MENU

4月17日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説

目次

4月17日の誕生花:アヤメ(アイリス)

4月17日の誕生花:アヤメ(アイリス)

アヤメは日本全土から東北アジアに分布する多年草の植物です。湿地帯の植物のように思われがちですが、高原や低い山の日当たりのよい草原に群生しています。耐寒性や耐暑性があるので観賞や盆栽に使われます。花の色は多様で、よく見かけるのは紫や青ですが、ほかに黄色・オレンジ・白・ピンクがあります。

茎は40~50cmで直立し、茎に花びらが垂れ下がり(外花被片)、網目模様になっているのが特徴です。また全草、根茎、樹液に毒性があり、皮膚炎、嘔吐、下痢、胃腸炎を起こすことがありますが、薬草として治療にも使われます。

アイリスを国花にしているのはフランスで、クロアチアではアイリスの一種のペルニカを、ヨルダンではブラックアイリスで、西洋でも人気のある花です。

アヤメ(アイリス)の花言葉

アヤメ全般では「よい便り」や「メッセージ」、さらに「希望」の花言葉があります。

花言葉はギリシャ神話に由来しています。王ゼウスの侍女イリスは王ゼウスの度々の求愛に困り、王ゼウスの妻ヘラに相談しました。女神ヘラはイリスを虹の橋を渡り、神々の使者となる女神に変えました。アイリスはギリシャ語で「虹」を意味し、イリスが虹を渡って便りを届けるということから、よい便りなど希望を伝える花言葉になりました。

英語では Irisと書きます。 西洋の花言葉は、message(伝言、メッセージ)・hope(希望)・faith(信頼 )・friendship(友情)・wisdom(知恵・賢さ)です。

アヤメ(アイリス)が誕生花の日

アヤメは4月17日のほかに、5月5日・5月10日・6月6日の誕生花です。

アヤメ(アイリス)の季節・開花時期

アヤメの旬の季節は春で、開花は5月が最盛期です。

4月17日の誕生花:ポトス

4月17日の誕生花:ポトス

ポトスは園芸名で、和名は黄金葛(オウゴンカズラ)です。原産地は、ソロモン諸島や東南アジアです。つる性の植物で、はい上がるように上へ延びます。主に観賞用では幼葉のものが多いですが、成葉になると葉に切れ込みが入ります。小さな鉢から大株の鉢まで、手軽に育てられる観葉植物として人気があります。

品種では「ライム」は葉がきれいな黄緑一色、「マーブルクィーン」は緑色の葉に白いマーブル模様、「ポトス・エンジョイ」は葉に緑色の白い斑が入ります。

ポトスの花言葉

ポトスの花言葉は、長い幸・永遠の富・華やかな明るさです。

黄金葛(オウゴンカズラ)は学名「エピプレムヌム・アウレウム」です。アウレウムは黄金色のことですので、花言葉もこれに由来しています。

ポトスが誕生花の日

ポトスが誕生花の日は4月17日です。

ポトスの季節・開花時期

ポトスは周年いつでも出まわっていますが、花は成株にならないと咲きません。

4月17日の誕生花:ラークスパー

4月17日の誕生花:ラークスパー

ラークスパーは別名千鳥草(チドリソウ)や飛燕草(ヒエンソウ)と呼ばれています。英名はLarkspur(ラークスパー)で、花の形が千鳥や燕(ヒバリ)が飛び立つ姿に似ていることからつけられました。ラークスパーのlarkは燕、spurは蹴り爪を意味しています。

花の色は青・紫・ピンク・白、咲き方は一重咲き・八重咲きがあります。キンポウゲ科の1年草で、ヨーロッパ南部から地中海地域を原産とします。ラークスパーは茎に小花がたくさんつきますが、鮮やかな青色や淡い色は、アレンジメントでほかの花を引き立てます。また、花壇などでもよく使われる花です。

ラークスパーの花言葉

ラークスパーの花言葉は「陽気」と「快活」です。

花言葉の由来

花の形が千鳥やヒバリの飛びたつ姿に似ていることから、楽しく飛びまわっているようすを連想して花言葉になりました。

ラークスパーが誕生花の日

ラークスパーは4月17日のほかに5月21日・7月26日の誕生花です。

ラークスパーの季節・開花時期

ラークスパーは初夏の花で、開花時期は 5~7月です。

4月17日の誕生花:カキツバタ(燕子花)

4月17日の誕生花:カキツバタ

カキツバタは日本・朝鮮半島・中国・シベリアと東アジア温帯地帯に分布し、湿地帯に生育する多年草の直物です。花の色は、紫・青紫・白です。

日本では平安時代に栽培され始め、花の汁が染料に使われていたため「書き付け花(カキツケハナ)」と呼ばれ、転じて和名の「カキツバタ」となりました。また、漢字では「燕子花」と書き、飛んでいるツバメを連想させることからつきました。別名でカオヨグザ・カオヨバナ・カキツがあります。

アヤメとカキツバタ、ハナショウブは同じアヤメ科でとてもよく似ています。アヤメは花びらに網目模様があり、草原などの乾地に生息しますが、カキツバタやハナショウブは花びらに模様はなく、湿地に生息します。また、カキツバタは花の付け根が白色ですが、ハナショウブは黄色です。

カキツバタ(燕子花)の花言葉

カキツバタの花言葉は、幸福が来る・幸せはあなたのもの・贈り物のほかに、高貴・思慕があります。

カキツバタの花言葉「幸福が来る」は、万葉集にある「住吉(すみのえ)の 浅沢小野の かきつはた 衣に摺り付け 着む日 知らずも」の句に由来しています。カキツバタで染めた衣装で、妻を迎えるのはいつのことだろう、幸せが待ちどおしいとうたった句です。

カキツバタを含むアヤメ(Iris)全体で、西洋の花言葉がつけられています。message(伝言)・hope(希望)・faith(信頼)・friendship(友情)・wisdom(知恵、賢さ)です。

カキツバタ(燕子花)が誕生花の日

カキツバタが誕生花の日は4月17日のほかに、4月29日と5月13日です。

カキツバタ(燕子花)の季節・開花時期

カキツバタは春から初夏の花、開花時期は5から6月です。

4月17日生まれの偉人・有名人

4月17日生まれの偉人・有名人

4月17日生まれの有名人は、国内外で多数います。海外ではタークシン(1734年、タイ王)、アレクサンダー・カートライト(1820年、現代野球立設者)。日本では藤城清治(1924年、影絵作家)、畑正憲(1935年、作家・動物学者、ムツゴロウさんの愛称)、高見沢俊彦(1954年、ミュージシャン、THE ALFEE)などたくさんの有名人がいます。

4月17日は何の日?

4月17日は何の日?

4月17日は多数の記念日が制定されています。ハローワークの日(職業紹介所から公共職業安定所に改称)、世界血友病の日(世界血友病連盟を設立したフランク・シュネーベル氏の誕生日を記念した)、 クイーンの日(Queenの日、イギリスのロックバンドQueen初来日)、なすび記念日(4よ1い7なす)、家康忌(家康の命日)などです。ちなみに、徳川家康はナスが好物だったそうです。

出来事では、アメリカ独立戦争でマルティニーク海戦が勃発、植民地シリアがフランスから独立、アポロ13号が宇宙飛行から地球に帰還。前安倍晋三首相が訪米しトランプ大統領と日米首脳会談をした日でもあります。

まとめ

4月17日の誕生花には、アヤメ(アイリス)・ポトス・ラークスパー・カキツバタ、ほかにハナビシソウやユスラウメなどがあります。誕生花は万葉集に使われていたり、ギリシャ神話に由来していたりと、その花にまつわるエピソードも奥深いものがあります。大切な方のお祝いに、花言葉やその日あった出来事など一言添えてプレゼントするのも素敵ですね。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる