MENU

イチジクの育て方・栽培方法|お手入れや増やし方、剪定方法も紹介

「不老不死の果実」とも呼ばれるイチジク。1株でも果実をつけるのでご家庭でも育てやすいフルーツです。他のフルーツに比べて、果実の収穫が比較的早くからできるのも嬉しいポイント。イチジクの栽培方法について解説します。

目次

イチジクを育てる前に知っておきたいこと

イチジクの基本情報

イチジクの基本情報

育てやすいイチジクはお庭のシンボルツリーとしても人気があります。植え付けから収穫が他の果物に比べて収穫が早いの魅力ですね!また、一度収穫が始まると毎日のように実がなるのも育てがいを感じられるポイントです。
イチジクは漢字で「無花果」と書きます。花のない果物、とも読めますが、花のうといって、実の中に花が咲く種類で花は存在しています。6月下旬~8月上旬になる夏果と、8月中旬~10月中旬に収穫できる秋果、夏から秋にかけて長く収穫できる夏秋兼用種の三つに大別されます。

科・属クワ科イチジク属
和名無花果(イチジク)
英名Fig tree
学名Ficus carica
花の色- 
※実の内側に花が咲く
原産地アラビア半島南部・地中海沿岸地方
開花期6~9月

イチジクの種類と選び方

イチジクの種類と選び方

イチジクには200種類以上の品種がありますが、日本で栽培されている品種は蓬莱氏、(桝井)ドーフィンがほとんどです。家庭ではカドタ、ブラウンターキーといった品種も育てられています。最近では珍しい品種が海外から輸入されることも増えてきました。
品種を選ぶ際は、実の大きさや味の好みを確認して選びましょう。夏果は梅雨時の収穫になり品質が安定しない場合があるので、秋果または夏秋兼用種がおすすめです。関東以北では寒さに強い蓬莱柿などの品種を選ぶとよいでしょう。

夏果

ビオレドーフィン

皮が薄く、丸ごと食べられる品種です。収穫が6~7月の梅雨時期のため、品質に偏りが出る場合があります。

キング

実は70~80gと大きく、糖度は20℃前後あるので味も比較的よい部類に入ります。

秋果

蓬莱柿(ほうらいし)

早生日本酒、日本イチジクとも呼ばれ、耐寒性が強く、収穫量の多い品種です。雨で実が裂けやすいので、実がなった後は雨除けをした方が良いでしょう。9月上旬~11月に収穫できます。

イスラエル

黄緑色の実で甘みが強く、皮ごと食べられる品種で、別名ドリーミースイートとも呼ばれます。耐寒性が高く、育てやすい品種です。

秋夏兼用種

(桝井)ドーフィン

1909年に桝井光次郎氏がアメリカから持ち帰った品種で、日本で最も多く栽培されている品種と言われています。桝井ドーフィンと呼ばれることもあり、育てやすく、実の持ちが良いことから日本で広く栽培されるようになりました。

ブラウンターキー

6月下旬~7月下旬と8月下旬~10月下旬に収穫できます。樹勢があまり強くないので、スペースがあまり取れない場所でも育てることができます。実は小ぶりで夏果は80g程、秋果は50g程ですが味はいいと評判です。

イチジクの育て方のポイントやコツ

いちじくの育て方のポイントやコツ

日当たりの良いところで育てる

日当たりがなくても木は育ちますが、実がおいしくなりません。しっかりと日に当てましょう寒さに弱いため、関東以北で育てる場合、鉢植えにして真冬は室内に移動させるとよいでしょう。

害虫対策を行う

イチジクは比較的害虫に強い植物ですがカミキリムシには注意が必要です。幹にカミキリムシの幼虫が入るとたちまち枯れてしまうので、穴が開いている、木くずが落ちている場合には殺虫剤を使って退治しましょう。成虫は卵を産み付ける可能性があるので駆除します。

イチジクの栽培方法、苗木の植え付け時期と方法

いちじくの栽培方法、苗木の植え付け時期と方法

イチジクの植え付けは12~3月の寒い時期が適しています。東北など寒い地域の場合は春前に植え付けるのが良いでしょう。植え付ける場合は苗を購入することが多いと思います。しっかりと根が張っている苗を選びましょう。

地植えの場合

イチジクは水はけがよい土を好みます。果物用の培養土を使うか、赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜ合わせたものを準備します。元肥としては油かすを混ぜておきます。苗木は深く植えすぎないように根を広げて植えます。植えた後は50cmほどの高さで切り詰めます。倒れないように支柱、添え木にゆるく結びます。

鉢植えの場合

深さのある鉢に1株ずつ植え付けていきます。鉢は8号以上がよいでしょう。プランターでも育てることができますが通気性、吸水性、排水性に優れる素焼きの鉢やテラコッタがおすすめです。水はけと水もちのよい土を好むので、果樹用培養土か、赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土に植えてください。地植えと同様、倒れないように支柱、添え木にゆるく結びます。

イチジクの水やり肥料の与え方

いちじくの水やり肥料の与え方

夏場は水切れに注意!

