MENU

おしゃれな観葉植物をギフトで贈ろう。植物選びのポイントもご紹介

お祝いや感謝の気持ちを伝えるギフトとして、観葉植物を贈りたいと考える人は多いのではないでしょうか。こちらの記事では、そんなときに覚えておきたい注意点やマナーをはじめ、シーン別のおすすめ品種など、役立つ情報をご紹介します。

観葉植物を贈る人が増えている

大切な人へ贈るギフトとして、観葉植物の人気はますます高まっているようです。 まずは、観葉植物が選ばれる理由について詳しく見ていきましょう。

ギフトに観葉植物が人気な理由

ギフトとして人気の高い観葉植物ですが、その魅力は見た目の美しさだけではありません。 観葉植物ならではの魅力には、以下のようなものが挙げられます。
  • 種類が豊富で見た目やデザインの選択肢が広い
  • 育てるのにあまり手間がかからない
  • ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸収し、空気を浄化してくれる
  • マイナスイオンを発生させることによるリラックス効果
なお、金額の幅が広く予算に合わせやすいというのも、贈り主にとってうれしいポイントと言えるでしょう。

観葉植物にも素敵な花言葉がある

大切な人に花を贈るとき、花言葉に想いを託す人も多いのではないでしょうか。同様に、観葉植物を贈る際にも、花言葉を利用して特別な気持ちを託せるのです。 たとえば、観葉植物のなかでもメジャーな種類である『ポトス』は、『永遠の富』『華やかな明るさ』という花言葉を持っています。開業や開店のお祝いにふさわしいギフトと言えそうです。 目的に合う花言葉を持った観葉植物を選ぶことで、贈る側の深い想いを先方に届けられます。

観葉植物を選ぶ際のポイント

ギフトとしてたくさんのメリットを持つ観葉植物ですが、実際に贈る際には気をつけておきたいいくつかの注意点があります。順に見ていきましょう。

観葉植物の大きさを考慮しよう

観葉植物と一口で言ってみても、その種類は豊富で、それぞれ大きさも異なります。手のひらにのるような小型のものがある一方で、2mを超えるような大型の植物も多く存在しているのです。 このサイズ選びを間違えてしまうと、先方に喜んでもらうどころか、大きな迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。先方の間取りやスペースを、充分考慮したサイズのものを選ぶことが大切です。 なお、先方の事情に明るくない場合には、どのような環境でも邪魔にならない、小型サイズのものを選ぶようにすると良いでしょう。

贈るシーンに合った花言葉で選ぼう

観葉植物の持つ花言葉は非常に多彩です。以下、いくつか例を挙げてみましょう。
  • ウンベラータ『永久の幸せ』『すこやか』『夫婦愛』
  • パキラ『快活』『勝利』
  • オリーブ『平和』『知恵』
  • サンスベリア『永久』『不滅』
  • ドラセナ・マッサンゲアナ『幸福』『隠しきれない幸せ』『永遠の愛』
このように、観葉植物には、結婚や出産、新築、開業、開店など、さまざまなシーンに対応できるたくさんの花言葉があります。

丈夫で手入れしやすいものを選ぼう

観葉植物をギフトに選ぶなら、育てやすさや手入れのしやすさも重要です。育てるための負担があまりにも大きい種類は、ギフトとしては不向きと言えます。 温度や日当たり、水やりの頻度など、それぞれに適切な管理方法が違うため、先方のライフスタイルを考慮したものを選ぶことが大切です。 一般的に、手間いらずで丈夫な種類として、ドラセナ類やパキラ、サンスベリアなどが知られています。先方の負担が軽いため、安心して選べるでしょう。

パキラ 4号 朴 ラスターポット付き

HitoHana ¥4,180(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可 #配送前写真無料 #お届け後7日間 枯れ/痛み保証

観葉植物を贈るときに気をつけたいマナー

人に贈り物をする際には、どのような品であったとしても状況に合わせたマナーが求められます。 ここでは、観葉植物を贈るときに覚えておきたいマナーを確認していきましょう。

贈るときには相場をチェック

どれくらいの価格帯の品を選ぶのかというのも、ギフトを選ぶうえで大切なポイントです。あまりにも高価なものを選んでしまえば先方を恐縮させてしまいますし、かといって極端に安価なものを選ぶのは失礼にあたるでしょう。 ギフトとして観葉植物を贈る場合の一般的な相場としては、取引先やお得意様へは1~2万円、友人・知人へは3,000円~1万円、家族・親族で1~2万円ほどです。 とはいえ、相場はあくまでも相場ですので、相手との関係性によって柔軟に考えるようにしてください。

ギフト配送する際は忘れずに配送日指定を

観葉植物をギフトとして贈る場合、先方の自宅やオフィスへ現物が直接届くように手配するという人が大半なのではないでしょうか。 その場合、気をつけなければならないのが『配送日』です。 特に、開店・開業祝いなどのギフトとして贈る場合、あまりにも早く到着してしまうと、必要な手入れができずに、せっかくの観葉植物を傷めてしまいます。タイミングによっては、受け取る人がまだ誰もいないということも起こり得るでしょう。 開店・開業祝いに観葉植物を贈る際の理想的な到着タイミングは、開店・開業日の1週間前から前日にかけてです。 先方のスケジュールをあらかじめしっかりと確認し、配送を手配するようにしましょう。

想いを込めたラッピング

贈り物として心を込めて選んだ観葉植物であるのなら、長く先方の記憶に残るような個性的で印象深い品にしたいものです。そんなときには、『ラッピング』を活用しましょう。 基本的に、観葉植物は色のバリエーションが限られてしまいがちです。しかし、ラッピングを工夫することで色合いや全体の印象をがらりと変えられます。先方のインテリアや好みに合わせたものを選べば、一層喜ばれるギフトとなるでしょう。
1 2
よかったらシェアしてね!