MENU

これだけは気をつけたい。胡蝶蘭を贈るときの「マナー」と「タブー」

法人のギフトや敬老の日、母の日など大切な機会に贈られることの多い胡蝶蘭。実は胡蝶蘭を贈るときのタブーがあるってご存知ですか?お値段としてもけっして安くない胡蝶蘭を、特に法人ギフトとして贈るときは知らないとまずいですよね!しっかりポイントを抑えてせっかくの気持ちを大切に届けられたら嬉しいです。

相手のシーンにあわせた贈り方で胡蝶蘭を贈ろう

胡蝶蘭マナー-1 お祝い花といえば胡蝶蘭と言われるほど、就任や昇進、移転、お店の開店祝いなどのビジネスシーンや結婚祝いや出産祝い、誕生日祝い、母の日の個人への贈り物まで、お祝いに贈る花といえば胡蝶蘭が定番となっています。

お祝いの際に贈ることが多い胡蝶蘭だからこそ、贈る相手に悪い印象を与えたくないもの。 実は胡蝶蘭を贈る際に気をつけなくてはいけないマナーやタブーが存在するのです。

贈るタイミングや時間帯、細かい気配りなど相手のシーンにあわせた贈り方で胡蝶蘭を贈りましょう。

そもそもなぜ祝い花に「胡蝶蘭」が選ばれるのか?

胡蝶蘭マナー-2 なぜお祝い花に胡蝶蘭が選ばれることが多いのでしょうか? 胡蝶蘭が選ばれるのには5つの理由があります。

胡蝶蘭が選ばれる5つの理由
  1. 見た目が華やかでお祝い向き 大きな花と品のある色はお祝いごとにぴったりの華やかさがあります。
  2. お手入れが簡単で花持ちがいい 胡蝶蘭は簡単な手入れでも2〜3ヶ月はもつと言われていて、長く楽しめるのが魅力です。
  3. 香り、花粉が少ない 香りも強くなく、花粉も少ないことで、場所やシーンを選ばず色々な場面で贈られます。
  4. 季節を選ばない 胡蝶蘭は1年中栽培されており、季節や時期を選ばず選択できるのが贈りやすいですね。
  5. 縁起がいい花言葉 胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」、鉢植えは「根付く」という意味なので、 鉢植えの胡蝶蘭は幸せが定着すると言われており、縁起がよいと選ばれています。 他にも「純粋な愛」という花言葉ももっています。

特にビジネスシーンにおいて胡蝶蘭を贈る、贈られることが多いです。贈る側としては立て札に会社名を記載することでアピールになりますし、感謝の気持ちや大切な想いを表現するいい機会です。 贈られる側としては、届いた胡蝶蘭の数が多いと会社として交流関係の広さを訪問客にアピールできるなどのメリットがあります。

胡蝶蘭を贈るときのマナーや気をつけたいこと

胡蝶蘭マナー-3 胡蝶蘭を選び、実際に贈る際に気をつけたい点やマナーを知っておきましょう。

奇数の本数を贈る

日本では昔から奇数は縁起がいいと言われており、胡蝶蘭に限らず様々なところで奇数が使われてきました。特にお祝いごとの場合「割れない数」として使われることが多く、胡蝶蘭の場合も本数を奇数に揃えることが多いです。人気なのは3本立ての胡蝶蘭、ワンランク上の胡蝶蘭を贈りたいシーンでは5本立て、10本立てなどを利用しましょう。

胡蝶蘭を贈るスペースと大きさ

胡蝶蘭の鉢植えはそれなりの大きさになるため、それを置けるだけのスペースが必要なります。 エントランスのあまり大きくないオフィスや軒先にスペースのないお店などでは置き場所に困り、逆に悪い印象を与えてしまうこともあります。事前にスペースの確認や相手へ連絡して確認することが大切になります。

もし鉢植えの胡蝶蘭を置ける場所がない場合は、受付の上や棚などにおけるサイズの方が喜ばれます。

胡蝶蘭の相場

贈るシーンに応じて胡蝶蘭の相場はこのようなものが一般的です。 心配な場合はワンランク上の胡蝶蘭を選んでおけば問題ないです。

会社関係の場合

  • 一般的:3万円程度
  • 大企業:3万円〜5万円程度
  • 昇進・就任:3万円〜5万円程度
  • 上場祝い:3万円以上
個人の場合

  • 友達や恋人へのプレゼント:3千円〜1万5千円程度
  • 知人へのお祝い:2万円〜3万円程度
  • 家族や親戚へのお祝い:2万円〜5万円程度

より細かいシーン別の金額感、相場は下記の記事を参考にしてください

贈る時間帯

お届けするのは当日の午前中が一般的ですが、当日は何かと忙しい場合もあります。 その場合は、イベントの1週間前〜前日までに贈るのがよいとされています。相手の状況がわからず悩んだ際は相手に連絡し、事前に相談しておくとよいでしょう。

お祝いするタイミングが遅れたらどうする?

お祝いごとを知るのが遅くなり、手配するのが遅くなってしまった! そんなときは、祈御発展として贈るのがよいとされていますので、表書きに祈御発展にして贈りましょう。

胡蝶蘭の種類

胡蝶蘭の花の大きさは、大輪・中輪・小輪の3種類があり、大きいほど華やかで特別感があります。ビジネスシーンでは、白の大輪がよく選ばれます。最近だと白と赤がまじった色の紅白の胡蝶蘭や化粧蘭と言われる白い大輪の胡蝶蘭の花びらに文字やイラストを印刷したものも選ばれるようになりました。

個人のお祝いには、設置スペースの都合上、中輪や小輪の場所をとらない胡蝶蘭がよく選ばれます。色や花の本数などは個人の好みにあわせて選んであげるとよいでしょう。

胡蝶蘭の色

一般的に白の胡蝶蘭を贈ることが多く、胡蝶蘭=白のイメージが強いかと思いますが、 胡蝶蘭には赤(ピンク)、黄、紫・・など、白以外の色の選択肢があり、色々な色が混ざったミックスと言われるものや珍しい青色などの色もあります。 それぞれ色にあったシーンにあった胡蝶蘭を選ぶことができるので、相手にあわせてシーンをイメージしながら選ぶとよいです。

1 2
よかったらシェアしてね!