胡蝶蘭を日頃の感謝を込めて父の日に贈ろう。花言葉と選び方を紹介

2020 7/08
胡蝶蘭を日頃の感謝を込めて父の日に贈ろう。花言葉と選び方を紹介

父の日のプレゼントに、何を贈れば良いのかわからないという方も少なくないようです。そんなときは、胡蝶蘭をプレゼントしてはいかがでしょうか?胡蝶蘭の選び方や贈る際のポイントなどについて、詳しくご紹介します。

目次

父の日に贈りたい胡蝶蘭

父の日に贈る花として、胡蝶蘭がふさわしいと言われるには理由があります。

理由の1つである『花言葉』について知っておきましょう。

気持ちを伝えられる花言葉

花には、それぞれ『花言葉』があります。花言葉に普段言えない気持ちをこめて贈るのが、花を贈ることの醍醐味とも言えるのです。

胡蝶蘭の花言葉は、カラーによっても違いますが、『幸福が飛んでくる』『純粋な愛』『尊敬』などがあります。縁起が良く、愛情や尊敬の気持ちをこめられる花言葉と言えるでしょう。父の日に贈るのにぴったりの花言葉です。

父の日にふさわしい胡蝶蘭の選び方

胡蝶蘭にもカラーや大きさなど、さまざまな種類があります。そのため、どんな胡蝶蘭を贈ればいいかわからないと、お困りの方も多くいるようです。

そこで、父の日に贈るにふさわしい胡蝶蘭の選び方をご紹介します。

父の日のカラーは黄色

母の日の赤色と比べあまり知られていませんが、父の日も黄色というイメージカラーがあります。

どのような色の胡蝶蘭を贈るか迷っている場合は、父の日のカラーに合わせた黄色の胡蝶蘭を贈るのがおすすめです。

胡蝶蘭イエロー3本立 36~40輪以上 Y-029

with Hana ¥27,500(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可

黄色系の胡蝶蘭

黄色系の胡蝶蘭には多くの品種があります。

白色と黄色のグラデーションが美しい『ゴールデンエイジ』や、淡い黄色が可愛らしい『フォーチュンザルツマン』が代表的です。また、黄色みが強く活発な印象のある『ライムライト』も挙げられます。

相手の好みや雰囲気に合わせて、品種を選んでみるのも良いでしょう。

大きさは贈る相手のことを考えて

胡蝶蘭のサイズは、花の大きさが11〜15cmのものを大輪、3〜6cmを中輪、2〜4cmを小輪と分けています。

大輪は見た目が特に豪華なため、企業や店舗の開業・開店祝いに向いています。広めの置き場所を確保しないといけないことから、どちらかというと、ビジネスに適した大きさと言えるでしょう。

父の日は、個人に向けてのお祝いですので、大輪のような大きさだと、場所の確保に困ってしまうかもしれません。父の日に贈るには中輪、または小輪の胡蝶蘭が良いでしょう。

育て方もわかりやすくアドバイス

胡蝶蘭を贈っても、育て方がわからず困らせてしまうと、贈り物としてはあまり良くありません。胡蝶蘭を贈る際は、必ず育て方をアドバイスしましょう。メモに残すなど、わかりやすく手順を残すと親切です。

それでは、育て方についてわかりやすくご説明しましょう。

ラッピングは必ず外す

胡蝶蘭には必ずラッピングが施されています。施されたラッピングをそのままにしておくと、中が蒸れてしまい、根腐れを起こしてしまうのです。長持ちさせるためにも、必ずラッピングは外すようにしましょう。

鉢の底までラッピングが施されている場合は、底の方にカッターなどで切れ目を入れると、外しやすくなります。

最適な置き場所

胡蝶蘭は熱帯の花のため、育てるには日差しと風通しが重要です。

直射日光に当ててしまうと葉焼けしてしまうため、直射日光には当てないようにしましょう。窓際に置いてレースのカーテンを閉めておく程度の日当たりが、育ちやすいと言われています。

また、風通しの良い場所を好みますので、定期的に窓を開けるなどして空気の流れを作り出してあげると長持ちします。

水やりのタイミングと温度管理

胡蝶蘭の故郷は熱帯のため、温度管理が重要です。部屋の温度は20℃前後を保つようにしましょう。高すぎても低すぎても、胡蝶蘭はダメージを受けるので、一定を保つよう気をつけます。

また、水やりにも注意が必要です。水をあげすぎると、鉢の中の根が腐る原因になりかねません。水やりは、土が完全に乾いてからにしましょう。

水やりの頻度の目安は、季節にもよりますが、7〜10日おきが目安です。土を触って、完全に乾いているか確認し、1株ごと500ml程度の水をたっぷり与えます。

受け皿に残った水は、そのままにしておくと根腐れを起こしますので、必ず捨てるようにしてください。

渡すときにはメッセージカードも添えて

ギフト用の胡蝶蘭には、華やかなラッピングが施されていることがほとんどです。しかし、それだけで贈ってしまっては味気ないでしょう。

そんなときは、メッセージカードを添えてみてはいかがでしょうか。

短い文章でも十分伝わる

メッセージカードは、長い文章である必要は全くありません。「お父さん、いつもありがとう」という短い文章でも、十分に想いは伝わります。自分自身が伝えたい想いを、シンプルな文章にまとめるのが一番大切です。

メッセージカードはプリントアウトするよりも、手書きの方が、心がこもっている印象を与えられます。手書きのメッセージカードを贈れば、喜んでくれることが期待できます。

まとめ

父の日に花を贈りたいと思ったら、華やかでいて、それほどお世話に手間のかからない胡蝶蘭を贈るのが素敵です。

黄色い胡蝶蘭に手書きのメッセージカードを添えて贈れば、日頃の感謝や尊敬の気持ちも伝わるのではないでしょうか。

目次
閉じる