MENU

オクラの育て方・栽培方法|初心者でもできる育て方のコツ

オクラはネバネバ食感が特徴の、女性にも人気の夏野菜のひとつです。5~6月に種まきや苗植えし、7~10月初旬まで収穫できます。オクラと相性の良いコンパニオンプランツを利用すれば、病気発生の抑制・害虫忌避、収穫アップに効果を発揮します。

オクラの基本情報

オクラの基本情報

オクラは、ネバネバ食感が特徴の、夏野菜のひとつです。切り口が五角形の角オクラや丸形の丸オクラなど、さまざまな品種があります。オクラは比較的育てやすく、収穫量も多いのでガーデニングでも人気です。

科・属アオイ科アオイ属
和名オクラ / アメリカネリ
英名Okra、Gombo
学名Abelmoschus esculentus Moench
原産地東北アフリカ

オクラの種類・品種

オクラは、形状や色合いなどによりさまざまな品種があります。品種によって育て方に大きな差異はないので、好きな種類のオクラを栽培できます。

角オクラ

一般的に市場に出回っている五角オクラ

ピークファイブ

小葉で草丈が低く、倒伏しにくい早生。肉厚で上質のオクラが特徴

アーリーファイブ

莢が濃緑色で、曲がりが少ない極早生。稜角がはっきりしているのが特徴

ベターファイブ

莢がツヤのある緑色で、密植・早熟栽培に適した極早生、家庭菜園でも人気

平城グリーン

莢が緑色で、収穫が遅れても硬くなりにくく、秀品率が高い品種

ダビデの星

切り口が多角(八角)形になり、長さ7~8cm・太さ3~4cmになる特殊な品種

赤オクラ

莢が赤色、茹でると緑色に

ベニー

莢が産毛で覆われ、赤紫色をした角オクラ。彩り良くサラダなどに利用される

丸オクラ

角がない莢が丸いオクラ ※島オクラは沖縄などの南部地域で栽培されている

まるみちゃん

莢は濃緑色でツヤがあり、硬くなりにくく、15~18cmと長めなのが特徴

みどり丸ノ助

小~大まで長く収穫できるのが特徴

エメラルドグリーン

実がやわらかく味が良いのが特徴。育てやすいので家庭菜園向き

花オクラ

アオイ科トロロアオイ属、花びらにオクラのように粘りがあり食用としても利用

オクラの栄養価

オクラは、食物繊維やβカロテンをはじめ、カリウム・カルシウムも豊富に含んでいます。オクラの特徴でもあるネバネバの成分は、ガラクタン・アラバン・ペクチンという食物繊維です。特にペクチンは、コレステロールを排出し、整腸作用を促します。便秘の解消や大腸がんを予防します。

βカロテン

免疫賦活作用や抗酸化作用のほか、体内でビタミンAに変換され、視力や髪・皮膚や粘膜の健康を維持

カリウム

体内の余計な塩分を排出、血圧を下げるための栄養素、高血圧を予防

カルシウム

骨を生成するのに大切な要素で骨を丈夫にし、神経組織にも働きかけイライラを解消

オクラ栽培に最適な環境

オクラ栽培に最適な環境

オクラ栽培に最適な環境は、日当たりが良く、水はけのよい土壌が揃っていることです。栽培に適した環境であれば、多くの収穫が期待できます。オクラは高温性の夏野菜なので、暑さには強いですが寒さには弱いという特徴があります。オクラをうまく育てるには、オクラの特徴に合った最適な環境が必要です。

日当たり・置き場所

オクラ栽培の適温は、発芽地温が25~30度、生育適温が20~30度です。オクラは暑さに強いため、強い日差しでも枯れることはありません。しかし、寒さには弱いため、15度を下回ると発育が悪くなり、10度以下の場所ではオクラは生育しません。夏場は日当たりが良く、風通しの良い場所で、冬場は日当たりのよい室内に置くなど工夫しましょう。

用土

オクラ栽培に適しているのは、pH6.0~6.5の弱酸性の用土です。酸性の土壌はオクラ栽培に適していません。そして水はけが良いことも大切です。プランターで育てる場合は、市販の野菜用培養土を利用しましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,080 (2021/06/29 14:38時点 | Amazon調べ)
\Amazon Sale実施中!/
Amazon

種の選び方

オクラはたくさんの種類があり、品種によりさまざまな種が販売されています。多くの品種の中から種を選ぶには、オクラを育てる地域や場所に適している品種かどうかです。品種の特徴を知り、育てる環境に適している種を選びましょう。小葉で草丈が低いものであれば、プランターなどでベランダ菜園もできます。

オクラの育て方・栽培方法

オクラの育て方・栽培方法

オクラは、地植えやプランター・鉢植えなどの家庭菜園まで、初心者でも安心して育てられます。オクラ栽培の基本作業、土壌作り~苗植え・種まき~水や肥料やりなどのポイントをおさえれば、人夏野菜でも気のオクラを収穫できます。品種によっては、夏から初秋くらいまで収穫を楽しめます。

1 2
よかったらシェアしてね!