蓮を自宅で育てるポイントとは。特徴や種類とともに紹介

2020 11/18
蓮を自宅で育てるポイントとは。特徴や種類とともに紹介

蓮はポイントを押さえて栽培すれば、自宅でもきれいに咲かせられます。特徴や育て方を知った上で、蓮の栽培にチャレンジしてみませんか?植え方・季節ごとのお手入れ・おすすめ肥料も紹介します。蓮について、基礎知識から見ていきましょう。

目次

蓮について知ろう

蓮について知ろう

夏の朝にきれいな花を咲かせる蓮は、どのような特徴を持っているのでしょうか。健やかに蓮を育てるためにも、まずは基本的な特徴を知ることが大切です。蓮が由来となり名付けられたものについても紹介します。

東南アジア原産の水生植物

蓮は『東南アジア原産の水生植物』です。水面から1.5mほど伸びることもある葉は薄く、円形や楕円形をしています。光沢はなく、水をはじく性質のある葉です。

花は葉よりさらに高く伸びて咲きます。早朝に開花し、昼には閉じてしまうため、美しい状態を鑑賞するためには早起きが欠かせません。

鑑賞用としてはもちろん、食用としても利用されるため、世界中で栽培されている植物です。日本ではレンコンとして地中に埋まっている根の部分が主に食べられています。他の国では、葉や茎も食用とされています。

また、ベトナムや韓国などアジア圏では、蓮茶としても親しまれています。葉・花・実・レンコンなど、さまざまな部位がお茶として利用されているのです。

蓮華や蓮華座の由来

中華料理でスープをすくう『れんげ』という食器は、漢字で『蓮華』と書きます。蓮の漢字が名前に含まれているのは、れんげの形を蓮の花弁に見立てたからです。

散った蓮の花弁に似ていることから、『散蓮華(ちりれんげ)』という呼び名もあります。

ただし、中国では湯匙(タンチー・トンスイ)と呼ばれており、蓮の花弁に見立てた呼び名は日本特有のものです。

仏像や仏教画で見かける、仏様が座っている台座を『蓮華座』といいます。この由来も蓮です。泥の中から伸びてきて水面に美しい花を咲かせる蓮は、仏教では清浄な花とされています。

他とは異なる特別な花は、仏様が座るのにふさわしいと考えられているのです。

蓮の種類

蓮の種類

一口に蓮といっても、その種類はさまざまです。色や花弁の枚数の違いで、品種が分けられています。どのような種類の蓮があるのか見ていきましょう。また、似た花を咲かせる睡蓮との違いも紹介します。

睡蓮との違い

蓮と同じ水生植物で、水の上に花を咲かせる睡蓮は、花の形も蓮とよく似ています。同じ花と勘違いしてしまうこともありますが、両者は異なる植物です。違いは葉を比べると分かります。

睡蓮の葉は光沢があり、深い切れ込みが入っていますが、蓮の葉は光沢も切れ込みもありません。加えて、睡蓮の葉や花が水面に浮かぶのに対し、蓮は水面から高く茎を伸ばし、空中に浮いているように葉や花を広げるのです。

蓮の葉が水に浮いている春先には区別がつきにくいかもしれませんが、高く伸び始める夏にかけては、葉を見比べることで違いがはっきりと分かります。

色による分類

蓮は6種類の色に分けられます。『白蓮(びゃくれん)』は真如蓮(しんにょれん)に代表される真っ白な花弁の蓮です。花弁全体がピンクの蓮は『紅蓮(ぐれん)』といいます。毎葉蓮(まいようれん)も紅蓮です。

酔妃蓮(すいひれん)といった『爪紅(つまべに)』の蓮は、花弁の先端がマニキュアのようにピンクに染まっています。

花弁の色に変化のある種類でも、『斑(まだら)』は不規則な模様が特徴です。一天四海(いってんしかい)といった品種があります。

一方、黄色の花が咲くアメリカ黄蓮は『黄蓮(おうれん)』という種類です。また、黄色とピンクが混ざり合うのは『黄紅(きべに)』といいます。ミセス・スローカムが代表的です。

