MENU

多肉植物グリーンネックレスの育て方。恋愛運を上げるインテリア

多肉植物のグリーンネックレスはコロコロとした可愛らしい葉が特徴で恋愛運アップにも一役買ってくれます。水やりや日当たりに注意すれば育て方は簡単なので、贈り物にも最適でしょう。グリーンネックレスのお洒落なアレンジについても紹介します。

その可愛さにうっとり、グリーンネックレス

グリーンネックレスは、小さな球状の葉が連なった多肉植物で、垂れ下がるように茎が伸びていきます。花言葉や風水においては、ポジティブな意味を持っているため、贈り物やインテリアに最適でしょう。

グリーンネックレスはどんな観葉植物?

グリーンネックレスは、キク科のセネキオ属の植物で、『ミドリノスズ』ともよばれます。茎部分は紐のように細く柔らかく、葉はグリーンピースのように丸くてコロコロしているのが特徴です。 セネキオ属は世界に約2,000種類以上あるとされ、グリーンネックレスはその1つに過ぎません。店頭では、グリーンネックレスのほかに、葉に白い斑の入った『斑入りグリーンネックレス』もよく見かけます。 自生地はアフリカ南部のナミビアです。砂漠地帯で生きのびるため、葉が多肉化し水分を蓄えるようになったといわれています。

グリーンネックレスの花と花言葉

グリーンネックレスには『豊富』『青春の思い出』『すこやかな成長』という素敵な花言葉があります。ギフトとして贈る際は、可愛いハンギングバスケットに入れたり、花束のアクセントにしたりすると気持ちが伝わるかもしれません。 グリーンネックレスは秋から冬にかけて、白く可憐な花を咲かせます。 花弁を持たない複数の小花が集合した『筒状花』で、葉の付け根から花芽が上向きに弧を描くように伸びていくのです。葯(やく)は美しい紫色で、可愛らしくエレガントな印象を受けるでしょう。

風水では恋愛運を呼び込むアイテム

風水では、グリーンネックレスは『恋愛運』や『幸運のアイテム』として有名です。 鈴のように連なる丸い葉は『良縁』の象徴であり、幸せを呼び込むといわれます。また、恋愛運を高めるモチーフの特徴が『長くて揺れるもの』なので、グリーンネックレスはまさに恋愛運アップにぴったりといえるでしょう。

春秋成長型グリーンネックレスの育て方

多肉植物は、生育期の違いによって『夏型』『冬型』『春秋型』の3種類に大別されます。グリーンネックレスは春と秋に成長する『春秋型』で、夏と冬は休眠期です。成長に合わせた育て方を学びましょう。

きれいに育てるポイントは日当たり

グリーンネックレスは、風通しがよく日当たりのよい場所を好みます。 成長期である春と秋は、日当たりのよい窓際やベランダに置き、日光をたっぷりと与えてください。日照不足になると、株が軟弱になる可能性があります。 一方で、強すぎる光や直射日光は、葉の色褪せに繋がるので真夏は外に放置せずに、カーテン越しの窓際または半日陰に移動させましょう。 砂漠地帯に自生するグリーンネックレスですが、きれいに育てるには強い日射しよりも『柔らかい日射し』を与えるのがポイントです。

水やりやお世話の方法

乾燥に強いグリーンネックレスは、頻繁な水やりを必要としません。葉に水分を蓄えているので、1週間以上水を与えなくても、枯れることはあまりないでしょう。 土が乾燥し、固くなっていたときが水やりのベストタイミングです。水は、鉢の底から流れ出すくらいたっぷり与え、受け皿に溜った水はすぐに捨てます。 実は、グリーンネックレスがきれいに育たない原因の多くが『根腐れ』です。頻繁に水やりをしていると、土が湿気を帯び、根だけでなく葉までが溶けたようになってきます。 特に、春秋型の休眠期にあたる夏と冬は、水をあまり吸い上げなくなるのです。夏は土の表面が乾いてから2~3日、冬は1~2週間空けて水を与えてもよいでしょう。

赤道付近原産のため寒さや多湿に注意

グリーンネックレスの自生地は、赤道付近の温かく乾燥した地域です。そのため、寒さや多湿には十分注意しなければなりません。 上記でも説明した通り、水は『土が乾いたら与える』がルールで、じめじめした土、または湿度が高く日当たりの悪い環境に放置しておくとカビが発生します。 耐寒温度は3℃で、霜が降りるような環境では越冬が難しいでしょう。冷え込みが厳しい冬場は、室内で管理するのが理想です。

植え替え、増やし方や寄せ植えについて

定期的な植え替えや追肥で、グリーンネックレスを美しく成長させましょう。植え替えのタイミングの見極め方や増やし方について解説します。

トラブル予防、植え替えや追肥のタイミング

グリーンネックレスを小さな鉢植えで育て続けていると、土の団粒構造が壊れ、通気性や排水性が失われていきます。グリーンネックレスに以下のサインがあらわれたら、植え替えをしましょう。
  • 鉢が窮屈になっている
  • 根っこが鉢からはみ出している
  • 葉が枯れている、または根腐れを起こしやすい
植え替えは、1~2年に1回、4~7月上旬が理想です。土は『多肉植物・サボテン用土』を使い、一回り大きな鉢に植え替えましょう。 追肥は、成長期である4~7月、9~10月に行います。少量の緩効性肥料または2倍に薄めた液体肥料を与えてください。

グリーンネックレスは挿し木で増やす

4~7月の比較的暖かい時期に『挿し木』をし、グリーンネックレスを増やしましょう。茎を10cm前後にカットし、サボテン・多肉植物用土の入った鉢に乗せます。3カ所ほどに軽く土をかけ、土が乾いたら霧吹きなどで水をかけましょう。 明るく風通しのよい場所に置いておくと、1~2カ月で新芽が出てきます。

グリーンネックレスの寄せ植えの方法

1つの鉢にさまざまな植物が集まった『寄せ植え』は、生育環境が同じものを選ぶのがポイントです。 グリーンネックレスは、寒さや多湿が苦手な植物なので、寄せ植えをする際は、水やりをあまり必要としない植物や『春秋型』の多肉植物を選ぶとよいでしょう。 たとえば、ロゼット状の葉が特徴的な『センペルビウム』や乾燥に強い『セダム』などがおすすめです。植え替えと同様、4~7月頃が寄せ植えに適しています。

飾り方色々、上手にインテリアに取り入れる

育て方が楽で、柔軟性のあるグリーンネックレスは、室内のインテリアやアレンジの材料に最適です。特性を活かしたいくつかのアイディアを紹介しましょう。

多肉植物との寄せ植えやリースに合わせて

グリーンネックレスの垂れるような茎やコロコロとした葉は、他の多肉植物や花をひきたてる名脇役になります。
1 2
よかったらシェアしてね!