MENU

プリザーブドフラワーを敬老の日に贈ろう。人気アレンジの紹介

普段からお世話になっている祖父や祖母に、感謝の気持ちを込めてお祝いするのが『敬老の日』です。感謝の言葉を口にするだけでも喜んでくれるとは思いますが、今年はおしゃれにプリザーブドフラワーを贈ってみてはいかがでしょうか。

プリザーブドフラワーとはどんなもの?

そもそもプリザーブドフラワーとはどのようなものでしょうか。詳しく解説していきましょう。

特殊加工された花材

プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工が施されたお花のことです。ドライフラワーとは異なり、生花のような鮮やかな色合いや風合いを維持したまま、長期間楽しめます。 生花に染料を吸わせて着色するので、本来その花に存在しない色でも、好みの色に着色可能です。 グリセリンを使用することで花びらの柔らかい質感を保つことができるので、一目見ただけではプリザーブドフラワーだと気づかない人もいます。

語源や歴史

プリザーブドフラワーという名称の『プリザーブド』(preserved)とは、『保存された』という意味の英語です。 直訳すると『保存された花』という意味です。よい状態であれば生花のような美しさを保ったまま5〜10年ほど観賞することができます。 プリザーブドフラワーは、フランスのヴェルモント社によって1987年に生み出されました。1991年には『長寿命の切花製法』として世界特許認定を取得しています。 プリザーブドフラワーは花の愛好家たちの間に広がり、あっという間にヨーロッパ中で人気になりました。その後、日本でも話題となり、今では贈り物やインテリアとして定番になりつつあります。

特徴

プリザーブドフラワーは特殊な加工を施されているので、水やりをしなくても枯れることはありません。そのため非常に管理が楽で、面倒臭がりな人でも気軽にお花を楽しめます。 これまではお花をプレゼントしたくても、相手のお世話の負担を考えて、プレゼントをためらったこともあったかもしれません。 プリザーブドフラワーであれば、一般的な雑貨のような感覚で気軽に贈れます。プリザーブドフラワーが誕生したことによって、お花をプレゼントすることが、より手軽で身近になったといえるでしょう。 また、プリザーブドフラワーは『寿命が長い』という特徴を生かして、たくさんのフラワーアレンジメントに活用されています。

プリザーブドフラワーの用途例

プリザーブドフラワーはどのような用途で使われているのでしょうか。いくつか例を見てみましょう。

プレゼントとして

プリザーブドフラワーは誕生日プレゼントや、普段お世話になっている人への贈り物として人気です。 特に女性はお花が好きな人が多いので、ピンクなどの女性らしい色のお花をプレゼントすると喜ばれるでしょう。 プリザーブドフラワーは、生花では存在しない色のお花も作ることができるので、男性へのプレゼントとしても活躍します。たとえば、青く着色したバラであれば、可愛らしすぎる色が苦手な男性がもらっても嬉しいプレゼントになりますね。 普段から感謝の言葉を口にするのが苦手だったり、照れくさくて言えないことがあったりする人は、お花を通じて気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。 言葉も添えたい場合は、メッセージカードを忍ばせておくのも素敵ですよ。

記念品として

結婚記念日や開業記念日などの記念品としても、プリザーブドフラワーはよく使われます。お花はお祝いの空間を優しく彩り、忘れられないものにしてくれます。 プリザーブドフラワーなら、花びらに「○○周年記念」などの文字を印刷することもできますから、記念品にぴったりです。 プリザーブドフラワーをデザインに取り入れたフォトフレームに記念の写真を入れて、思い出を美しく彩ることもできます。 プリザーブドフラワーはしばらく枯れないので、お花を見るたびにお祝いされたときのことを思い出して、その時のあたたかい感情を思い出すでしょう。 プリザーブドフラワーは管理が楽なので、もらったあとも部屋に飾るインテリアとして活用できます。 生花だとすぐに枯れてしまい、切ない気持ちになりますが、プリザーブドフラワーであれば何年間も美しいインテリアとして活躍してくれるでしょう。

お見舞いとして

プリザーブドフラワーはお見舞いの品としても最適です。病院は細菌や花粉を持ち込まないために、生花の持ち込みを禁止しているところがあります。 プリザーブドフラワーは加工の過程で花粉が取り除かれているため、完成したお花に花粉はありません。そのため、持ち込みが許されているケースがほとんどです。 入院生活は狭い部屋で心細い時間を過ごすことが多いので、部屋を彩るプリザーブドフラワーは非常に励みになるでしょう。 また、アレンジによってはフォトフレームを使っていたり、星座の守護石を使っていたりするので、しっかりと心を込めて選んだ気持ちが伝わりますね。 プリザーブドフラワーは害虫が発生したり匂いがしたりもしません。また水やりの必要もありませんから、相手の負担を心配することなく贈ることができます。

プリザーブドフラワーに使われる人気の花材

お花の種類によっては、プリザーブドフラワーに向いているものと向かないものがあります。ここでは、プリザーブドフラワーに使われる人気の花材を紹介していきましょう。

定番はバラやキク

『バラ』はプリザーブドフラワーの定番です。花びらが厚くて大きいことから、扱いやすいという特徴があります。 花の咲き方も『カップ咲き』や『平咲き』などのバリエーションに富んでおり、初心者から上級者まで幅広い層から人気のある花材です。 『キク』は国花としても認知されていますが、プリザーブドフラワーとしても供花などの用途や、和風のアレンジによく選ばれています。 スプレーマムやピンポンマムなどの洋菊が多く用いられていますが、和風アレンジの場合には糸菊や輪菊などの和菊も人気です。
1 2 3
よかったらシェアしてね!