MENU

フラワーアレンジメントはピンク系が人気。見る人を幸せにするギフト

フラワーアレンジメントは、ピンクの花だと可愛らしく優しい印象になります。しかし、ほかの花との組み合わせや、ピンクの色の選び方によっては、全く違った雰囲気にもなるのです。ピンク系アレンジの魅力を存分に引き出す合わせ方を紹介します。

ピンク色フラワーアレンジメントの魅力

ピンクは可愛らしい印象を与える色です。そんなピンクをたっぷり使ったフラワーアレンジメントには、どんな魅力があるのでしょうか?ピンクの色の特徴から、ピンク系フラワーアレンジメントの魅力を解説します。

安らぎ、幸福感を与える

ピンクには、可憐で可愛らしく華やかなイメージがあります。緊張感があるというよりは、ふわふわした安らぎを感じさせる色です。また、『うきうき』や『ワクワク』といった、楽しい気分も感じさせる色の一つです。 そんなピンクには、緊張を和らげたり血行をよくしたりする働きがあるといわれています。女性ホルモンの分泌にも関連し、美容に働きかける、といった説もあるのです。 そんなピンクを使ったフラワーアレンジメントは、優しくエレガントで華やかに仕上がります。特に、女性に贈るフラワーアレンジメントにぴったりの色合いです。 また、感謝の気持ちを表す贈り物にも向いています。お世話になった人に贈るプレゼントにもよいでしょう。

ピンクはバリエーションが豊富

ピンクには色のバリエーションがたくさんあります。そのため、同じピンクでも、選び方次第でさまざまな印象のフラワーアレンジメントになるのです。 薄い紫みの赤色を指す『ローズピンク』は、その名の通りバラから名づけられたピンクです。 『フレッシュピンク』は、指先や頬などの淡いピンクから名づけられました。人の肌の中で最もきれいな色を指しています。 『ベビーピンク』は赤ちゃんの肌を連想させる、柔らかなピンクです。欧米では、赤ちゃんの洋服の色として、よく使われています。 ほかにも、『コーラルピンク』『チェリーピンク』『パウダーピンク』『ピーチ』『アップルブロッサム』など、さまざまなピンクがあります。

さまざまな色の花と合わせやすい

ピンクは、ほかの色と合わせやすい色でもあります。白・黒・グレー・ベージュ・青・紺・緑・カーキなど、さまざまな色と相性がよいのです。そのため、フラワーアレンジメントにするときにも、どんな花とも調和します。 『ピンク×黄色』なら元気ではつらつとした可愛さが出ますし、『ピンク×濃いピンク』なら色っぽい女らしさが出てきます。 ロマンチックな雰囲気にしたいなら『ピンク×水色』がおすすめです。淡い色味なら、よりふんわりした優しい印象になります。『ピンク×黄緑』は早春のイメージです。桜を思わせる組み合わせにもなります。 『ピンク×紫』は大人っぽさが出る組み合わせです。また、『ピンク×オレンジ』は陽気でハッピーな印象になります。

お花の種類も豊富で選びやすい

ピンクはたくさんの花があります。そのため、フラワーアレンジメント作りをするときに、花を選びやすいという魅力があるのです。ここでは、たくさんあるピンクの花の中でも、バラ・ストック・カーネーションを花言葉とともに紹介します。

ピンクのバラの花言葉

ピンクのバラの花言葉は、『可愛い人』『美しい少女』『しとやか』『愛の誓い』『上品』です。見た目同様、花言葉も可愛らしい印象があります。 ピンクのバラは、薄いピンク・濃いピンク・茶系・オレンジ系・紫系・赤系など、豊富な色味があります。ピンクの可愛いイメージが苦手で普段は選ばないという人でも、豊富なバリエーションの中から、気に入るバラを見つけられるでしょう。 さまざまな色があるピンクのバラを使えば、ピンクのみで作るアレンジもセンスよく仕上がります。また、『ふんわり甘く』『ちょっぴり大人っぽく』『上品な雰囲気に』など、フラワーアレンジメントの表現も自由自在です。

ピンクのストックの花言葉

ストックには『永遠の美』『愛情の絆』『求愛』といった花言葉があります。ピンクのストックは『ふくよかな愛情』という花言葉です。愛にまつわる花言葉が多いのは、ストックが姫と敵国の王子の悲恋と結びつけられているからです。 ストックは冬から春にかけて咲く花で、甘い香りが特徴です。ピンクのストックも色のバリエーションがありますので、好みのものを選べます。どのストックを選んでも、小ぶりな花が集まる可憐な印象です。

ピンクのカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉は『無垢で深い愛』です。中でもピンクのカーネーションには『女性の愛』『美しいしぐさ』といった花言葉があります。ピンクの色とカーネーションのヒラヒラとした花弁の印象から、女性らしい美しい花言葉です。 カーネーションはカラーバリエーションが豊富で、ピンクだけでも20種類以上あります。可愛らしいピンクから大人っぽいピンクまで色とりどりです。 カーネーションの種類豊富なピンクから選べば、いろいろな雰囲気のピンク系アレンジが作れます。

可憐なピンク系フラワーアレンジメント

ピンクの花をたっぷり使ったフラワーアレンジメントは、可愛らしい雰囲気です。ピンクの色の特徴を全面に感じられるアレンジといえます。ピンク系アレンジの一例を紹介しますので、アレンジ選びの参考にしましょう。

ピンクの実をさりげなく入れてキュートに

ビビッドなピンクのバラを中心に作ったフラワーアレンジメントは、若々しくキュートな印象です。ところどこにピンクの実が入っているものも、よいアクセントになっています。 フラワーアレンジメントといわれて思い描く、王道のアレンジです。 はつらつとした元気なイメージのアレンジは、若い人にはもちろん、いつまでも元気でいて欲しいおじいちゃん・おばあちゃんにもおすすめです。誰からも好かれる、元気で可愛らしいアレンジといえます。

ボックスフラワーでサプライズ感を演出

ピンクのバラとガーベラを、シャンパンゴールドとブラックなど、シックな色のボックスに敷き詰めたアレンジなら大人のサプライズ演出にぴったりです。バラとガーベラは、花の中でも世代を問わず人気があります。 また、ピンクだけだと可愛らしく甘い印象が強くなりますが、ボックスの色がよいアクセントになって、大人っぽさをプラスしています。 ピンクとブラックの組み合わせは、モダンで洗練された雰囲気を演出します。少女らしい可愛らしさから、大人っぽさに変わるのです。そのため、クラス感のあるフラワーギフトを贈りたいときに向いています。

上品な紫・ピンク系フラワーアレンジメント

ピンクと紫を程よく合わせると、上品な大人っぽさが出ます。最適な紫の割合や色のトーンを知り、高級感あるアレンジを作りましょう。落ち着いて上品なフラワーアレンジメントを贈りたいときに、ぴったりの色合いです。

胡蝶蘭を合わせて高級感あるギフトに

紫の花とピンクの胡蝶蘭の組み合わせは、上品で高級感のあるフラワーアレンジメントです。色合いも大人っぽくシックにまとまっていますし、胡蝶蘭の高級感もポイントになっています。 華やかだけれど品があり上品なアレンジなので、個人間のプレゼントにはもちろん、企業間の贈り物にもおすすめのアレンジです。
1 2
よかったらシェアしてね!