MENU

フラワーアレンジメントを英語で表現。お花と英語を一緒に学ぶには?

フラワーアレンジメントが好きな人の中には、英語の上達にも興味がある人もいるでしょう。その場合はフラワーアレンジメントと英語を別々に学ぶのではなく、一緒に学んだ方が楽しく効率的です。お花と英語を一緒に学ぶにはどのようにしたらよいのでしょうか。

フラワーアレンジメントを始めよう

お花が好きな人であれば、フラワーアレンジメントを始めてみてはいかがでしょうか?フラワーアレンジメントでは、お花や葉などの素材を使い、ブーケやフラワーボックスなどを製作します。

習い事を始めるメリット

子どもの頃に、ピアノやそろばんなどの習い事をしていた人もいるかと思います。しかし、それは親の意思で決められたことであって、自ら希望したわけではなかったというケースもあるでしょう。 大人になって自分の意思で好きなことを学ぶというのは、非常に有意義で楽しいものです。習い事で好きなことに没頭できる時間が増えれば、日々の生活に充実感が生まれます。 また、習い事を通して共通の趣味をもった友人ができます。大人になってからは新しい出会いに恵まれる機会が少なくなりがちですが、習い事は定期的に集まるので一緒に過ごす時間が必然的に増え、打ち解けやすくなります。

フラワーアレンジメント教室の魅力

フラワーアレンジメント教室は、趣味で習いたい人から資格を取得して独立を目指す人まで、さまざまなニーズに対応した講座が用意されています。 将来的にフラワーデザイナーやフラワーショップの店員など、お花にかかわる職業を志す人は、学べることがたくさんあるでしょう。 また、趣味で始めたのをきっかけにフラワーアレンジメントの魅力にハマり、お花業界への転職を考える人もいるかもしれません。お花が好きな人はもちろん、自分で何かをデザインすることが好きな人にもおすすめです。 こちらの記事ではフローリストなどのお仕事についてもご紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

英語で習う人気のホビングリッシュ

英語を学ぶにはさまざまな方法がありますが、自分の好きなことや関心のあることを通して学ぶと効率がよいと思いませんか? 趣味『ホビー』と、英語『イングリッシュ』を組み合わせた『ホビングリッシュ(Hobby-english)』という学習方法があります。これは好きなことをしながら英語を学ぶ方法で、従来の堅苦しい語学勉強法とは違い、楽しく学ぶことができます。 近年では、茶道やヨガなど、たくさんの習い事でホビングリッシュが取り入れられています。フラワーアレンジメントにも取り入れているところがあるので、お花のことも英語も学びたい人におすすめです。

日本と海外のフラワーアレンジメント

日本と海外では、フラワーアレンジメントの学び方や文化に違いがあります。

生け花という文化がある日本

日本には『生け花』という伝統文化があり、お花やそのほかの素材を組み合わせて作ります。生け花は、その伝統を守りながらも時代の変化に合わせた流行を取り入れ、現在まで発展してきました。 フラワーアレンジメントと似ていますが、製作に取り組む際の美学が違います。フラワーアレンジメントは『足し算の美学』といわれ、たくさんの花材を入れています。 これに対し、生け花は『引き算の美学』といわれ、なるべく少ない数の素材で最も美しい状態を作り出します。 生け花をすることで生活にゆとりが生まれ、日々の暮らしを充実させてくれます。 フラワーアレンジメントの基本についてはこちらの記事で紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

フラワーアレンジメント発祥の地 イギリス

フラワーアレンジメント発祥の地はイギリスです。イギリスにおけるフラワーアレンジメントは、本来は上流家庭のたしなみとされていました。 イギリスで本格的にお花のことを学びたい場合は、留学して現地のフラワースクールもしくは専門的な学校に通いましょう。ちなみにフラワースクールは基本的にフラワーショップと併設されています。 英語でスムーズに会話する自信がない人は、日本人のスタッフがいる場所を探すとよいでしょう。 しかし、日本人とばかり話してしまうと、わざわざ本場で学ぶ意味が薄れてしまいます。留学する前に、最低限の英会話能力は身につけておくとよいでしょう。

ドイツは仕事としてアレンジメントを学ぶ

日本では、趣味としてフラワーアレンジメントを学ぶ教室がありますが、ドイツにはそのような趣旨の教室はほとんどありません。ドイツではフラワーアレンジメントは職業として確立しており、職業訓練をする場が設けられています。 ドイツでフラワーデザイナーを志す人は、16歳くらいで職業訓練校に通い始めます。職業訓練校に入ってから3年間は、職業訓練校に通いながらフラワーショップで働きます。 このように日本とドイツではフラワーアレンジメントに対する扱いが大きく異なります。ドイツでは人材育成に一定のレベルが設けられており、あらゆるフラワーデザインに対応する知識と技術を習得するのです。

ホビングリッシュの前に、基本の英語から

ホビングリッシュでフラワーアレンジメントと英語を同時に学ぶ前に、フラワーアレンジメントで使われる基本の英語を覚えましょう。 基本の英語を把握しておけば、実際にホビングリッシュの教室に通ったときのスタートダッシュがスムーズになります。

フラワーアレンジメントを英語翻訳すると?

フラワーアレンジメントを英語翻訳すると、『flower arrangement』になります。 『鑑賞目的で生けられた花』という意味ですが、『華道(生け花)』という意味でも使われます。 前者は数えられる名詞、後者は数えられない名詞として使われるという違いがあります。

flowerとfloralの意味や発音の違い

『flower』には『花・草花』という意味の名詞であり、『floral』には『花の・花柄の』という意味の形容詞になります。 どちらも日本人が苦手だと感じやすい『R』と『L』が含まれています。Rは口の中のどこにも触れずに、舌を奥に引っ込めるイメージで発音します。 また、Lはきちんと上の前歯の付け根に舌先を当てて発音します。まずはこの2つの違いをはっきりと識別できるようにしましょう。 flowerはRで終わるので、舌が奥に引っ込んだ状態で終わります。対してfloralはLで終わるので、舌先が上の前歯についた状態で終わります。
1 2 3
よかったらシェアしてね!