MENU

ネモフィラの育て方|必要な準備、種まき、増やし方、害虫対策も解説

ネモフィラの育て方|必要な準備、種まき、増やし方、害虫対策も解説

春になると真っ青に広がるネモフィラ畑がフォトスポットとして人気になりますね!自然に枝分かれして増えながら花を咲かすので、ご家庭の花壇などにおすすめです。ネモフィラの育て方や増やし方について解説します。

目次

ネモフィラを育てる前に知っておきたいこと

ネモフィラを育てる前に知っておきたいこと

ネモフィラの基本情報・特徴

科・属ムラサキ科ネモフィラ属
和名瑠璃唐草(ルリカラクサ)
英名Baby blue eyes, Nemophila
学名Nemophila menziesii
花の色青、紫、白、複色
原産地北アメリカ
開花期4~5月

ネモフィラは北アメリカが原産の一年草で、美しい青色の花を咲かせます。草丈は10~20cmm、花径は2~3cmと小ぶりな植物ですが、匍匐性があり、剪定の仕方次第ではどんどん横に成長し、たくさんの花を咲かせます。花壇はもちろん、グランドカバーとしても使うことができます。

ネモフィラの花言葉

ネモフィラ全体の花言葉は「どこでも成功」「可憐」「あなたを許す」です。

それぞれの花言葉の由来はこちらの記事で詳しく紹介しています!

ネモフィラの種類

インシグニス・ブルー

インシグニス・ブルー

「ネモフィラ メンジーシー」とも呼ばれる、ネモフィラの代表的な品種です。後ほどご紹介する全国のネモフィラ畑といえば、このインシグニス ブルーを指すことが多いでしょう。4~5月頃にかけて咲きます。淡いブルーの花びらで中心が白く、コントラストが美しい品種です。

インシグニスホワイト

インシグニスホワイト

白色の花を咲かせるインシグニスホワイト。基本的には真っ白な花びらですが、ごくまれに青色の絞りが入ることがあります。安定して白い花を咲かせるのは難しく、日本での流通は少ないようです。ネモフィラ畑では定番のインシグニスブルーに混じって、青い色素を失ってまれにインシグニスホワイトが咲くようです。四つ葉のクローバーのように、見つけられたら幸運が訪れそうですね!

ネモフィラ ペニーブラック

ネモフィラ ペニーブラック

黒にも見える濃紺の花びらに白い縁取りがあるシックな印象のネモフィラです。花径は1㎝程しかなく、ネモフィラの中で一番小さな品種です。株がコンパクトにまとまるので、花壇のワンポイントとしてもおすすめです。

ネモフィラ ファイブスポット

ネモフィラ ファイブスポット

「ネモフィラ・マクラータ」とも呼ばれます。ファイブスポットの名前の通り、花びらの先に濃い紫色の斑点が入ります。花径は3cm程でたくさんの花を付けます。

ネモフィラ スノーストーム

ネモフィラ スノーストーム

白い花びらに細かい黒紫の斑点が散らばるように入る品種で涼しげな印象です。

ネモフィラを育てるのに必要な栽培環境と準備

ネモフィラを育てるのに必要な栽培環境と準備

日当たり・置き場所

ネモフィラは日当たりの良く、風通しのよい場所を好み、酸性土を嫌います。日当たりが良い方が花付きがよくなります。グラウンドカバーとしても使える強い花ですので、地植えの場合は植えっぱなしでも管理できます。

温度

ネモフィラの生育環境としては5~25度が適温です。比較的寒さには強いので、暖かい地域であれば冬越しができます。マイナスマイナス3度くらいまでは耐えられますが、それ以下になる場合は室内に入れるか、覆いをするなど寒さ対策を行いましょう。

用土・鉢植え

ネモフィラは水はけのよい土を好みます。市販の培養土か、赤玉土6:腐葉土4の割合で土を作りましょう。肥料が多く配合された土は徒長してしまいますので避けましょう。

ネモフィラの育て方のポイントやコツ

ネモフィラの育て方のポイントやコツ

植え替えは避ける

ネモフィラは大根やタンポポなど持つ直根性という性質を持っています。これは、根がまっすぐに伸びる性質で、太い根が傷つけられてしまうとうまく生長できません。そのためネモフィラは根に負担がかかる植え替えを嫌います。種から植える際も直播にし、できるだけ植え替えが必要ないように育てましょう。

害虫対策をしっかり行う

うどん粉病など一度発生してしまうとせっかく育った他の株にもどんどん被害が拡大してしまいます。発生してから駆除するのではなく、害虫が発生しない環境を作るのが大切です。具体的には、葉が生い茂って過湿状態になるのを防ぐために剪定を行ったり、花がらをこまめに摘むようにしましょう。過湿状態を作らないために、水のあげすぎにも注意しましょう。

ネモフィラの育て方

ネモフィラの育て方

ネモフィラの苗の選び方

園芸店等でネモフィラの苗が流通するのは2~3月頃です。虫食いや枯れた葉のない、しっかりとした株を選びましょう。徒長している(ひょろひょろと生長している)苗は避けます。購入する際にお花が咲いているものより、若い苗を選んだ方が後々お花を長く楽しめるでしょう。

ネモフィラの種まき

種まきは9~10月頃行います。発芽に適した温度は20度ほどです。寒冷地では春に種まきをするのがよいでしょう。

ネモフィラの種まきは直播きがおすすめです。直根性を持つネモフィラは、育ってから植え替えされるのを嫌いので、花壇やプランターでも直接種を蒔いた方が良いと言われています。ポットで育てる場合は、1つのポットに3粒ずつ種を蒔きます。

発芽させるには遮光する必要がありますので、種を蒔いた後は薄く土をかぶせ、水を与えます。このとき、勢いよく水をあげると種が流れてしまいますので、ハス口を付けて優しく水をあげてください。

10日ほどで発芽しますので、葉の色が濃くて勢いのよい芽を残し、弱い芽は間引きしましょう。

ネモフィラの植え付け時期と方法

地植え、プランター、どちらでもOK!

ネモフィラの植え付けは10月頃行います。

購入した苗を植え付ける場合は、根を傷つけないように注意しましょう。苗は根をほぐしてから植えるのが一般的ですが、ネモフィラはそのまま植えて大丈夫でしょう。ネモフィラは環境の変化に弱いので、最新の注意を払いましょう。深く植えすぎないように気を付けながら植え付けます。複数の苗をお植え付ける際は15cmほど間隔をあけましょう。

ネモフィラに適した土作り

ネモフィラは水はけのよい土を好みます。地植えの際は植え付けの1週間ほど前に土づくりを行いましょう。腐葉土など有機肥料を加え、軽く耕しておきます。

プランターや鉢植えの場合は、市販の培養土か、赤玉土6:腐葉土4の割合で土を作りましょう。

どちらの場合も、元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

ネモフィラの水やり

水やりは基本的に根元に直接水が当たるように行います。葉に水を当ててしまうと蒸れて病気や害虫が発生しやすくなります。

地植えの場合は地中に水分が含まれているので、基本的には水やりの必要はありません。乾燥して見るからに土が乾いている時や、葉がしおれて元気がないときは水をあげましょう。

プランターや鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水をあげましょう。ネモフィラは乾燥した地域が原産の植物ですから多湿を嫌います。根腐れなど起こさないよう、水のあげすぎに注意しましょう。

ネモフィラに必要な肥料

植え付けの際に元肥として緩効性化成肥料を土に混ぜ込んでおきます。

地植えの場合、追肥はあまり必要ありません。肥料を与えすぎてしまうと茎や葉だけが徒長し、ひょろひょろとした苗に育ってしまうためです。葉の元気がない場合は液体肥料を与えて様子を見ましょう。

鉢植えの場合は追肥が必要です。月に1~2回を目安に液体肥料を与えましょう。

ネモフィラの剪定・切り戻しの時期と方法

剪定は2週間に一度を目安に行います。元気のない葉や下葉はこまめに取り除きましょう。生長しすぎて混み合っている場合は適宜剪定します。こうすることで生長してほしい茎や葉に栄養が行きわたり、過湿状態を避けることができます。

花がらをこまめに摘むことで、次々と花が咲き、長い間花を楽しむことができます。

ネモフィラの植え替えの時期と方法

先ほどご紹介したとおり、ネモフィラは環境の変化に弱く、植え替えに向かない植物です。また一年草であるため、基本的には植え替えは必要ありません。コンテナや花壇の寄せ植えのために植え替える必要がある場合は、他の株と20m程間隔をあけて、根を傷つけないように注意しながら植え替えましょう。

ネモフィラの増やし方

種から増やす

ネモフィラの増やし方としては種まきが一般的です。こぼれ種で発芽することもあるくらい、生育は旺盛です!

花が咲き終わった5~6月に種を採取し、茶封筒などに入れえて乾燥した場所に保管します。種まきの手順は先にご紹介した通りです。

ネモフィラを育てる時に気をつける病気や害虫

ネモフィラを育てる時に気をつける病気や害虫

うどん粉病

葉の表面がうどん粉のように白い粉に覆われる病気です。粉の様なものはカビで、発見したら他の株に移らないよう殺虫剤で駆除します。

灰色カビ病

菌による病気で葉が溶けるように腐っていきます。多湿の環境で起きやすいので、葉が茂りすぎている場所を間引いたり、花がらをこまめに摘むようにして予防しましょう。

アブラムシ

春先に葉の裏などにつきやすくなります。株が弱る原因になるので、見つけたらすぐに駆除しましょう。暖かくなる前にオルトラン粒剤を土に混ぜておくと予防になります。

まとめ

春先の観光として人気のネモフィラ畑。美しいネモフィラですが生育は旺盛で、ご家庭でも育てることができます!ポイントは、生育環境を原産地の乾燥した日当たりのよい気候に近づけてあげることです。剪定、花がら摘みをこまめにして、長くお花を楽しみましょう。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる