金のなる木を植え替えよう。適切な時期とポイントも解説

2020 11/19
金のなる木を植え替えよう。適切な時期とポイントも解説

金のなる木は丈夫で育てやすい植物です。しかし、長期にわたって同じ鉢で育て続けると、さまざまな問題が発生します。健やかに育てるには、植え替えが必要です。植え替えが必要となる時期や、正しいやり方を見ていきましょう。

目次

金のなる木の植え替えをしよう

金のなる木の植え替えをしよう

金のなる木を丈夫に育てるには、適切な時期に植え替えることが大事です。植え替えが必要になる理由や、植え替えの頻度を紹介します。

植え替えをする理由

植え替えをする主な理由は、『根の手入れ』と『古くなった土の入れ替え』の二つがあげられます。

多くの新芽が伸び、葉がよく茂っていれば、それだけ根も成長している証拠です。ずっと同じ鉢植えで育て続けると、鉢の内部が根でいっぱいになってしまいます。

そのままにしておくと根が窒息し生育の妨げになるので、一回り大きな鉢に植え替えて根の成長に必要なスペースを確保しましょう。

また、古くなった土には有害な微生物や病原菌などが発生することがあります。古い土をまるごと入れ替えリフレッシュさせられるところも、定期的に植え替えたい理由の一つです。

植え替えの頻度

植え替えの目安は、『2~3年に1度』です。土が古くなったタイミングで植え替えをします。

ほかにも、葉が落ちたり新しい葉が出てこない場合、根にトラブルが起きている可能性があるので植え替えを検討するとよいでしょう。

また、小さいビニールポットの苗を購入した場合、購入後はできるだけ早く『一回り大きな鉢』に植え替えて育てることをおすすめします。

株の大きさと鉢の大きさが見合わなくなってきたら、植え替えの時期が来たと判断しましょう。

植え替え時期と方法は?

植え替え時期と方法は?

植え替えは植物の成長のために欠かせませんが、いつでもよいわけではありません。間違ったタイミングで植え替えると、株を弱らせてしまうことがあるのです。

植え替えにおすすめな時期や、正しい方法を紹介します。

植え替えの時期は4~6月がおすすめ

根は植物が生きていくために重要な部分です。不適切な時期に植え替えをすると根を弱らせてしまうことがあるので、植え替えの時期に注意しましょう。

金のなる木の生育期は、4~10月です。冬場は休眠期に入るので、植え替えはしません。休眠期に根をいじると株に負担を与え、最悪の場合、枯れてしまうことがあります。

よく生育する時期に植え替えをした方が早く回復するので、『4~6月』の植え替えがおすすめです。暖かくなって、新しい芽が伸びだした頃合いを見計らって植え替えましょう。

伸び過ぎた根は鉢に合わせて切る

生育期は根が盛んに伸びて、株を成長させます。長期間、伸び過ぎた根を放っておくと絡まってしまうので、伸びた根を切って絡まりをほぐしてあげましょう。

健康的な根は白い色をしています。古くなって黒ずんだ根は、取り除きましょう。

根を切る場合、葉の分量も調整します。一度に根と葉を切ると株に負担を与えることがあるので、できれば『植え替えの1週間前』までに剪定を済ませましょう。

根と葉のバランスを整えるとスムーズに光合成しやすく、植物の成長を助けます。根を切る前に、葉を剪定しておくとよいでしょう。

失敗しないためのポイント

失敗しないためのポイント

タイミングを選んで植え替えをしても、注意点を守らないと植物を弱らせてしまうことがあります。植え替えは植物に負担がかかるものなので、一歩間違うと枯れてしまうかもしれません。

失敗せずに植え替えるために、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

植え替え後の水やりは芽が出てから

植え替えの後、すぐに水やりをするのはNGです。切り口に雑菌が繁殖しやすく、根に負担を与えることがあります。

金のなる木は葉や茎に水をためておける性質を持っているので、植え替えが終わったら『2週間程度は水やりを控える』とよいでしょう。

2週間程度たつと根が定着し、新芽が伸び始めます。新しい芽が出てきたことを確認してから水やりをすると、失敗が少ないです。

土は水はけの良いものを選ぶ

金のなる木は多肉植物です。過度な加湿に弱い性質を持っているので、年間を通して水を与える頻度に注意しながら育てます。

水やりの頻度だけでなく、用土に気を遣うことも大事です。水はけが悪い土に植えると、根腐れを起こしてしまうかもしれません。

植え替えに使用する土は、多肉植物用として市販されている用土がおすすめです。自分で配合したい場合、『赤玉土5、腐葉土3、パーライト2』の割合を目安に、水はけの良い土を作りましょう。

大きくなり過ぎた場合

金のなる木は、環境さえ合っていれば1~3mの大きさに育つこともある植物です。コンパクトに仕立てたい場合、伸び過ぎた部分を剪定し一回り小さな鉢に植え替えましょう。

小さく仕立て直したいときは、4月頃に『全体の1/3まで』剪定します。急に半分以下の大きさにすると株に大きなダメージを与えてしまうことがあるので、注意しましょう。

剪定後、すぐに植え替えずに1週間程度の時間を置いてから、新しい用土で植え替えます。その際、根についた土を全て落とさず、半分程度はもとの土がついているようにするとよいでしょう。

まとめ

金のなる木を丈夫に育てるには、2~3年に1度は植え替えをしましょう。植え替えする理由は、古い根を整理し、土を入れ替えてリフレッシュさせるためです。

生育が盛んな4~6月に植え替えると早く根付きやすく、株への負担を減らせます。植え替え後は、2週間程度たってから水やりをすると根腐れを防げるでしょう。

また、大きくなり過ぎた株はあらかじめ剪定してから植え替えると、コンパクトに育てられます。

目次
閉じる