観葉植物の簡単なお手入れ方法。忙しい人も育てやすい植物をご紹介

2020 7/08
観葉植物の簡単なお手入れ方法。忙しい人も育てやすい植物をご紹介

植物を健康に育てるには日々のお手入れが大切です。環境管理や水やりなどの基本的な方法を知り、いきいきとした美しい観葉植物を育てましょう。初心者でも扱いが簡単な観葉植物の種類や、忙しい人でも育てられるお手入れが楽な種類もご紹介します。

目次

観葉植物はお手入れが大変?

はじめて観葉植物を育てる場合、お手入れに不安を感じてしまう人は多いでしょう。しかし、基本的なルールさえ覚えておけば、観葉植物の管理は決して難しいものではありません。

まずは、観葉植物を育てるのに適した環境について確認しておきましょう。

環境の管理は重要

植物を健康に育てるためのポイントは、その植物の原産地に近い環境を整えることです。その際は、多くの観葉植物の原産地である熱帯・亜熱帯地方を基準にすると良いでしょう。

熱帯とは、年中温暖な地域、亜熱帯はそれに準ずる地域のことをいいます。そのような環境に適応して生き延びてきた観葉植物を、日本で元気に育てるための環境管理の方法について見ていきましょう。

風通しを良くする

観葉植物を育てるうえで、風通しはとても重要です。仮に、一切空気循環のない空間に観葉植物を閉じ込めたとしたら、いったいどのような問題が起こるのでしょうか。

代表的な問題として、以下のようなものがあげられます。

  • 葉が落ちる
  • 害虫が発生しやすくなる
  • 葉が変色したり、痩せたりする

自然界がそうであるように、観葉植物が元気に育つためにはある程度の風通しが必要不可欠です。

ただし、風が必要とはいっても、エアコンの風を直接当てることは避けましょう。エアコンのような人工の風は、株そのものの乾燥を引き起こし、枯死を招く原因になります。

身近なもので寒さ対策が可能

観葉植物初心者にとって、最大の難関となるのが冬季の温度管理です。室内に置くとある程度の温度を保てますが、早朝や深夜のとくに気温が下がる時間帯には、それだけでは不十分なこともあるでしょう。

しかし、心配する必要はありません。冬の寒さから観葉植物を守るには、家庭にあるもので十分に対応可能だからです。

おすすめの方法には、以下のようなものがあります。

  • 全体をダンボールで囲う
  • 紙袋やビニール袋をかぶせる
  • 一回り大きい鉢や発泡スチロールの箱に鉢を入れる
  • 鉢の下にダンボールや発泡スチロールを敷く

冷たい外気や地面との間にクッションとなるものを用意すると、寒さによるダメージを最小限に防げるでしょう。

水やりの基本を覚えればお手入れ簡単

観葉植物を枯らしてしまう原因としてもっとも多いのは、『水の与えすぎ』といわれています。水やりの適切な量や頻度を知れば、観葉植物を元気で長く育てることができます。

水やりが必要な状態の見極め方

水やりのタイミングを見極めるのは、初心者には少し難しく感じられるかもしれません。しかし、見極めるコツさえつかんでしまえば、誰でも簡単に適切なタイミングで水やりができます。

観葉植物の水やりタイミングを見極めるコツは、土の表面の状態をチェックすることです。水やり後のような土が潤っている状態では、土の表面は黒っぽく見えます。一方で、土が乾いてくると、土の表面は徐々に白っぽく見えるようになるでしょう。

この、『土の表面が白くなる』というのが、水やりに最適なタイミングの目安です。まだ土の表面が黒い状態で水やりをしてしまうと、水の与えすぎとなってしまいます。根腐れの原因になるため注意が必要です。

1回にどれくらいの量をあげるの?

観葉植物への水やりは、鉢の底穴から水があふれ出すのを目安に、たっぷりと与えます。

水やりをしていると、底穴から水があふれる量というのは、とても多く感じられるかもしれません。しかし、これより少ないと、鉢の中にまんべんなく水を行き渡らせられず、観葉植物が水分不足に陥ってしまいます。

また、根の呼吸のためにも、たっぷりの水とともに新鮮な空気を送り込み、同時に古い空気を押し出す必要があるのです。観葉植物の健康な成長のために、底穴から水があふれるまでしっかりと水を与えましょう。

水受け皿の水はこまめに捨てよう

たっぷりと水を与えたあとは、余分な水が残らないよう、受け皿の水を忘れずに捨てましょう

受け皿に水が残ったままになってしまうと、観葉植物の根が水にさらされつづける状態となり、根腐れを起こします。根が腐った状態で放置すれば、やがて株そのものが枯れてしまうでしょう。

葉っぱのお手入れ方法

観葉植物のみずみずしさを保つためには、葉の手入れも忘れてはいけません。具体的にどのような方法をとるのか、以下で詳しく見ていきましょう。

ホコリが溜まらないようこまめに拭く

観葉植物の葉は、案外ホコリが溜まりやすいものです。弱っている様子ではないのに、葉色がくすんでいるように感じたり、白っぽく見えてきたりしたときは、まず葉の表面を優しく拭き取ってみます。多くの場合、本来の葉色を取り戻せるでしょう。

とはいえ、葉の1枚1枚を手で拭き上げるのはなかなか大変です。そんなときには、軍手を活用します。軍手をはめた両手で葉を優しく撫でるだけで、たちまち溜まったホコリを拭き取れるのです。

もう一工夫として、軍手をあらかじめ湿らせておくのも良いでしょう。ただホコリを除去するだけでなく、葉に艶やかな輝きをプラスできます。

毎日葉水を与える

葉の美しさを保つため、ぜひ日々の習慣にしておきたいのが『葉水』です。葉水とは、霧吹きを使って観葉植物の葉や茎、幹に直接水を吹き付けることをいいます。

株全体を湿らせるのは、観葉植物の置かれた環境を多湿の原産地へと近づけるためです。また、葉水の効果はそれだけではありません。葉に付いたホコリを落とす、鮮やかな色味を保つ、病害虫を防ぐという効果もあります。

吹きかけた水が滴にならない程度の量を目安に、できるだけ毎日続けるようにしましょう。

剪定が必要な状態の見極め方

観葉植物を大きく育てていく過程では、美しい見栄えを保つことや、より健やかに成長していくために、定期的な剪定を行いましょう。剪定が必要なタイミングは、大きく分けて以下の3つです。

  • 観葉植物が必要以上に大きくなってしまったとき
  • 枝葉が増え、光や風が細部まで行き渡らない、または全体の見栄えが悪いとき
  • 枝が枯れてしまったとき

剪定をすると、よりバランスの良い健康な観葉植物に育ちます。

サンスベリアは剪定いらず

観葉植物初心者には、剪定の必要がないサンスベリアのような種類もおすすめです。『サンスベリア』は、刃のような葉の形が特徴の人気の観葉植物です。このサンスベリアは、幹が地中に埋まっているため、地表からは葉の部分しか見られません。

また、葉部分はまっすぐに上へと立ち上がるため、横に広がってバランスが崩れるというようなこともないのです。

剪定の手間をかけなくても美しい見た目を保ってくれるため、剪定の自信がない、できるだけ手間をかけたくないという人でも、安心して育てられます。

サンスベリアLサイズ バスケット G-009

with Hana ¥16,500(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可

人気の観葉植物

タイミングが来たら植え替えをする

剪定と同様に、観葉植物の成長に合わせて行いたいのが『植え替え』です。観葉植物の大きさに対し、鉢の大きさが小さすぎる場合、内部で根が行き場を失ってしまいます。

その結果、せっかく水やりをしてもうまく吸収できず、株全体が徐々に弱ってしまうのです。これを『根詰まり』といいます。

必要なタイミングでスムーズに植え替えをするために、植え替えについての基本的な知識を身に付けておきましょう。

最低限のガーデニング用品があればOK

まずは、植え替えに必要な道具から準備していきましょう。

  • 新しい鉢(それまでの鉢よりも一回り大きいもの)
  • 土(培養土など、それまで使用していたものとできるだけ同じ種類のものが良い)
  • 鉢底用ネット
  • 鉢底石
  • スコップ
  • じょうろ

観葉植物の植え替えに、特別な道具は必要ありません。家庭にあるものを利用しながら気軽に挑戦してみましょう。

植え替え方法

鉢の底穴から根が出てきたら、それが植え替えのサインです。鉢の内部で根詰まりを起こしつつある状態と考えられるため、できるだけ早く植え替えをしてあげましょう。

ここで、観葉植物の植え替えの具体的な手順を紹介します。

鉢底用ネット、鉢底石を新しい鉢に敷く

まず、新しく用意した鉢に鉢底用ネットを敷き、その上に鉢底石を入れます。鉢底石の量は、鉢の深さの1/5~1/6くらいが目安です。さらに、その上から軽く土をかぶせておきましょう。

続いて、古い鉢から観葉植物を引き抜きます。このとき、場合によってはうまく引き抜けないかもしれません。そんなときは、ビニール製の鉢であればハサミで切る、陶器鉢ならば思い切って割ってしまいましょう。

無事中身を取り出せたら、根のまわりの土を1/3ほど落とします。このとき、元気な根を切ってしまわないように注意しましょう。

新しい鉢に植物を入れる

新しい鉢に、観葉植物を入れ、鉢の中に土を足していきます。土の中を棒で刺しながら足していくと、隅々まで土を行き渡らせられます。

植え替えが終わったら、すぐに水やりをします。根まで水が届くよう、株元に向けてたっぷりと水を注ぎましょう。なお、水やりのあとはしっかりと水を切ることも忘れないようにしてください。

寒さに強く、お手入れが楽な観葉植物

冬場の温度管理を簡単に済ませるための手段として、もともと寒さに強いタイプの観葉植物を選ぶという方法もあります。

おすすめの種類について紹介していきましょう。

トックリラン

噴水のように広がる細く繊細な葉が印象的な『トックリラン』は、その見た目から『ポニーテール』の名でも親しまれています。

トックリランの名前の由来でもある、幹の付け根にある徳利型の丸い膨らみは、水を貯めておくための場所です。自分自身のなかに水を貯えられるため、乾燥に強いという特徴があります。

トックリランを育てる適温は15~20℃ですが、耐寒性があるため、過度な心配はいりません。なかには屋外で越冬する株もありますが、念のため冬の間は室内の明るい場所に置くと安心です。

シュロチク

独特のエキゾチックな雰囲気を持つ『シュロチク』は、個性的なインテリアとして広く人気を集める観葉植物です。耐陰性、耐寒性がある種類のため、あれこれとお世話をしなくても丈夫に育ちます。

ただし、乾燥にはやや弱く、水不足やエアコンの風などで葉先にダメージを負ってしまうことが少なくありません。日々の葉水のほか、春から秋にかけての成長期にはたっぷりと水を与えましょう。

日陰でも育つ、お手入れが楽な観葉植物

観葉植物を元気に育てるには、適度に日光に当てるのも大切な条件です。しかし、集合住宅などで管理する場合、ちょうど良い日当たりを確保できないこともあるでしょう。

ここでは、日陰でも育てられる観葉植物を紹介していきます。

アグラオネマ

『アグラオネマ』は、まるで1枚1枚の葉に迷彩柄を描き込んだかのような、独特の葉模様が特徴のサトイモ科の観葉植物です。冬場でも10℃以上の気温を必要とする種類ですが、日陰には強いため、室内での管理であれば問題なく育てられるでしょう。