花弁の枚数による分類

花弁の枚数によっても蓮の種類を分類できます。

シンプルですっきりした印象の『一重』は、花弁が25枚以下の蓮のことです。

仏教画に登場するようなピンクの花弁が優雅な雰囲気の中国古代蓮や、白い花弁が美しい巨椋の白鳥 (おぐらのはくちょう)などがあります。

優美で華やかさがあるのは、50枚以上の花弁を持つ『八重』です。中には100枚以上の花弁が、折り重なるように咲くものもあります。

赤い錦蘂蓮(きんずいれん)や白い西湖蓮(さいこれん)は豪華なドレスのようです。

また、八重ほどの花弁の枚数はないけれど、一重よりも花弁が多い『半八重』といった種類もあります。花弁の枚数は26~49枚が目安です。

蓮の入手方法

蓮の入手方法

自宅で蓮を栽培するためには、まず蓮を用意します。そのための方法は2種類です。それぞれの方法にどのような特徴があるのかを知り、適した方法で手に入れましょう。

種を購入する

一つ目の方法は『種』を購入することです。蓮は実生といって、種からでも育てられます。

ただし、硬い殻に覆われている蓮の種はそのままでは発芽しません。大賀蓮といって、数千年前の蓮の種から発芽した例もあるほど、その殻は種を厳重に守っているのです。

そのため、種から育てるためには、殻を削る一手間がかかります。

注意が必要なのは、種から育った蓮は、親と異なる花が咲く可能性がある点です。どのような花が咲くかも楽しみに栽培したい場合には向いていますが、育てたい蓮の種類が決まっている人には向いていません。

苗を購入する

二つ目は『苗』を購入して栽培する方法です。種から育てる方法よりも一般的に行われています。蓮の苗はレンコンの状態で販売されています。ただし、購入する季節によって状態が異なる点に注意しましょう。

冬や春先くらいまではレンコン部分だけで販売されているものもありますが、春の植え付けの時期が過ぎてからは、ポット苗として土に植え付けられて販売されているものが増えます。

種から栽培する方法との違いは、親と同じ花が咲くという点です。育てたい品種や花の色・形が決まっている場合には、苗から栽培するのが向いています。

蓮の育て方

蓮の育て方

スムーズに蓮を育てるには、年間スケジュールを意識しながら育て方のポイントを押さえることが大切です。基本の育て方を確認し、きれいな花を咲かせましょう。

1年のスケジュール

まずは、下記の蓮栽培の年間スケジュールを確認します。1年間のスケジュールがどのように進むのかを確認することで、どの時期に何をすべきかがはっきりするからです。

  • 3~4月:植え付け・植え替え
  • 4~9月:月1回の追肥
  • 7~8月:開花

1年間を通して行うのは、藻や雑草の駆除です。不要なものを小まめに取り除くことで、病害虫を防ぐことにもつながります。黄色くなった葉を取り除く作業も実施しますが、8月中は栄養供給のために取り除きません。

また、開花期の7~8月には、花がらを取り除きます。不要な部分に栄養が供給されるのを避け、より多くの花を咲かせるためです。

鉢や土の用意

大型から中型の蓮は、鉢に土を入れ植え付けます。一方、小型の蓮には、水を入れる鉢と、土を入れて蓮を植え付ける容器の二つが必要です。

小さな蓮を鉢に直接植えるには、小さな鉢を用意します。しかし、それでは水温が安定しません。夏は高温になり、冬は凍ってしまいます。

そこで、二つの容器を使い水温を安定しやすくする『二重鉢』という方法で植え付けるのです。

蓮を植え付ける土は、田んぼの土が向いています。田んぼの土が手に入らない場合には、蓮用の培養土が便利です。また、自分で配合するなら、荒木田土:黒土:ふるいにかけた腐葉土=6:2:2に肥料を配合して使います。

培養土や配合した土を使うときには、水を加えてよく練る下準備が必要です。

種まきや苗植え

種まきで蓮を栽培する場合には『4~5月』が適期です。蓮の種は硬い殻に覆われているため吸水できません。そこで、種のとがっていない方を、金属製のやすりを使い中身が見えるくらい削ります。

そして、水を入れた透明な容器に沈め、根と葉が出るのを待ちます。植え付けは、水に入れてから約2週間後を目安に行います。葉が2~3枚開き、根が5cmほど出てきたらよい頃合いです。

苗から育てるには『3~4月』に植え付けをします。鉢の2/3ぐらいまで土を入れ、新芽を上向きに苗を置き、土をかぶせましょう。

このとき、苗がポットの土に植えられているタイプの場合、ポットの土とともに植え付けます。最後に、水を鉢にたっぷり注げば完成です。

水や肥料の管理

蓮の栽培に水は欠かせません。土の面から最低でも10~15cm以上水がある状態を保ちます。放っておくと、蒸発や蓮の吸収により水が減るため、小まめに継ぎ足すことが大切です。

継ぎ足しには、バケツにくみ、水温を上げた水を使います。このとき、鉢から水があふれるように継ぎ足すと、表面に浮く汚れを取り除けます。

また、継ぎ足すことで、鉢の中の有用なバクテリアや微生物を増やし、水を腐りにくくすることにもつながるのです。

肥料には、緩効性の化成肥料か、骨粉と油かすを同量混ぜて水で練ったものを使います。まずは、元肥として植え付け前に土に混ぜ込みましょう。葉が出てきてから地上部が枯れるまでは、1カ月に1度追肥します。

栽培のポイント

栽培のポイント

上手に育てるためには、栽培のポイントを守ることが大切です。蓮がどのような環境を好むのかを知ることで、スムーズに大きくなる状態を作り出せます。

日当たりが重要

ポイントとしてまず挙げられるのは日当たりです。『1日中日が当たる場所』で管理するのが重要といえます。日当たりが悪く、半日以上日陰になる場所では、順調に育ちにくく、花付きも悪くなります。

1日中日当たりのよい場所がないという場合には、時間帯によって鉢の位置を移動させて管理する方法もあります。

日当たりさえよければ、室内やベランダでも栽培可能です。南向きでよく日の当たる場所を選び、栽培しましょう。

病気や害虫を防ぐには

きれいな花を咲かせるためには、病害虫の被害に遭わないよう、予防や対策をすることが大切です。代表的な病害虫への対策を紹介します。

地中の菌が根や茎に侵入することで腐っていく『腐敗病』は、乾燥がきっかけで起こる病気です。そのため、鉢の水が常にたっぷりある状態を維持します。

また、葉が黄色く変色する『鉄欠乏症』は栄養素を含む肥料で対策可能です。予防策として鉄くぎを水の中に沈めておく方法もあります。

蚊の幼虫の『ボウフラ』対策には、ボウフラをエサにするメダカの力を借ります。鉢の中でメダカを飼い、ボウフラを食べてもらうのです。

葉や茎から栄養を吸う『アブラムシ』は、見つけたらガムテープや駆除剤で取り除きます。

株分けについて

春に植え付けした蓮は、1年後の3~4月に株分けをします。土に埋まっているレンコン状の苗を掘り出し、水洗いをしてから、新芽の出ている部分を3~4個に切り分けるのです。

そして、切り口に消毒薬を塗り、新芽を上にして植え付けます。

新芽が出ていない場合には、レンコンをカットしてから水に浮かべて、日当たりのよい場所に置いておく方法を取ってもよいでしょう。芽が出てきてから植えれば、無駄がありません。

季節ごとの管理のポイント

季節ごとの管理のポイント

蓮の栽培方法は、季節ごとのポイントを押さえることも大切です。そのときどきに合った管理をすることで、元気な蓮を育てられます。

春の株分け後

株分けした蓮は、芽が出ている状態のものもあります。そのため、新芽が折れないよう慎重に取り出しましょう。事前に元肥を入れた土を鉢に用意しておき、その中へ植え付け、たっぷりの水を入れればOKです。

