MENU

カランコエとは?花の特徴・花言葉・育て方・手入れ方法を紹介!

カランコエとは?花の特徴・花言葉・育て方・手入れ方法を紹介!

乾燥に強く育てやすいカランコエは肉厚な葉っぱが特徴。冬の寒い時期にも明るい花を咲かせてくれるので、お部屋の中に彩りを添えてくれるでしょう。カランコエの花を咲かせるにはちょっとしたコツが必要です。この記事ではカランコエの特徴、育て方、お手入れ方法などを紹介します。

目次

カランコエの特徴と基本情報

カランコエの特徴と基本情報
科・属ベンケイソウ科カランコエ属(別名:リュウキュウベンケイ属)
和名紅弁慶(ベニベンケイ)
英名Kalanchoe
学名Kalanchoe blossfeldiana
花の色白、赤、ピンク、オレンジ、黄、緑
原産地マダガスカル島
開花期11~5月

乾燥に強く育てやすいカランコエはインテリアのワンポイントとしても人気の多肉植物です。色鮮やかな花だけでなく、肉厚の葉も色、姿がバラエティーに富んでいます。原種は140種ほどあると言われており、草丈10cm程の小ぶりなものから3m程まで生長する低木まで様々です。品種にもよりますが、開花時期が11~5月と寒い時期にもカラフルな花を咲かせてくれるので、冬場のガーデニングに彩りを添えてくれるでしょう。

カランコエは日照時間が短くなると花を咲かせるという「短日性」という性質を持っています。日照時間が1日12時間以下になると花を咲かせ始めると言われており、早くから花を楽しみたい場合は段ボールなどで覆って意図的に日照時間を減少させます。秋に花を楽しみたい場合は8月ごろにはじめ、夕方5時ごろから光を遮ります。30日ほどすると花が咲き始めるでしょう。

カランコエの開花時期や見頃の季節

カランコエの開花時期や見頃の季節

品種にもよりますがカランコエの開花時期は11~5月です。花でなく、色づいた葉を楽しむカラーリーフとして人気のものもあります。

カランコエの花言葉と由来

カランコエの花言葉と由来

カランコエ全般の花言葉と由来

カランコエ全体の花言葉は「たくさんの小さな思い出」「おおらかな心」「幸福を告げる」「あなたを守る」です。

「たくさんの小さな思い出」「おおらかな心」はカランコエの花姿が由来となっています。カランコエは小さな花が集まって咲きます。友達や家族が集まりあっているようにも見える可愛らしい花の様子から、「たくさんの小さな思い出」「おおらかな心」という花言葉がつけられました。

カランコエの花は小さくかわいいだけでなく、ベルのようにも見えます。幸せなことがあった時にベルを鳴らしたり、教会での挙式後にベルを鳴らしたりしますよね?このことから「幸福を告げる」「あなたを守る」という花言葉がつけられました。

カランコエの色別の花言葉

カランコエは赤、黄色、白、ピンク、オレンジなどの花を咲かせますが、色別の花言葉はつけられていません。

カランコエの花言葉についてはこちらの記事で詳しく紹介しています!

カランコエの種類、品種

ベニベンケイ種

カランディーバ

カランディーバ

まるで小さな花束の様な、八重咲の花をたくさん咲かせます。カランディーバは「女神」という意味があるように、華やかで気品あふれる印象です。花色はピンク、黄色、赤、オレンジなど様々です。気温が高いうちは次々と花を咲かせるので、複数の色を寄せ植えにして楽しむ方が多いようです。

ディスコディップ

ディスコディップ

小さな花が集まってこんもりと咲く様子が可憐なディスコディップ。咲き進むにつれて花の色が変化します。パステルイエロー、ホワイト、ピンクと移り変わりを楽しむことができるでしょう。光の強さで発色が異なるそうなので、できるだけ明るい場所で育てるとよいでしょう。

トメントーサ種

月兎耳(つきとじ)

月兎耳(つきとじ)

白く細かな毛で覆われた肉厚の葉がウサギの耳に見えることから「月兎耳」と名付けられました。葉のふちには茶色の線が入ります。他にも「黒兎耳」や「月兎耳錦」など「~兎耳」という変異種も多くみられます。暖かい場所を好みますが、真夏の暑さは苦手ですので半日陰に置きましょう。寒さには弱いので5度を下回る場合は室内など暖かい場所で管理します。

孫悟空

孫悟空

月兎耳の変異種です。葉に茶色の細かい毛が生えており、茎の中心部分は赤っぽい色になります。「チョコレートソルジャー」「ブラウンバニー」と呼ばれることもあります。和名の孫悟空は、茶色っぽい毛がお猿さんのように見えたことからつけられたのかもしれませんね!

マンギニー種

テッサ

テッサ

オレンジ、白の花を咲かせるテッサは花付きがよく、長い間お花を楽しむことができます。細長い釣鐘型の花は枝垂れるように咲く姿はまるでシャンデリアのようですので、ハンギングバスケットで楽しむのがおすすめです。

ウェンディ

ウェンディ

コンパクトですが花付きがよく、ブドウの皮の様な赤紫の釣鐘形の花をうつむき加減に咲かせます。オランダの大学で作り出された品種で、作者にちなんで「カルパーウェンディ」とも呼ばれます。0度以上で冬越しができるので、室内の暖かい場所で管理しましょう。

コダカラベンケイ種

子宝弁慶草

子宝弁慶草

名前の通り繁殖力が旺盛で、葉のふちに無数の芽をつけます。「クローンコエ」とも呼ばれます。カランコエの中でも寒さに強い品種で暖かい地域では一年中戸外で管理することができます。落ちた芽はちょっとした隙間でも繁殖しますので、増えすぎないように気をつけましょう。

ティルシフローラ種

ティルシフローラ(デザートローズ、唐印)

ティルシフローラ(デザートローズ、唐印)

重なりながら肉厚の葉が成長していく姿は、葉のふちがピンクに色づくことも相まって、まるでバラのようも見えます。葉が大きなパドルに見えることから「パドルプランツ」とも呼ばれます。クリーム色の花を咲かせますが、どちらかというと葉の美しさを楽しむ品種です。

ベハレンシス種

カランコエ・ベハレンシス

別名「仙女の舞」「エレファントイヤー(象の耳)」とも呼ばれます。カランコエというとこんもりした草姿をイメージするかもしれませんが、ベハレンシスは3m程まで生長します。そのため、多肉植物というよりは観葉植物として認識しているかたもいるかもしれません。できたばかりの葉は柔らかい毛で覆われており薄い茶褐色ですが、大きくなるにつれ毛は亡くなり、銀色の様な美しい緑色になります。

セイロンベンケイ種(ハカラメ)

セイロンベンケイ

セイロンベンケイ

葉から芽を出すことから「ハカラメ」とも呼ばれるセイロンベンケイ。他にも「マザーリーフ」「ミラクルリーフ」「灯篭草」「子宝草」などと呼ばれることがあります。とても簡単に増やすことができ、水栽培でも育ちます。花は薄紫と黄緑の斑模様でベルの様な形をしていますが日本では花を咲かせるのは難しく幻の花とも言われています。

プミラ種

カランコエ・プミラ

カランコエ・プミラ

全体が細かい毛で覆われており、幻想的な印象の品種です。白っぽく見えることから「白銀の舞」という名前でも知られています。花はピンク色で葉とのコントラストを楽しめるでしょう。寒さに強い品種で凍らない場所であれば冬越しができます。

フミリス種

フミリス(フェグエイレドイ)

緑色の肉厚の葉に赤紫色の斑(まだら)模様が入る品種です。水分が多いと斑模様がきれいに入らないようです。葉を楽しむため、小さな鉢植えで茎が伸びすぎないように管理しましょう。

カランコエの育て方・栽培方法

カランコエの育て方・栽培方法

カランコエを育てるときのポイント

日当たり、風通しの良い場所で管理する

カランコエが太陽が大好きな植物です。日当たりの良い場所で育てましょう。6~10月は雨の当たらない屋外で、11~5月は日当たりの良い室内で管理しましょう。日当たりが悪くなると根元付近の葉が黄色くなります。真夏の強い直射日光は苦手で葉焼けの原因になりますので、明るい日陰で管理します。また、過湿は苦手なので風通しの良い場所を選びましょう。

水をあげすぎないようにする

カランコエは乾燥に強い多肉植物で高温多湿が苦手ということもあり、土の中が蒸れないよう、水はあげすぎないようにしましょう。水分あげすぎると黒く変色して腐ってしまいます

冬場は暖かい室内で管理する

カランコエは丈夫で育てやすいです植物ですが、花を咲かせるためには冬でも8度以上の温度が必要です。鉢植えで育てて、適宜移動できるようにしておくとよいでしょう。

カランコエの育て方・手順

植え付けの時期は5~6月、9月が適期です。次のものを準備します。

  • カランコエの苗
  • 土…多肉植物専用の土またはサボテン専用の土
  • 液体肥料…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • じょうろ
  • ハサミ
  • 軍手
  • スコップ

カランコエの苗は根がしっかりと張って葉の色つやの良い株を選びましょう。葉と葉の間が間延びしていないか、変色している葉はないかもチェックします。

カランコエは加湿を嫌いますので水はけの良い土を使いましょう。園芸店に売っている多肉植物専用の土またはサボテン専用の土がおすすめです。自分で土を配合する場合は小粒赤玉土5:川砂3:ピートモス2または小粒赤玉土4:腐葉土4:川砂2といった割合がよいでしょう。

地植えもできなくはありませんが、日当たり、季節に合わせて場所を移動させられるよう、鉢植えでの栽培がおすすめです。

カランコエの水やり

夏は土の表面が乾いたら水やりをします。葉に水がかかると傷んでしまうので注意しましょう。気温の高い昼間に水をあげると土の中が蒸れてしまいますので、早朝か夕方の比較的涼しい時間帯に水やりをしましょう。

冬は乾燥気味に育てます。土が乾いてから、さらに2~3日して水やりをします。目安は2~4週間に1回程度です。カランコエを室内で育てている場合、暖房が直接当たらないように気を付けてください。どうしても乾燥した風が当たってしまい、葉がシワシワになっている場合は霧吹きで葉水を与えます。

カランコエの肥料のやり方

春(5~6月)と秋(9〜10月)に2週間に1回のペースで液体肥料を与えます。

夏は気温が高く、土の中が蒸れて根腐れを起こしやすいので肥料は上げない方が良いでしょう。冬は生長時期ではないので与えません。

カランコエの増やし方

カランコエは簡単に増やすことができます!4~7月、9月が適期です。

挿し木用の土またはバーミキュライト、パーライト7:ピートモス3に配合した土を用意し、挿し木または葉挿しでチャレンジしてみましょう!

挿し木

先端を10cm程切り取り、先端の葉を2~4枚残して取り除きます。切り口を腐らせないように、半日陰で2~3日置き、乾燥させます。割りばしなどで穴をあけたところに挿して風通しの良い、明るい日陰に置いておくと1ヶ月ほどで発根します。

葉挿し

カランコエは品種によっては葉挿しで増やすことも可能です。落ちた葉など、葉の付け根部分が残っている葉を用意し、土の上に置いておき、明るい日陰で管理します。直射日光や高温多湿の環境は避けましょう。1~3週間で発根します。発根したら根に土をかけ、霧吹きで水を与えます。新芽は親葉から栄養を吸い取って育ちます。親葉が乾燥したら取り除き、霧吹きでの水やりの回数を増やします。新芽は水を蓄えておく力が弱いためです。徐々に日向に慣れさせ、半年ほどするとしっかり根が張るので鉢に植え替えます。

カランコエの植え替え

カランコエの植え替えは、鉢の中が根でいっぱいになったときに行います。1~2年に一度を目安に、暖かくなった4~6月または暑さがおさまる9月が適期です。そのままにすると生長が悪くなったり、水はけが悪くなって根腐れを起こします。

植え替えの際は一回り大きな鉢を用意し、半分に切り戻したカランコエの苗を植え付けます。根が育ちすぎている場合は、太い根を切らないように気をつけながら、半分ほどにカットします。植えた後は鉢の底から水が流れ出るほどたっぷりと水をあげ、その後は乾燥気味に育てていきます。

カランコエの冬越し

冬越しは可能ですがカランコエは寒さに弱いので5度以下の場合は室内で管理しましょう。昼間は窓辺で太陽の光を当て、冷える夜はカーテンを閉めて外気が当たらないようにするか、部屋の中心など暖かい場所に移動させます。

カランコエと同じベンケイソウ科の花

カランコエと同じベンケイソウ科の花

カランコエと同じベンケイソウ科の花にはミセバヤという花があります。カランコエのように小さな花が集まって咲きますが、カランコエよりも花が細かく、おしべが目立ちます。花言葉は「大切なあなた」「つつましさ」です。

気を付けておきたい病気、害虫と対策法

気を付けておきたい病気、害虫と対策法

灰色カビ病

11~5月の低温多湿時に発生します。室内でカランコエを管理している場合は、加湿器の近くに置かないようにしましょう。

対策:枯れた葉や花がらはすぐに摘み取る。発生した場合は初期に薬剤を散布する。

うどんこ病

うどんこ病は春と秋、風通しが悪いと発生します。

対策:発生した葉はできるだけ初期に取り除く。薬剤は初期は効果的だが、多発した場合は効果が高くないので注意が必要

カイガラ虫

3~11月の風通しが悪い時に発生します。

対策:発生しているのを見つけたらすぐにブラシなどでこすり落とす。

コナジラミ

葉の裏について汁を吸い取り生育を悪くさせる。

対策:殺虫剤で駆除する。

アブラムシ

5月〜9月に新芽、蕾とともによく発生します。植物の栄養を吸い取るだけでなく、排せつ物がスス病の原因となります。

対策:「ベニカXスプレー」など殺虫剤で駆除する。

カランコエのお手入れ・剪定方法

カランコエのお手入れ・剪定方法

花がら摘み

1~5月に適宜行います。カランコエは花茎の先にまとめて花を付けます。花が3割くらい枯れたら思い切って付け根から切り落としましょう。次の花茎が出てくるでしょう。

切り戻し

5~6月または花が咲き終わる9月に行います。根元から10cm程の長さを残して切り落とします。かなり切り落としますので心配になりますが、1ヶ月ほどで新芽が出てくるでしょう。

摘芯

夏に新芽の先を摘んでおきます。摘芯することで新芽が増え、枝数が増えて花数が増えます。

カランコエを育てる際によくあるお悩みと解決策

カランコエを育てる際によくあるお悩みと解決策

カランコエがひょろひょろと間延びしている

ひょろひょろと、葉と葉の間が間延びしていることを「徒長(とちょう)」といいます。徒長の原因は日照不足、水や肥料の与え過ぎ、風通しの悪さ、水はけの悪さなどが考えられます。

カランコエが徒長してしまった場合、伸びきったところが太くなることはありませんので、剪定をし、たっぷりと日に当ててあげましょう。再び太く元気な姿で育つようになります。

カランコエの花が咲かない

気温が低すぎる

カランコエは10度以下になると花付きが悪くなり、5度以下になると生長を止めます。カランコエの管理している場所を見直してみましょう。花芽には11~15度以下の低温が適しています。

肥料をあげすぎた

肥料には三大栄養素と呼ばれるチッ素、リン酸、カリウムが含まれています。それぞれ、チッ素は「葉肥(はごえ)」、リン酸は「実肥(みごえ)」、カリウムは「根肥(ねごえ)」と呼ばれ、生長させる箇所が違っています。必要以上に肥料をあげると栄養が花芽に行かず、根や葉だけが成長してしまうことがあります。肥料を与える時期、含まれる栄養素を見直してみましょう。

日照時間が長すぎる

カランコエは日照時間が短くなると花を咲かせるという「短日性」という性質を持っています。日照時間が1日12時間以下になると花を咲かせ始めると言われていますが、室内で管理している場合は夜まで明るい状態が続く、ということが起きているかもしれません。夜7時頃から段ボールで覆う、暗い場所に移動させるなどしてみましょう。

まとめ

丈夫で育てやすいカランコエは鮮やかな花を咲かせてくれるので、インテリアのワンポイントにもなります。挿し木等で簡単に増やせますので、お友達におすそ分けしてもいいですね!花言葉もポジティブなものばかりなのでギフトにもおすすめです。品種によっては花だけでなく、葉が色づくカラープランツとしての楽しみ方もあります。奥深い多肉植物をぜひ育ててみてくださいね!

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる