お祝いギフトの定番!胡蝶蘭ってどんな花?花言葉から育て方まで

2020 10/29
お祝いギフトの定番!胡蝶蘭ってどんな花?花言葉から育て方まで

お祝いギフトの定番、凛とした美しさを感じる胡蝶蘭。佇まいの厳かな雰囲気と蝶が舞うような華やかさを兼ね備えるお花です。そもそも胡蝶蘭がなぜお祝いに贈られるのか、気になったことはありませんか?特徴や花言葉・種類、贈り物としてのマナーから育て方まで、胡蝶蘭ギフトに関するキホンをチェックしてみましょう。

目次

胡蝶蘭の基本を知ろう

ピンクの胡蝶蘭

高級で品があり、まわりを華やかな雰囲気にしてくれる胡蝶蘭。基本情報をご紹介していきます。

胡蝶蘭の名前の由来は?学名は女神に由来

胡蝶蘭はラン科の植物で、和名では「お花の形が蝶の舞う姿に似ていることから派生しました。
学名では「Phalaenopsis aphrodite(ファレノプシス アフロディーテ)」といい、前方のファレノプシスは「蛾のような」という意味です。蝶ではなくて、蛾なんですね。

また後方のアフロディーテはギリシヤ神話に出てくる愛と美の女神のことですね。外見だけでなく、名前も愛と美しさに包まれているお花なんですよ。
英語ではファレノプシス以外にも「Moth Orchid(モス オーキッド)」ともいわれています。

胡蝶蘭はCAM型植物

CAM型とは、Crassulacean Acid Metabolismの略称のことで、特殊な光合成を行うことをあらわします。たとえば、多肉植物やサボテンなど砂漠で育つ植物や、着生植物など水分が不足している環境に育つ植物が行う光合成の手法で、それらがCAM型植物とよばれるのです。
特長としては昼間に光合成を行い、夜にCO2(二酸化炭素)を吸収します。

胡蝶蘭の原産は高温多湿な熱帯雨林

胡蝶蘭は、フィリピンやマレーシアなどの東南アジアが原産です。
一年を通して温暖な気候に恵まれ、木々が茂るように密集している森の中に生息しています。木々の間を通るあたたかな木漏れ日を浴びながら十分な湿度に恵まれて育ちます。

そのため、暑さや多少の水分不足に強い植物になったのです。このように生まれ育った環境を知ることで胡蝶蘭の育て方がよりわかるようになりますよね。

英語名に見る胡蝶蘭、海外ではどんな花?

青い胡蝶蘭

日本では有名な胡蝶蘭。海外や英語では何と呼ばれ、どのようなシーンで愛されているのでしょうか。

海外でもお祝いに使われる胡蝶蘭

日本では「幸福が飛んでくる」と落ち着いた印象の花言葉ですが、
海外では「love(愛)」「beauty(美)」などより華やかで優美な意味で用いられます。
そのため、海外でもパーティやイベントなどのお祝いのシーンによく使われているようで、利用シーンは日本と大きな差はありません。

世界における胡蝶蘭の呼び方を知っておこう

さきほど英語では「Phalaenopsis aphrodite(ファレノプシス アフロディーテ)」、「Moth Orchid(モス オーキッド)」とよばれいてることをご紹介しました。
それでは他の国ではどのように呼ばれているのでしょうか。代表的な国の言葉をご紹介します。

胡蝶蘭の呼び方
  • 世界一の花の国オランダ:「Phalaenopsis orchidee」(ファレノプシス・オルヒデー)
  • スペイン:「Orquidea-phalaenopsis」(オルキデア・ファレノプシス)
  • イタリア:「Orchidea phalaenopsis」(オルキデーア・ファレノプシス)
  • ドイツ:「Phalaenopsis-Orchidee」(ファレノプシス・オルヒデー)
  • 中国、台湾:「蝴蝶兰」(フゥー・ディエ・ラン)
  • ベトナム:「Phong lan Phalaenopsis」(フォン・ラン・ファレノプシス)

ヨーロッパ地域ではファレノプシスが入ってるところが多いのが特長ですね。

胡蝶蘭の英語名に関して詳しく知りたい方はこの記事をご覧ください。

海外ではカラフルな胡蝶蘭が好まれる

日本では白一色の胡蝶蘭を見かけることが多いでしょう。実際に胡蝶蘭を販売しているお店でも人気商品として大体1位は白だと思われます。白はマナーやシーンでのタブーがないため最も選びやすいことと、場に馴染みやすく胡蝶蘭らしい色として人気なのだと想定されます。