イチジクは生育旺盛で水やりはかかせません。葉が大きく水分が蒸発しやすいので、夏場に水切れを起こさないよう、鉢植えはもちろん、地植えの場合でも水やりをしましょう。鉢植えは、水が鉢の底から流れ出るくらいたっぷりあげましょう。

肥料は元肥と追肥が必要!

イチジクは枝を伸ばしながら実を付けていきますので、たくさんの栄養が必要です。肥料切れにならないよう、植え付けの際には元肥を、6月、8月、9月には緩効性の肥料を追肥として与えましょう。

イチジクのお手入れ、剪定の時期と方法

いちじくのお手入れ、剪定の時期と方法

芽かき

摘心は枝の先端の芽を切り取ることですが、イチジクでは、わき芽を摘み取る「芽かき」という作業が必要です。5~6月頃に作業します。イチジクは一枚の葉に一つ実がなります。すべてを残してしまうと栄養が行きわたらず、実が安定しません。先端にある芽を残し、他を取り除くことで、1番下の葉に近いところから果実が実り、栄養の行き届いた甘いいちじくになります。

剪定

秋果

秋果物は春に成長した新梢に実がなります。そのため剪定はシンプルで、前年の枝を2~3芽残るようにして切り戻します。

夏果

前年に伸びた枝の先端に芽が越冬し、翌年の6月下旬~7月上旬に実が実ります。そのため、先端をすべて切り落としてしまうと実が取れません。一つの枝に5つほど花芽がつくようにして先を切ります。そのほかの剪定では、夏果の剪定は込み入った枝を間引くといった剪定が必要です。

秋夏兼用種

秋夏兼用種は、夏果は2年前の枝に、秋果物は新しい枝に花芽がつくのが特徴です。秋果の収穫のため、新梢の剪定はせず、他の枝を2~3芽残して剪定します。

イチジクの増やし方

いちじくの増やし方

挿し木

イチジクは発根しやすく、挿し木で簡単に増やすことができると言われています。

いつの枝でも大丈夫ですが、前年に伸びた枝の中間部分を挿し穂とすると成功率が高いようです。枝は2~3節を目安に切り取ります。幹に近い方の枝を鉛筆のようにとがらせて削ることで発根する面積を増やすことができます。土に植える前に切り口を水につけて水揚げしておきます。

赤玉土または鹿沼土を用意し、枝が半分ほど埋まるように植えます。水切れがないよう、たっぷりと水を与え、発根するまでは明るい日陰で管理します。芽がついてきたら発根した証拠なので、徐々に日光に当たる場所へ移しましょう。十分に発根したところで鉢や地面に植え付けます。

イチジクを育てる時に気をつける病気や害虫

いちじくを育てる時に気をつける病気や害虫

カミキリムシ

半透明の幼虫と成虫、両方に注意する必要があります。幼虫は木に穴をあけ食い荒らし、木くずやフンをのこします。成虫は葉を食べますので、できるだけ幼虫のうちに殺虫剤での駆除が必要です。

うどんこ病

白い粉の様なカビが葉に発生する病気です。地面に近い葉がなりやすいのが特徴で、すぐに植物が枯れてしまうわけではありませんが、光合成ができなくなることで生育不良になったり、果物の味が悪くなったりします。水はけが悪いことや風通しが悪いこと、土壌の窒素が多いことなど複数の原因が考えられます。間引きや剪定、定期的な散水などで予防できますが、発生してしまった場合は重曹を500倍~1000倍に希釈するか、お酢を約20倍希釈したものをスプレーしましょう

さび病

カビの一種で、はじめは葉の裏に細かい黄褐色の斑点ができ、黄色の粉状となり飛び散ります。さら赤褐色の錆のような斑点から黒い斑点ができ、葉が早くに落ち実が大きく育ちません。8月下旬に発生することが多いので、8月上旬に薬剤を蒔いて予防するとよいでしょう。風通しを良くするために剪定も行いましょう。

イチジクの実の収穫方法と時期

いちじくの実の収穫方法と時期

夏果は6月下旬~、秋果は8月下旬~収穫可能!

夏果は6月下旬~8月上旬、秋果は8月中旬~10月中旬、夏秋兼用種は夏から秋にかけて長く収穫できます。一日に少しずつ収穫できるのがとても嬉しいですね!実の先端が割れてきたら成熟してきた証拠です。手でもぎ取ることができます。もぎ取った際に白い樹液が出ますが、触るとかゆくなるので注意しましょう。

早く成熟させたい場合はオイリング!

イチジクの実を早く成熟させたい場合はオイリングという方法があります。オリーブオイルやごま油など植物脂を、実が赤くなったころに先端に1~2滴たらすことで、成熟を10日程早めることができます。スポイトなどを使って行いましょう。

まとめ

イチジクは一日に果実が一つずつ熟すことから「一熟」、「イチジク」と名付けられたとも言われています。桃栗三年柿八年、のように果物は植え付けてから収穫までに時間がかかることがありますが、イチジクは早ければ2年目から収穫ができ、毎日のように実がなる楽しさがあります。 収穫した実は栄養たっぷり。コンポートなどにして楽しむこともできますよ!お庭のシンボルツリーに果物を考えているようでしたら、ぜひイチジクの栽培に挑戦してみてくださいね。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる