MENU

胡蝶蘭の花言葉はどんな意味 ?色別の意味や適したシーンもご紹介

お祝いごとに贈られるイメージが強い胡蝶蘭。お花を贈るとき、お花をいただいたとき、誰もが気になるのは「この花にはどんな意味があるのか?」ということではないでしょうか。 また、冠婚葬祭にはシーン特有のマナーが付き物ですから、「この花の持つ意味は贈るシーンに適しているのだろうか?マナー違反になっていないだろうか?」など贈る側の立場だとなおさら気になるものですよね。 この記事では胡蝶蘭が持つ花言葉や色別の意味、花言葉に適したシーンなどをまとめてご紹介します。

胡蝶蘭の名前の由来

白い輪の胡蝶蘭
胡蝶蘭という名前にはそもそもどのような由来があるのでしょうか?胡蝶とは昆虫のチョウのこと、蘭(ラン)はお花の種類のことであり、「花の形が白いチョウが舞っているかのように見える蘭」ということで「胡蝶蘭」と名付けられたと言われています。 一般的にイメージされる白の胡蝶蘭は確かにチョウチョが舞っているように華やかで美しいですよね。 また、胡蝶蘭は英語で「Phalaenopsis(ファレノプレシス)」と呼ばれますが、ギリシャ語で「Phalaena(ファラエナ)」は昆虫の蛾(ガ)、「Opsis(オプシス)」は「〜に似た」という意味を持っており、日本語と同様の語源を持っています。

胡蝶蘭が持つ花言葉

白い胡蝶蘭一茎

花言葉とは

古来から人は、お花の見た目や特質をもとに象徴的な意味を持たせ、相手に向けたメッセージを込めて贈答品として用いました。 この「お花それぞれの持つ象徴的な意味」のことを花言葉と言います。有名なものだと、赤いバラが「あなたを愛しています」、オリーブが「平和」といった花言葉を持っています。また同じお花でも色ごとに異なる花言葉を持っている場合もあります。

胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」という花言葉を持っています。名前の由来でもご紹介したように、その姿をチョウが舞っているかのように見えることから、幸せがひらひらと舞い込んでくることを連想させたのでしょう。 また、これは胡蝶蘭全体に共通する花言葉で、色ごとには異なる意味も持っています。この先の章で色別の花言葉についてもご紹介しています。

英語の花言葉

西洋にも花言葉が存在するのをご存知でしょうか?花言葉は英語で「Language of flower」と呼ばれますが、胡蝶蘭には「Gaiety(陽気)」という花言葉があります。 西洋では日本の花言葉とは少し異なった印象を持たれているようですね。 ちなみに、胡蝶蘭を含む蘭(Orchid/オーキッド)には「love(愛情)」「beauty(美)」「luxury(高級、豪華さ)」「refinement(上品、優雅)」といった花言葉があります。 こちらの方が胡蝶蘭と近しい意味を持っているようです。

色別の花言葉

カラフルな胡蝶蘭
ここからは胡蝶蘭が色別に持つ花言葉をご紹介します。

白い胡蝶蘭

白い胡蝶蘭には「清純」という花言葉があります。胡蝶蘭といえば白というほど定番の色。特に胡蝶蘭の白はまさに真っ白と言えるような、透き通る白ですよね。白といえば白無垢などが連想されることもあり、結婚式や結婚祝いのお花にぴったりです。 また白は定番の色であり、葬儀などお悔やみの気持ちを示す際にも適した色ですので、冠婚葬祭のあらゆるシーンに適した色と言えます。

ピンクの胡蝶蘭

ピンクの胡蝶蘭には「あなたを愛します」という花言葉があります。花言葉からもその鮮やかなピンクからも、告白やプロポーズなどのシーンにぴったりな色です。また、恋人同士でなくても 家族やご友人への親愛を示すのにも向いていますので、母の日などで女性に向けた贈り物として贈ってみてはいかがでしょうか。

青い胡蝶蘭

青の胡蝶蘭には「愛」「尊敬」という花言葉があります。青い胡蝶蘭は2012年に千葉大学と石原産業の共同研究によって開発された新しい品種です。胡蝶蘭としては珍しい色で特別感を演出できる色です。また、青は男女問わず好まれる色ですので、ご友人や家族への特別な贈り物として選んでみてはいかがでしょうか。

その他の色の胡蝶蘭(紫、黄色、赤リップなど)

胡蝶蘭には、これまでに紹介した色以外にも、比較的メジャーな赤リップ(紅白)や紫、黄色など様々な珍しい色があります。ただ、白・ピンク・青以外の色にはまだ花言葉は存在しないようです。 色ごとの花言葉は存在しませんが、胡蝶蘭に共通する「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」という意味は持っていますので、お祝いごとなどの贈り物として贈っても全く問題ありません。 黄色は幸福や平和を象徴する色ですし、紫は上品で高貴なイメージを持っています。お花を贈るシーンや相手との関係性を踏まえて、珍しく美しい色の胡蝶蘭を選んでみてはいかがでしょうか。

黄色は金運の色

HitoHana 

胡蝶蘭大輪グリーンアース 5本立ち 50~58輪前後
¥33,000
(税込)

花言葉に適したシーンは?

ギフト
贈り物のシーンではマナーを押さえて、相手の気持ちに寄り添ったものを贈りたいもの。ここからは、お花を贈るシーンに合った花言葉の胡蝶蘭をご紹介します。

法人・ビジネスシーンのお祝いごと

胡蝶蘭が贈られる定番のシーンと言えば法人・ビジネスシーンのお祝いごと。胡蝶蘭の持つ「幸福が飛んでくる」という意味はお祝いのシーンにぴったりです。 開業・開店祝い、移転・増床祝い、就任祝いなどお取引先のおめでたい出来事にはぜひお祝いの気持ちとともに胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。 また、法人のお祝いごとには白の胡蝶蘭がよく選ばれます。最近だと、白以外にも紅白の取り合わせがお祝いごとを演出できる赤リップや、黄色・ピンクなどの珍しい色も出てきているので、お取引先やご担当者のことを思い浮かべて色を選んでみてはいかがでしょうか。

人気の胡蝶蘭

花言葉や華やかさとしては法人の贈り物にぴったりですが、贈り物としてのマナーを守って贈る必要があります
1 2 3
よかったらシェアしてね!