のはじまりと悲しみ」「青春の恋」です。

悲しい花言葉ですが、プリムラが寒い頃に花を咲かせ、夏まで花が続かない様子からつけられました。

プリムラの季節・開花時期

季節:冬~春
開花時期:12~5月

created by Rinker
サカタのタネ
¥1,543 (2020/11/30 06:07:41時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

冬でもきれいなお花を咲かせる品種がたくさんありますね!冬の定番ともいえるポインセチアが寒さに弱いのは意外でしたが、ほどんどのお花は寒さに強く、庭植でも楽しむことができます。
夏に比べるとやや色合いのおとなしいお花が多い印象ですが、冬の寒さの中にしっとりとした美しさを楽しみましょう。

目次
閉じる