種類によって葉模様や色味が変わるため、好みに合わせて選べるのもうれしいポイントです。また、適切な育て方をしていると、小さな白い花を咲かせることもあります。

オキシカルジューム

艶やかなハート型の葉を持つ『オキシカルジューム』は、『ヒメカズラ』の名でも知られるサトイモ科の常緑蔓性植物です。耐陰性があり、室内での管理に適しています。10℃以上で越冬可能なので、冬場でも特別な温度管理は必要ありません。

ただし、多湿を好みますので、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えてください。葉水をするのもおすすめです。

つるを長く伸ばして成長する姿は力強く、インテリアや好みに合わせた自由なデザインを楽しめるでしょう。

お手入れ不要の観葉植物は?

日々を忙しく過ごしている人のなかには、観葉植物を部屋に置きたいと思いつつも、水やりなどの世話をする自信も余裕もないという人は少なくないようです。

そんな人は、お手入れ不要の便利な人工観葉植物を利用してみましょう。特長やおもな種類を紹介します。

人工観葉植物はお手入れいらずで楽しめる

『フェイクグリーン』とも呼ばれる人工観葉植物は、人の手によって本物そっくりに作られた観葉植物をいいます。

素材の多くは布やプラスチックですが、幹など、その一部に実際の木を使用しているものもあります。

常に美しい見た目を保ち、枯れる心配がありません。害虫などによる被害もないことから、個人宅はもちろん、飲食店や宿泊施設のような場所でも広く利用されています。

ホコリを落とすなど簡単なケアのみ

人工観葉植物は、水やりや剪定、植え替えの必要もなく、いつでも美しいグリーンを楽しめる便利なインテリアです。では、人工観葉植物には一切のお世話が必要ないのかといえば、実はそうではありません。

本物の観葉植物と同様に、時間が経つに従って人工観葉植物にも徐々にホコリが溜まってきます。ホコリが溜まってしまうと、せっかくの鮮やかな色味が損なわれてしまうため、定期的にホコリを落とす習慣をつけると良いでしょう。

また、素材の褪色予防に、時々、置き場や鉢の向きを変えてみるのもおすすめです。手間のかからない人工観葉植物ですが、ちょっとしたメンテナンスをすると、より長い間美しい姿を保てるでしょう。

空気をキレイにする光触媒、CT触媒加工とは

人工観葉植物のなかで、とくに人気を集めているのが『光触媒』『CT触媒加工』の商品です。光触媒とは、紫外線を触媒として化学反応を起こす物質のことで、『酸化チタン』がよく知られています。

この化学反応には、消臭や除菌の効果があります。人工観葉植物の表面にこの光触媒加工を施すと、半永久的にそれらの効果を発揮できるのです。

CT触媒も、基本的な効果は光触媒と変わりありません。光触媒と異なるのは、紫外線を必要とせず、ただ空気に触れるだけでこれらの効果を発揮できるという点です。

日差しや明かりが少ない環境で、除菌や消臭効果のある人工観葉植物を置きたいのであれば、CT触媒の人工観葉植物を選ぶと良いでしょう。

フェイクグリーンについてはこちらの記事でもご紹介していますので、ご興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

まとめ

観葉植物を元気に育てるには、温度管理や水やりといった最低限のお世話が必要不可欠です。種類や成長具合によっては、剪定や植え替えといった管理も必要となるでしょう。

お世話の方法1つ1つは決して難しいものではありませんが、普段から多忙な人の場合、管理する自信が持てないこともあるでしょう。

そんな人におすすめなのが、もともと寒さや日陰に強いタイプの観葉植物や、人工観葉植物です。人工観葉植物であれば、温度管理や水やりといった手間もなくグリーンのある暮らしを楽しめます。

光触媒やCT触媒加工を施された種類を選ぶと、除菌や消臭の効果も期待できるでしょう。自分のライフスタイルに合った観葉植物を選び、暮らしのなかにグリーンインテリアを取り入れてください。

目次
閉じる