胡蝶蘭のスタンド花を送りたい!胡蝶蘭とお店の選び方のポイント

2020 7/08
胡蝶蘭のスタンド花を送りたい!胡蝶蘭とお店の選び方のポイント

お祝い事のギフト、どんなものを贈るか悩んだことはありませんか?華やかな胡蝶蘭のスタンドはさまざまなお祝いシーンに華を添えてくれる、失敗のないフラワーギフトです。胡蝶蘭のスタンドがギフトとして人気の理由や、シーンごとにオススメの胡蝶蘭や相場・お店の選び方などをご紹介します。

目次

胡蝶蘭のスタンド花はなぜ人気?

赤リップ胡蝶蘭

スタンド花はお祝いやご法要などのあらゆる慶弔のシーンで贈れるスタイルのお花のことです。
1段と2段の2種類のスタンドがあります。高さは変わらないのですが、ボリューム感が変わりますね。

開店祝いやパーティ、楽屋花などの華やかなシーンから供花まで万能に愛されるスタイルです。
人気の理由を見ていきましょう。

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」「純粋な愛」ということでお祝いのあらゆるシーンから、ご法要の心をいやしてほしいシーンまでぴったりなんですよ。花言葉の気遣いなんてちょっと素敵ですよね。

見た目が豪華な胡蝶蘭スタンド

スタンド花の高さは170〜180cmと通常の鉢植え胡蝶蘭の2倍程度の大きさです。
全体の高さもありながら、中央に大輪のお花を大きく飾りつけることから非常に華やかでボリューム満点。目を引くことも間違いなしですね。

スタンド花を注文される場合、華やかで目立つシーンであれば場所を豪華に華やかにしたい!というお気持ちが大きいでしょうから、大輪の胡蝶蘭を中心に飾り付けるスタンド花は素敵ですね。

胡蝶蘭自体にもいろんな色がありますし、存在感はありながらも白の胡蝶蘭であれば他のお花や葉と混ぜても決して邪魔しないといううってつけのお花です。

ご法要のようにおごそかなシーンでも気高い高貴な存在感は見る人の気持ちをいやしてくれることでしょう。いろんなシーンで活躍する万能なお花です。

花粉や香りが少なく長持ちする

花粉や香りが少ないため、場所や人の好みを選びません
生花を飾りにくい飲食店やクリニックなどでも贈れますよ!

また、かんたんなお手入れで長持ちするので贈られた方もうれしいですよね。
「直射日光」と「水やり」に気をつけるだけなんです。

日焼けに弱いので直射日光に当てないこと、水やりは乾いてからあげることです!
水やりの目安は2週間に一度、植え込み材が乾いてからコップ一杯程度をあげてくださいね。

胡蝶蘭の贈り方とお店の選び方

ギフト

贈り方のポイントはマナーを理解すること、お店の選び方は最短で配送できるかリーズナブルで豪華にセンスのいいアレンジをしてくれるかということが大事ではないでしょうか。

気をつけてほしいマナーとは
  • シーンによって贈ってはいけない大きさ、色がある
  • 立て札、メッセージカードは付けること

贈り方の詳しいマナーはこの記事がお役立ちできると思いますよ!

また、スタンド花を選ぶのであれば豪華に華やかに見せたいというお気持ちですよね。できるだけ予算は抑えて最も豪華に見えて、センスが良いアレンジをしてくれるお花屋さんかどうかが大事になります。
店舗であれば直接相談もできるでしょうし、ネットショップであれば分類として「スタンド花」をうたってるところ、実績として写真掲載があるところは一度問い合わせしてみてもいいでしょう。

花の大きさで異なる贈答シーン

花の大きさは3種類で、大輪・中輪(ミディ)・小輪(マイクロ)です。贈答シーンやお相手の状況によって、選ぶべき大きさは異なります

大輪は11〜15cmほどの大きな花で本数の少ないものでもある程度ボリュームとスペースを要します
企業の受付であれば問題はなさそうですが個人宅や小規模店舗、個人経営のクリニック等へお祝いに贈る際は中輪(ミディ)、小輪(マイクロ)がおすすめです。逆に、広いスペースに小輪(マイクロ)だとちょっとさみしいかもしれませんね。

贈る相手の贈る場所に応じて花の大きさを選んであげてください!

カラーで異なる贈答シーン

大きさだけではなく、お花の色も贈答シーンによって選ぶべきものが異なります

は万能な色です。ビジネスのあらゆるシーンから法要の場(白上がりの49日以内も)まで贈っていただけます。
白の花言葉は「清純」、結婚式の花嫁がもつブーケに使われたりヘアアクセサリーにも人気です。
また白は空間を広く見せる効果がありますので、圧迫感のないスペースのみせ方もお手伝いできますよ。

赤リップとは、花の中央が赤いもので紅白カラーのため縁起が良いといわれています。
選挙の当選祝いや開店、開業祝い、長寿祝いなどのおめでたいときにおすすめです。

黄色はいろんな品種がありますが固有の花言葉はありません。
黄色自体に「金運を呼び込む」という意味合いからビジネスシーンに人気です。

ピンクは「あなたを愛します」という花言葉があります。また、色自体が女性に人気のやさしい印象になります。
特に母の日やプロポーズなどが合いますね。

は、希少な色です。少し予算もあがりますが、珍しい色で見たことがない!と驚かれる方が多いのではないでしょうか。わざわざ選んでくださった気持ちがより伝わりますね。青は男性にも人気なので上司への贈り物におすすめですね。

見た目?スピード?ポイントを決めて送るお店を選ぼう

大きさや色のポイントを踏まえて、冒頭でお伝えしたように、「いつまでに必要か?」の配送タイミング「いくらでできるか、送料がかかるのか?」の費用面は抑えたほうが良いでしょう。あとは過去の実績やスタンド花のメニュー写真などを参考に相談してみるのがいいですね!

胡蝶蘭の相場ってどれくらい?

ギフトカード

胡蝶蘭の値段相場比較表

胡蝶蘭の相場をシーン別に見てみましょう。まずは一覧比較表でご覧ください。

シーン・用途個人名義団体法人
開業・上場・設立記念5,000~10,000円10,000~20,000円25,000~50,000円
開店5,000~15,000円10,000~20,000円10,000~30,000円
イベント・催し物5,000~15,000円10,000~20,000円15,000~30,000円
出産・お見舞い・快気祝い3,000~10,000円5,000~15,000円10,000~30,000円
昇進・就任5,000~10,000円10,000~20,000円20,000~30,000円
移転・増床5,000~10,000円10,000~20,000円20,000~30,000円
退職3,000~5,000円3,000~5,000円5,000~8,000円
誕生日3,000~5,000円5,000~10,000円5,000~10,000円
お供え・ご葬儀3,000~10,000円5,000~15,000円10,000~30,000円

個人的なお祝いの場合

個人的なお祝いなら目安の予算は10,000円前後でしょう。
長寿祝いなど人生の節目であれば20,000円以内を目安にするとよいですね。

お店の開店祝いや開業祝いの場合

一般的なお付き合いであれば10,000円〜30,000円、親密な方であれば30,000円〜50,000円が目安ですね。
お花ももちろんですがメッセージカードをつけて気持ちを伝えてあげましょう。

まとめ

胡蝶蘭のスタンド花アレンジはとっても華やかでおすすめです。スタンド花や鉢植えに限らず、胡蝶蘭に実績のあるお店が胡蝶蘭の扱いやマナーに長けていて、生産者さんとのネットワークもあるので安心かもしれませんね。

PR
午前12時までの注文で最短翌日配送。お急ぎなら【HitoHana(ひとはな)】
生産者からお客様に直送するので、高品質且つ低価格な胡蝶蘭などのフラワーギフトを提供

胡蝶蘭・高級スタンド花・観葉植物のギフトならお任せ!
法人2,000社以上と取引実績のグリーンロード運営する「with-Hana」

目次
閉じる