株分け後に土の入ったポットに植えていた場合には、ポットの土ごと植え付けます。

夏の立ち葉

水に浮いていた葉の茎がぐんぐん伸び、立ち葉が茂る夏は、蓮が水をよく吸収します。蒸発もしやすいため、『水切れしやすい』時期です。

そのため、小まめに水の量を確認し、継ぎ足します。特に、葉の縁がしわしわになっている状態は水不足の証拠です。

夏は開花期でもあります。きれいな花が咲き終わった後は、種を採取したい場合を除き、花がらを取り除くことも管理のポイントです。栄養が根に回りやすくなるため、レンコンを太らせることにつながります。

秋冬の苗

寒くなり始めると、蓮は地上部が枯れてきます。花も葉もなくなり、地中のレンコンだけの状態で休眠に入るのです。

葉が出ている間は1カ月に1度を目安に追肥をしますが、秋冬に葉がない状態になったら、『追肥は不要』です。水の管理だけを継続し、株分けをする春までそのまま埋めておきます。

おすすめの肥料

おすすめの肥料

元肥や定期的な追肥を行う蓮には、どのような肥料が向いているのでしょうか?初めて蓮を栽培する人でも扱いやすい、おすすめの肥料を紹介します。

花ごころ 水生植物の肥料

天然の腐植質に肥料成分を吸着させている『花ごころ 水生植物の肥料』は、チッソ:リンサン:カリ=6:4:3で含む肥料です。効き目が穏やかな肥料なので、安心して使えます。

蓮に必要な栄養をたっぷり与えると同時に、腐植質により土そのものの改善も可能です。また、粒状の肥料は、分量をはかりやすいという魅力があります。使用料の目安は1株に対して5粒です。

元肥の場合には、鉢底に等間隔で並べてから土をかぶせて蓮を植え付けます。追肥として与えるときには、株元から2~3cm離れた場所に埋め込めばOKです。

石田精華園 花ハス用肥料 純正IB化成

『石田精華園 花ハス用肥料 純正IB化成』は、蓮用の国産化成肥料です。市販のIB化成肥料は海外産のものが中心ですが、こちらは100%国産のため、安心して使えます。

同じ蓮でも、品種が違うと好む肥料も異なります。この肥料は、特に中国系品種の蓮を育てたいという場合に向いているタイプです。

5月~8月の生育期の間、目安として、18lの鉢に植えた蓮に、半月に1度のペースで6~7gずつ与えます。

  • 商品名:石田精華園 花ハス用肥料 純正IB化成
  • 楽天:商品ページ

charm スイレンとハスの肥料 ワンタッチ肥料

10gずつ小分けにされた使い切りの緩効性化成肥料です。

1回分が小袋に入っているため、計量の手間がありません。蓮は生育期の間中、毎月肥料を施しますが、『charm スイレンとハスの肥料 ワンタッチ肥料』であれば手軽に使えて便利です。

また、口の開いた袋を保管しておくこともないため、常に清潔な状態で使えます。

施肥するときには、鉢の中の土に埋めておくだけです。少しずつ肥料分が溶け出し、蓮に吸収されます。チッソ:リンサン:カリ:苦土石灰=10:10:10:1で配合されている肥料です。

  • 商品名:charm スイレンとハスの肥料 ワンタッチ肥料
  • 楽天:商品ページ

まとめ

東南アジア原産の蓮は、ポイントを押さえた育て方で、毎年きれいな花を咲かせられます。色や花弁によってさまざまな品種があるため、好きな蓮を見つけるのも楽しみの一つです。

好みの蓮が決まっているなら苗の植え付けを、どのような花が咲くかを楽しみたいなら種まきをして、蓮の栽培を始めましょう。

蓮は日当たりがよい場所を好むため、できるだけ長い時間日光の当たる場所で管理します。加えて、水が腐らないようにすることも大切です。蒸発や蓮による吸収で減った分は、水を小まめに継ぎ足します。

おすすめの肥料も参考にしながら、蓮の栽培にチャレンジしましょう。

目次
閉じる