MENU

胡蝶蘭を宅配便で送るには?宅配対応のお店、自分で送る方法まとめ

胡蝶蘭を宅配便で送りたい!そんなときはどんな方法を取れば良いのでしょうか?この記事では、そんなときに宅配に対応してくれるお店ご自分で胡蝶蘭を送る方法をご紹介します。

宅配便で胡蝶蘭を送る方法

部屋とダンボール
お祝いごとで贈られることの多い胡蝶蘭。一般的な大輪の胡蝶蘭はとても豪華でのサイズも大きく、ちょっとした移動はできても別の場所へ運ぶのはなかなか大変です。いざどこかへ宅配便で送りたい、となったときはどうすればよいでしょうか。 宅配便を利用したいケースは次のような場合がありますよね。
胡蝶蘭を宅配便で送りたい場面
  • 贈り物として、お相手の会社や自宅、店舗などに届けたい
  • 店舗や会社にいただいたお花を自宅に届けたい
  • 家族や自分用に購入して自宅に届けたい
結論から言うと、基本的にはフラワーショップなどお花を購入した店舗で宅配してもらうのがおすすめです。 なぜなら胡蝶蘭のような大きなサイズの梱包やお花のようなデリケートなものの梱包・配送はきちんと行わないと失敗してしまうからです。自分でできないこともないですが、普段からの花の扱いに慣れている専門家、つまりフラワーショップ・お花屋さんにお願いするのが賢明ですね。 ただし、業者に頼まなければその分費用は安く済みますので、手間・時間と費用との兼ね合いで判断されるとよいでしょう。 ここからは「フラワーショップに送ってもらう場合」「自分で送る場合」それぞれの手順をご紹介します。

フラワーショップに送ってもらう場合

フラワーショップ
まずは「フラワーショップ・お花屋さんに送ってもらう場合」の手順です。

店舗のサービス内容をよく確認する

多くのフラワーショップ・お花屋さんでは花の宅配サービスを行っています。 ここで注意が必要なのは、店舗によって配達可能な地域、時間帯指定の有無、配達料金(無料か有料か)などが異なることです。遠方や離島などに届けたい、どうしてもこの時間に届けたい、などの場合は店舗が対応しているかどうかよく確認されるとよいでしょう。 また、注文時には送り主・お届け先の情報、立て札やメッセージカードの内容などが必要ですので、事前に準備しておきましょう。

無料配送や即日配達など便利なサービスも!

お店によっては、一般的な2〜3万円の価格帯の胡蝶蘭を購入されると無料配送を行っていることがあります(北海道や沖縄、一部離島を除く場合が多い)。また、お急ぎの際には即日・当日配達を行ってくれるお店もあります。 サービス内容をよく確認し、ご自身の要望に沿ったサービスを提供しているお店を選ぶようにしましょう。

宅配便の即日配達も可能なおすすめのフラワーショップ

全国対応、無料配送、当日12時までなら即日配達を行っているおすすめのフラワーショップをご紹介します。 扱っているお花も大輪胡蝶蘭の白やピンクなど定番のもので、高品質なお花と丁寧なサービスを提供しています。 ※配送地域、花の種類によって対応していない場合があります

自分で送る場合

フラワーアレンジメント
贈り物として胡蝶蘭を購入したときには、購入したお店で配送してもらうのが一般的でしょう。 自分で送るとなると、会社にいただいたお花を社員で分け合う催し物の会場に送られてきた胡蝶蘭をイベント終了後に移動させる、といったケースが多いのではないでしょうか。 しかもいただいたお花なので、購入したお花屋さんに頼むという手も取りづらい。そんなときに自分で宅配便を依頼しようとなったら、どうすればよいでしょうか。

胡蝶蘭を自分で送ることってできるの?

胡蝶蘭を素人が自分で送ることはできるのでしょうか?もちろん単に送るのではなく、お花が落ちたり、しおれたりせず、きれいなお花をそのままに届けたいですよね。 結論としては、きちんと準備すれば自分で送ることも可能です。ただし、丁寧に行わないと発送できなかったりお花が悪くなってしまったりしますので、この後で紹介する手順を参考に送るようにしましょう。

胡蝶蘭の宅配料金はどれくらい?業者別料金比較

ではやむなく自分で胡蝶蘭を送る際は、どのくらい料金がかかるのでしょうか? まずコストがかかるのが梱包材です。胡蝶蘭は大きいものも多く、花はとてもデリケートです。また鉢が割れやすかったり、花は大きい割に鉢が小さくバランスが悪かったりと、梱包には非常に気を遣わなければなりません。そのためには、鉢植えの花専用の箱や、箱に花が当たって傷つかないようにするための紙や布といった包装材が必要になります。専用の箱は、大きな鉢物などを扱っている花屋さんなどで手に入ります。 送りたい胡蝶蘭の本数や花の大きさによって必要な大きさが変わりますので、胡蝶蘭の大きさをしっかり測っておきましょう。箱の金額は、1つ1,500~2,000円が目安になります。 そして当然、宅配業者の配送料が必要になります。配送料は、配送距離によって変わるのはもちろんですが、運ぶものの大きさに比例するので、胡蝶蘭を入れる箱の大きさによって決まってきます。 箱の大きさとは、箱の縦幅、奥行き、高さの合計です。小さい箱に収められた方が配送料は安くなるので、花が咲き終わってから送るのもコストを抑える一つの手段ですね。また、複数の荷物を同時に頼んだり、営業所に自分で持ち込むと安くなる宅配業者もありますから、チェックしてみましょう。

宅配業者別の料金比較

では具体的な配送料はいくらくらいなのでしょう。代表的な宅配業者で比較してみましょう。
箱の大きさが合計160cmの場合(都内から都内へ)
  • ヤマト運輸:1,836円
  • 佐川急便:1,836円
  • ゆうパック:1,780円
箱の大きさが合計205cmの場合(都内から都内へ)
  • ヤマト運輸:2,496~2,604円
  • 佐川急便:3,726円
※日本郵便(ゆうパック)は合計が170cmを超えるものは受け付けていません。 ※2018年9月時点の各社ウェブサイトの情報より
計算方法や料金の基準は時期や業者によって異なりますので、あくまで参考にしていただき、正確な料金は各宅配業者に都度確認してください。

胡蝶蘭を自分で宅配便で送る手順

ラッピング
デリケートな胡蝶蘭を自分で送る際には、どんな手順で、どうやって梱包し、発送すれば良いのでしょうか。

胡蝶蘭の宅配便発送のポイント

配達業者に頼む前に、自分で送れる状態にしなくてはなりません。梱包の手順としては、下記の流れになります。
1 2
よかったらシェアしてね!