反対に、海外では鮮やかな色、カラフルな胡蝶蘭が人気のようです。
前述したとおり、パーティやイベントなどの華やかな場所での利用が多いことが理由のようです。
また国ならではの趣向などもあるでしょう。
もし日本から海外へ胡蝶蘭を贈ることがあるときは、お好みの色やお住まいの国で人気の色を選んであげると喜ばれるでしょう。

胡蝶蘭の原産地としても有名なアジア圏

日本の胡蝶蘭は高品質ということで海外での評判は高いといわれています。
ですので日本からの贈り物として胡蝶蘭を贈ると、花もちの良さに驚かれるかもしれません。
また、ベトナムやインドネシア、マレーシアなど胡蝶蘭の原産地が多くあります。そのため生育環境が整っていることから、品質が高く評価が高いのでしょう。

胡蝶蘭の種類

胡蝶蘭の鉢植え

よく見かける大きな胡蝶蘭。他にはどのような種類があるのでしょうか。
見分け方としては大きさ(サイズ)と色の2つがあります。

大きさで見る胡蝶蘭の種類

胡蝶蘭には大きく3つの種類があります。
大輪、中輪(ミディ)、小輪(ミニ)で、一つひとつのお花の大きさを表します。

まず、ビジネスシーンで最もよく見られるのは大輪です。
大きさは手のひらサイズで寸法では11〜15cmほど、なんといっても圧巻のボリュームと存在感、豪華さが魅力です。
ビジネスシーンでは大輪サイズを選んでおけば、ほぼ間違いはないといえるでしょう。

続いて中輪(ミディ)はプライベート目的や小規模なお店、クリニックの開店・開業祝いに最適なサイズです。
大きさは大輪の半分ほどで3〜6cmほどです。
お花の大きさが胡蝶蘭全体のサイズ感に影響するため、大輪の胡蝶蘭はある程度のスペースが必要です。

そのため、ご自宅へ贈るなどのプライベート利用や、小規模な個人のお店、クリニックの開業ということであれば中輪(ミディ)サイズがおすすめです。
スペースもそこまで取らず、胡蝶蘭の華やかさは十分にもっています。
有名な品種では「アマビリス」があります。

最後に小輪(ミニ)サイズです。大きさとしては2〜4cmほどの小ぶりで可愛らしい胡蝶蘭です。
こちらもプライベート利用や自分の観賞用に購入されることが多く、デスクの上や自宅にちょこんと飾るととても癒やされます。
小ぶりですが、胡蝶蘭としての優雅さもしっかり兼ね備えているので和みますよ。

色で見る胡蝶蘭の種類

大きさ以外には色の種類があります。
白が定番色ですが、胡蝶蘭は実はとってもカラフルな植物ということをご存知でしょうか。
他の色についてご紹介します。

白だけじゃない!胡蝶蘭の色
ピンク:女性に好まれる色で、華やかな印象。母の日などに人気の色

黄:風水的に金運に恵まれる色として開業祝いなどに人気

青:男性にも好まれる、爽やかな色として人気。希少な存在

リップ:お花の弁が赤く周りが白いため紅白として縁起物カラー

他にも紫や、色んなカラーの株を寄せ植えしたミックスなどもあります。
また、もっと種類について知りたい方はこちらの記事も見てください。

色によって違う!胡蝶蘭の花言葉を知る

カラフルな胡蝶蘭

実は胡蝶蘭には、それぞれ色によって異なる花言葉があることを知っていましたか。
気持ちを添えて贈るギフトですから、意味を知らずに失礼になってしまったら申し訳ない気持ちになりますよね。
ここでは、さまざまなシーンに自信をもって胡蝶蘭を贈ってほしいからこそ、色別の花言葉をご紹介します。

胡蝶蘭共通の花言葉

共通の花言葉としては「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」はすでにご存知でしょう。
とても縁起がよく、素敵な花言葉ですよね。この花言葉があることも、胡蝶蘭があらゆるシーンで利用される理由のひとつといえます。

白い胡蝶蘭の花言葉

白の胡蝶蘭は「清純」

その意味から、結婚式のブーケや装飾に利用されたり、出産祝いなどでも親しまれています。何にも染まっていない真っ白なさまは、どんなシチュエーションにも合います。

飾る場所をよく知らなくてもハズレがない、どこにでも染まる色といえるでしょう。

ピンクの胡蝶蘭の花言葉

「あなたを愛します」という情熱的な花言葉があるピンクの胡蝶蘭。

この花言葉から連想されるところでは、男性からのプロポーズをする際に贈るお花としてぴったりですよね。

ピンクということから女性に人気のため、母の日や敬老の日などのシーンにも人気の色です。

黄色や青色そのほかの花言葉

黄色や青色の胡蝶蘭には特有の花言葉は、残念ながらありません。色自体の印象などから選ばれることが多いでしょう。

例えば、黄色であれば風水では金運を呼び込む色とされており、「商売繁盛」につながるとされ開店・開業祝いで人気です。

青色は希少で、どこでも手に入るものではありません。希少な胡蝶蘭を探して送ってくれたという気持ちが伝わりますよね。また、男性向けに贈られることも多いようです。

花言葉について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

お祝いギフトの定番、胡蝶蘭

ギフトカード

お花の種類はよく知らなくても、胡蝶蘭は知っているという方も多いのではないでしょうか。
それではなぜここまでお祝いギフトに胡蝶蘭が選ばれるのでしょうか。

胡蝶蘭がお祝いに贈られる理由

まずは、なんといっても見た目の華やかさ、優美さがあげられるでしょう。胡蝶蘭以上に豪華で見栄えのするお花を知っている人は少ないのではないでしょうか。お祝いの気持ちの大きさを表現しているといえます。

次いで、先述している通り縁起のいい花言葉があることです。日本人は縁起を担ぐことが好きなので、花言葉なども大切にされています。

また、お手入れのしやすさも大事なポイントです。高価なお花なだけにお手入れが大変なのではないか…と心配される方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

実は胡蝶蘭はお手入れがとってもかんたんなお花で、無精な方ほど長持ちさせられるありがたいものなんです。
2週間に一度の水やりと直射日光に当てないこと。これだけ気をつければ1〜3ヵ月はきれいなお花が楽しめるといわれています。

贈られる相手も嬉しいですよね。

胡蝶蘭を贈るタイミングは?

お祝いのシーンによって異なりますので、代表的なタイミングをご紹介します。

贈るタイミングとは
開業・開店・周年祝い : 前日まで

移転祝い : 業務開始日以降なるべく早め

就任・栄転祝い : 就任・栄転後の仏滅以外を避けてなるべく早め

母の日、誕生日 : 当日

就任、栄転などは各企業の発表タイミングや前任者がいらっしゃる場合などを配慮して、総務のご担当者へ事前に確認することをおすすめします。

胡蝶蘭ギフトの共通マナー

ギフトとして贈る際に気をつけたいマナーをいくつかご紹介します。

まずは奇数の茎数を選ぶこと(3本立て、5本立て)で、ご祝儀など同様に割り切れない数であることが大事です。

次いで、相場の予算をしっかり理解しておくことです。高価だから嬉しいというわけではなく、相場より高すぎると相手はお返しの負担が発生してしまいます。気遣いをさせることがないよう相応の予算で手配しましょう。

また、気持ちを添えるという点ではマナーということではありませんが、木札(またはメッセージカード)を添えることは忘れないようにしましょう。

誰から贈られたものか一目でわかるようにすることもビジネスでは大事です。またお花だけではなく気持ちを文章にして添えてあげるとよりお相手の印象に残ります。花の豪華さ、予算を気にするのではなく大事なのは気持ちなのです。

もっと詳しく予算について知りたい方はこちらの記事も参考にしてください、

シーン別オススメの胡蝶蘭の色は?

ピンクの胡蝶蘭

花言葉にちなんだおすすめの色は先述した通りに紹介しました。

それでは他にシーンにあわせたふさわしい色はあるのでしょうか。

ビジネスシーンには「定番の白」

定番の人気色は白です。好みなどの左右されない王道の人気色といえます。
お相手の好きな色、コーポレートカラーなど具体的な希望がなければ選んでまちがいなしといえるでしょう。

大輪白はサイズこそ大きいですが、雰囲気を壊さず、空間を広く魅せる効果もあります。
あまり窮屈感を感じさせないのも白の魅力の一つといえます。

胡蝶蘭5本立ち 50-58輪

HitoHana ¥33,000(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可

当選や伝統的なお祝い事には「リップ」

リップは紅白色で、日本では縁起のいい色でおなじみです。
競争ごとでおなじみの紅白戦のように勝負事でいい結果が得られたときに贈るともいわれています。
そのため、選挙の当選祝いや受賞の叙勲・褒賞祝いなどによく選ばれているお花です。

胡蝶蘭大輪 赤リップ 5本立ち 50-58輪

HitoHana ¥33,000(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可

母の日やプロポーズには「ピンク」

花言葉で伝えたとおり、愛や感謝を伝えたいシーンに最適です。
また、ピンクは女性に人気のためプレゼントなどに選びやすいでしょう。

胡蝶蘭の中でも、場の雰囲気を圧倒的に華やかにする色なのでパーティや結婚式など華やかなシーンにも最適ですよ。

胡蝶蘭大輪 ピンク 3本立ち 35-40輪

HitoHana ¥22,000(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可

開業・開店には「黄色」

黄色は金運の色とされていることから「商売繁盛」を連想させます。
新しくお店をはじめたり事業を始めるときにメッセージとして黄色の胡蝶蘭を贈って商売繁盛を祈願するのも素敵ですよね。

ピンク同様、色のある胡蝶蘭は場の雰囲気を明るく華やかにしてくれます。ビタミンカラーの黄色はまさにエールのように新しい門出をお祝いしてくれるシーンに似合うお花ですね。

胡蝶蘭 グリーンアース 5本立 50〜58輪

HitoHana ¥33,000(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可

長寿のお祝いは年齢によって色が異なる

長寿のお祝いに胡蝶蘭を選ぶときは、それぞれのご年齢にあった色を気にしてあげると喜ばれますよね。
年齢によって良いとされている色が異なりますのでしっかり知っておくと良いでしょう。

長寿祝いの色とは

還暦(60歳)                       :赤
古希(70歳)・喜寿(77歳)   :紫
傘寿(80歳)・米寿(88歳)    :金茶色、黄色
卒寿(90歳)                       :紫
白寿(99歳)・百寿(100歳) :白(百寿はピンクの場合も)

地域などによって風習が異なる場合もあるかもしれませんので参考にしてくださいね。

もっと詳しくシーンなどについて知りたい方はこちらの記事もあわせて読みましょう。

胡蝶蘭の値段は?相場をチェック!

ギフトカード

高価なイメージのある胡蝶蘭。お返しの負担などもあることから、高ければいいというわけではありません。
胡蝶蘭の相場価格と、目的別の相場予算などもしっかり踏まえて選びましょう。

数千円の手頃な値段の胡蝶蘭もある

デスクの上などにちょこんと飾れるとっても小さいサイズ。マイクロ胡蝶蘭があります。
お値段もお手頃で3,000〜5,000円位で購入できるので、ちょっとしたプレゼントとしてお財布に優しい金額ですよね。
小さいといっても、胡蝶蘭の華やかなお花の姿は変わりませんので、存在感があってかわいい存在です。

胡蝶蘭デビューにはぴったりかもしれません。

ギフトで贈る場合の相場は?

ギフトの場合はビジネスシーン、プライベートなどで少し異なります。
また、予算は相手との関係性というよりはギフトの用途によって相場があるのであくまで目安として見てもられば幸いです。

ビジネスの場合は企業内で取引先とお相手、目的ごとの予算があることが多いため、事前に社内を確認しておくことが良いでしょう。

プライベートの場合

個人では3,000円〜15,000円くらいが相場です。
複数人で渡す場合もあるでしょう。

ビジネスシーンの場合

ビジネスシーンでは5,000〜50,000円を目安にしてください。
お相手の企業規模、役職などで変わります。

詳しいシーン別の予算については以下の記事を参考にしてください。

お手入れ方法を知ろう!胡蝶蘭の基本の育て方

オレンジの胡蝶蘭

無精な人ほど長持ちさせられるという不思議な胡蝶蘭。どのようなことを気をつければよいのでしょうか。

胡蝶蘭を管理する場所や温度は?

注意したいことは「直射日光が当たらない」ことです。葉が日焼けしてしまい病気になってしまうからです。
適度な日差しは必要ですが、直射日光が当たらない風通しのいい場所を選んであげましょう。

具体的にはレースカーテン越しの窓辺や、家電の周辺、キッチンまわりなどがおすすめです。
家電の暖かさと水回りの湿度は胡蝶蘭の大好物です。

適度な温度は15〜25度です。特に寒さに弱いため、冬は10度以下にならないよう夜窓辺に置きっぱなしなどは避けてあげると良いですね。

胡蝶蘭の水はどれくらいあげれば良い?

原則として胡蝶蘭の植え込み材が乾燥したら水をあげるようにしてください。
目安としては季節によりますが1〜2週間ごとに植え込み材の状況をチェックすると良いでしょう。
表面だけではなく、指をしっかり植え込み材にいれて乾燥状況を確認してみましょう。

頻度にとらわれず、乾燥していたら水やりをする、この繰り返しです。
ですので夏は1週間ごとに、冬は2〜3週間もあくこともあるんですよ。

胡蝶蘭に肥料はあげるべき?

基本的には不要ですが、花が終わった後、生育期といわれる春においてはあげても大丈夫です。

気をつけることは、水分と同じなので肥料をあげたときには水やりは控えてくださいね。根腐れの原因になってしまいます。
また、開花中と冬の株が弱っている時期は逆効果になってしまうことから、あげないように気をつけましょう。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

胡蝶蘭の花が終わった後のお手入れ方法

植え替え

胡蝶蘭は花が全部落ちてしまったらおしまいなのでしょうか。
実は、植え替えをしてあげることで10年単位で楽しめるということをご存知でしょうか。長ければ50年もつともいわれています。
植え替え…といわれると難しく感じてしまうかもしれませんが、それほど大変ではありません。

植え替えとその後のお手入れについてご紹介しますね。

花が終わったら植え替えをしよう

最後の花が落ちてしまったら植え替えをしてみましょう。
それまでは、枯れてしまったお花を摘んできれいな状態にしてあげてください。
肉厚な葉も魅力のひとつなので全部枯れ終わった後、葉のアレンジなどもおすすめですよ!

胡蝶蘭の植え替え時期は?

植え替えに最適な時期は寒さが終わる4月がベストといわれています。
期間としては4〜6月は大丈夫ですよ。

胡蝶蘭は、寒い時期が苦手なため冬に植え替えをするのは避けてあげましょう。

植え替えに必要なものを揃えよう

植え替えに必要なものはホームセンターなどで簡単に入手できます!

植え替えに必要なもの
  • 用土(水苔、またはバーク)
  • 新しい鉢(水苔の場合、素焼き鉢・バークの場合、ポリポット)
  • ハサミ
  • 肥料

これだけ揃えば植え替えスタートです!

具体的な植え替え方法(水苔の場合)

  1. 花芽をハサミで切り、取り除きましょう
  2. 古い用土、根、黄色い葉など取り除きましょう。このとき根を傷つけないよう気をつけてください
  3. 湿らせた水苔を根に巻きつけて鉢にいれます
  4. 肥料をいれます。このときは根に直接肥料が触れないよう気をつけましょう

これで完成です!続いて植え替え後のお世話についてご説明します!
バークは方法が少し変わりますので下にある関連記事から確認してくださいね。

植え替え後の水、置き場所は?

植え替え後の水やりについては植え込み材によって変わります。
水苔の場合、植え替え後15日は水やりをせず、その後は10日おきに一度コップ一杯程度のお水
バークの場合、植え替え後7日は水やりをせず、その後は7日おきに一度コップ一杯程度のお水
をあげましょう。

置き場所はカーテン越しの暖かな窓辺が最適です。風通しの良い日陰もおすすめでいいですね。
直射日光だけ気をつけてあげれば4〜6月はすくすく育つ気候です。

もし、病気で仕方なく冬に植え替えをする場合は、10度以下にならないよう気をつけてあげてください。
ダンボールで冷気を抑えることも効果的です。
じゃあ暖房が直接当たるように…というのは避けてください!直接風が当たらないような場所を選んであげると胡蝶蘭はすくすく育ちますよ。

植え替えに関してはもっと詳しくこちらの記事で紹介しています!

胡蝶蘭が枯れてしまったかも?そんなときは

枯れた花

葉が黄色に変色した、そんなときは枯れた?花が一つもなければ枯れてる?など判断つかないことも多いですよね。
その見極め方について解説いたします。

まずは本当に枯れているか確かめよう!見極め方は?

簡単な見極めポイントは「葉」です。緑でつやつやした肉厚の葉が一枚でも残っていたら枯れていません。
まだ株は生きています。

また、根っこを見てみるのも良いでしょう。黒く変色していたり細々しくひからびた状態になっていたら枯れていますが、1本でも健康な根が残っていたらまだ枯れていないのです。

枯れたかな?と思った時に試したいこと

胡蝶蘭に最適な環境づくりをしてあげてください。
水やりは適切な頻度で行いましょう。また、置く場所は直射日光が当たらず、暖かな適度に湿気のある風通しの良い場所がおすすめです。
その環境において、しばらく様子を見てみるのも良いでしょう。
長く楽しめるお花なのでかんたんに諦めず楽しんでもらえたらいいですね。

もっと詳しく見たい方はこちらの記事を参考にしてください。

根腐れした胡蝶蘭を枯れさせずに復活させる方法

水やり

胡蝶蘭が枯れてしまう最も多い理由のひとつが「根腐れ」です。
根腐れとは、黒茶色ぽく変色していたり、スカスカの干からびている状態のことをあらわします。

それではどのようなときに根腐れをしてしまい、どのように対処したら良いのでしょうか。

胡蝶蘭の根腐れの原因

根腐れの主な原因は「水のあげすぎ」です。
大切にするあまりにたくさんお水をあげすぎてしまうという悲しい現象ですが、胡蝶蘭はそれくらい水のあげすぎには弱いものなのです。水をあげすぎてしまうと根が吸水しきれず、腐ってしまうという状態に陥ります。
また風通しの悪い環境にあると、通気性が悪く水がはけないため余計に根腐れを起こしてしまうこともあります。

根腐れを起こしたときは植え替えをしよう

根腐れを起こしてしまったら一番良いのは植え替えをすることです。
黒くなってしまっている原因の根を切り落とし、植替えをしましょう。

根の症状について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてくださいね。

必要なときは胡蝶蘭を処分しよう

植え替え

残念ながら枯れてしまって、植え替えができない場合は上手にお別れをしてあげましょう。
お別れの方法は自分で処分する、業者に委託するの2通りの選択肢があります。

胡蝶蘭の分別・捨て方

自分で処分する場合の対応をご紹介します。

  1. バラバラにする:花茎、葉、根、支柱など大きなものはすべて小さく小分けにしてください
  2. ゴミを分別する:植え込み材の種類によって異なります。水苔は水分を絞って捨てましょう
  3. 地域のルールに則り廃棄する:ポリポット鉢や素焼き鉢などゴミのルールを確認しましょう

なるべく小さくして、地域のルールに従って捨てれば問題ありません。支柱など大きくてかさばるものは危ないのでハサミなどで小さく切っておくことも必要です。

手間はかかりますが、費用がかからないのでコストを抑えたい方にはおすすめです。

業者の引き取りサービスも

自分で行う時間がない…という場合は費用は発生しますが、業者さんへ委託することも選択肢の一つです。すべておまかせできるので、時間がない方におすすめです。

  1. 業者をさがす:発送、または引取など各社ルールが異なります。対象地域であるかも確認の上、探してみるのが良いでしょう。必要ならば問い合わせして確認することをおすすめします
  2. 引取・発送手配:引き取りの場合なら日程の確認、発送なら梱包条件など確認しましょう。またその際に引き取り費用や発送費用、梱包材など細かな条件を確認しておきましょう

引取無料になるケースもありますのでお住まいの地域で優しい業者さんが見つかるといいですね。また、発送元のお花屋さんによっては自社の胡蝶蘭なら引取サービスまで行ってくれるところもあります。

引取等について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

まとめ

胡蝶蘭について基礎的な情報からお手入れ、ギフトのマナー、引取、植え替えまで一気にご紹介させていただきました。胡蝶蘭についてはほぼ理解したといっても過言じゃないと思いますよ!

高価でなかなか自分でお世話する機会がないかもしれませんが、小ぶりでかわいい胡蝶蘭もあります。記事を読んでくださったことをきっかけに「高価で高嶺の胡蝶蘭」ではなく「もっと身近なかわいい胡蝶蘭」としてかわいがってくださるとうれしいです。

もしお持ちになるケースがあれば、ぜひこの記事を参考に長くきれいなお花が楽しめますように。

目次
閉じる