ダリアが買える季節はいつ?新鮮な花の見分け方や長持ちさせる方法

2020 12/01
ダリアが買える季節はいつ?新鮮な花の見分け方や長持ちさせる方法

ダリアは華やかな見た目で、贈り物としても人気が高い花です。そんなダリアを買うのであれば、どの季節が良いのでしょうか。ダリアを買うのに適した季節や新鮮なものの見分け方、長持ちさせる方法を解説します。

目次

ダリアの季節はいつ?

ダリアの季節はいつ?

ダリアがきれいに咲くのはどの季節なのでしょうか。最近では品種改良が進み、季節を問わず購入しやすくなりましたが、それでも季節によって適不適があります。

初夏から秋にかけて

ダリアはメキシコが原産地とする、キク科の花です。初夏から秋にかけて花を楽しめます。品種が多く、花の咲き方や草丈、色合いのバリエーションはさまざまです。

ただし、ダリアは湿度が高い環境が苦手で、高温多湿な8月になると花が咲きにくくなります。

花の咲き方だけで10種類あり、シンプルな花を咲かせる一重咲き、花びらが重なって咲くデコラティブ咲き、小さな花びらが丸いボールのように咲くポンポン咲き、外側に反ったように咲くカクタス咲きなどがあります。

色は明るいパステル系の色から、落ち着いた色合いのものまであり、部屋の雰囲気やその人の好みに合わせて選びやすいでしょう。

切り花は1年を通して購入可能

品種改良が進んだ結果、切り花として扱いやすいダリアの品種も増えてきました。切り花であれば1年にわたり購入可能です。

そのため、フラワーギフトとして選ばれることも多く、秋、冬、春にかけて販売されています。ただし、ダリアの流通が多いのは秋で、花が長持ちするのは冬の季節です。夏でもダリアは買えますが、花がしおれるのが早く、プレゼントとして贈るのには向いていません。

花屋でダリアを買う時のポイント

花屋でダリアを買う時のポイント

最近では、切り花として販売されているダリアが増えてきましたが、きれいな花を長く楽しむためには、元気なものを選ぶのが大切です。ここでは、花屋で元気なダリアを買うためのポイントを紹介します。

外側の花弁がしおれていないものを選ぶ

長持ちするダリアを求めるのであれば、新鮮なものを選びましょう。新鮮な花の指標となるのが、外側の花びらの状態です。

外側の花びらがしおれている場合や茶色がかっている場合は、花の状態が良くありません。お店によってはしおれた花びらを取り除くこともあるため、切られた跡がないかも確認しましょう。

日にちが経過したものの場合は花びらだけでなく、がくの部分も変色し始めます。元気がないものの場合は茎が花の重みに負けて曲がってしまうため、そのようなものを購入するのは避けましょう。

雄しべが隠れているものを選ぶ

ダリアの雄しべが見えているのは、花が開ききっているためです。その場ではきれいに見えていても、その後はすぐに枯れてしまい、日持ちしません。

少しでも長持ちするダリアを選ぶ場合は、雄しべが見えない状態のものを選びましょう。

ダリアを買うのにおすすめの曜日

ダリアを仕入れるタイミングは、月曜日、水曜日、金曜日がおすすめです。花市場がこのタイミングで開かれるため、ここに合わせて花を仕入れる花屋が多く、新鮮なものを選びやすいでしょう。

ダリアはつぼみの状態で切り花にしてしまうときれいに咲かないため、花が開き始めた状態で入荷されます。花が咲いてから5日から1週間ほどしか持たないため、花屋の仕入れのタイミングに合わせて花を買うと、新鮮なダリアを購入しやすいのです。

きれいなダリアを長く楽しむために

きれいなダリアを長く楽しむために

きれいなダリアを長く楽しみたいのであれば、切り花の管理の仕方も大切です。次に紹介する方法を取り入れることで、きれいな花の状態を長持ちさせられるでしょう。

買ってきたらまず水揚げをする

水揚げとは、花が水を吸いやすい状態に整える作業です。切り花には根がないため、水を吸う力が弱く、枯れやすくなります。適切な水揚げをすることで、切り花が水を吸いやすくなり、長持ちしやすいでしょう。

ダリアを買ったら、容器に水を入れ、その中で茎を斜めにカットします。花瓶は中性洗剤でよく洗い、カットするハサミはよく消毒してください。ダリアの切り花は水を吸う力が弱いため、茎は短めにカットするようにします。

この作業をしっかりと行うことで、花が長持ちしやすくなります。

栄養剤や延命剤を入れる

栄養剤や延命剤を用いることで、ダリアが長持ちします。延命剤と栄養剤は名称が異なるだけで同じものです。栄養剤は花屋で購入できますが、ない場合は砂糖で代用もできます。水1lに対して、5〜10gを入れてください。

切り花が枯れるのは、水中のバクテリアが大きな原因です。栄養剤には、花の栄養分だけでなく、バクテリアの繁殖を抑える酢酸銀や硝酸銀などが含まれています。

ない場合は漂白剤で代用できます。ただし、入れすぎては逆効果のため、花瓶に入れる水に1〜2滴だけにとどめましょう。

おしゃれなアレンジでより美しく

ダリアは単体でも存在感がありますが、その美しさを際立たせるためにおしゃれなアレンジもしてみましょう。

花びらが小さいダリアは動きが少なく見えることがあります。その場合は、つるがある葉や細い茎の葉物と合わせることで、見た目が寂しくなりません。

花びらが大きいダリアは茎の部分の存在感が弱いため、大きめの葉の植物を取り入れるか、ダリアの本数を増やし、さまざまな方向にいけましょう。こうすることで、動きと立体感のある仕上がりになります。

花瓶は口が細く、底に重量があるものを選んでください。ダリアは花に重量があるため、口が太いと安定しにくく、底が不安定だと花の重量に負けて倒れてしまいます。

花言葉を知ってもっとダリアに詳しくなろう

花言葉を知ってもっとダリアに詳しくなろう

きれいな花を咲かせるダリアは、花言葉を知っておくこともおすすめです。贈り物として選ばれることも多い花のため、花言葉で相手に間違ったメッセージを伝えるのは避けたいものです。ここではダリアの花言葉やその由来について解説します。

多様な言葉を持つ

ダリアにはさまざまな花言葉があります。具体的には以下の通りです。

  • 華麗
  • 気品
  • 優雅
  • 感謝
  • 威厳
  • 裏切り
  • 移り気
  • 不安定

たくさんの意味があり、ポジティブなものも多いですが、ネガティブなものも含まれています。ネガティブな花言葉は、フランスの皇帝ナポレオン1世の妻であるジョセフィーヌが由来とされています。

ジョセフィーヌは当時はあまり見られなかったダリアの花を独占し、ダリアの球根を誰にも渡さずにいました。その様子を見たある貴婦人が、庭師を騙してダリアを盗み、繁殖に成功します。これが「裏切り」の花言葉の由来だといわれています。

その後ジョセフィーヌはダリアへの関心をなくしてしまいました。それが「移り気」という花言葉の由来だといわれています。

贈り物として贈る場合は、ネガティブな言葉を気にせずに贈っても問題はないでしょう。気になる場合はメッセージカードで意味合いを添えておくと、誤解がなく伝えられます。

特定の色に付けられた花言葉も

ダリアはその色によって異なる花言葉を持っています。黄色のダリアは「栄華」や「優美」が花言葉です。家族などの繁栄を祈願して渡すと良いでしょう。

赤色のダリアは「栄華」「華麗」を表します。黄色のダリアと少し似ていますが、華やかな印象の人に渡すのがおすすめです。

白のダリアは、「感謝」「豊かな愛情」を表します。母の日などの感謝を伝えるのにぴったりの花言葉でしょう。

日本の場合は、それ以外の色では特定の花言葉はありません。しかし、海外では別の意味を持つ色もあります。ピンクのダリアであれば「親切」「優雅」、紫のダリアには「品位」「気品」という花言葉がつけられています。

まとめ

ダリアは見た目に華やかなため、贈り物などで贈られることが多い花です。切り花であれば夏以外の季節にきれいな花を咲かせるため、季節を気にせず買いやすいでしょう。

水揚げをしっかりとし、栄養剤を入れてあげれば、しばらくはきれいな花を楽しめます。

目次
閉じる