MENU

胡蝶蘭の花束を贈ろう!おすすめシーンやマナー、価格、お手入れまで

胡蝶蘭はお祝いごとの贈り物として定番のお花です。胡蝶蘭といえば鉢植えのイメージがありますが、花束のような切り花としても楽しむことができます。あまり見かけない胡蝶蘭の花束について、おすすめシーンやマナー、価格、お手入れまでまとめています。

胡蝶蘭を贈る意味とは

ミディ胡蝶蘭

胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という花言葉を持っています。胡蝶蘭の花びらは幸福を運んでくる蝶の姿に似ていることから、この花言葉がつけられたといわれています。

また、鉢植えには「根付く」という意味があり、その土地や職業に根付いて、ずっと仕事が続くようにという思いを込めて贈られるようになったそうです。

こうしたことから、胡蝶蘭は縁起の良いお花として知られ、さまざまなお祝いごとの贈り物に選ばれています。

胡蝶蘭がお祝いに選ばれる理由

胡蝶蘭を贈ることは、「相手の今後の幸せを祈る」という意味を持つとされています。そのため、開店祝いなどのビジネスシーンはもちろんのこと、誕生日や記念日などさまざまなお祝いごとに贈られています。

縁起の良い花言葉以外にも、花持ちが良く、長く楽しめることや、花粉や香りがほとんどないことも胡蝶蘭がお祝いごとに向いている理由として挙げられます。

胡蝶蘭の花束はある?

たくさんの花束

胡蝶蘭といえば鉢植えのイメージがあり、胡蝶蘭の花束は珍しいかもしれません。お花屋さんでも切り花の胡蝶蘭はほとんど見かけることはないでしょう。

しかし、胡蝶蘭専門のネット通販のお店では胡蝶蘭の花束が売られていることがあるので、気に入ったものがあれば購入することができます。また、お花屋さんにお願いすれば、胡蝶蘭の花束を作ってもらうことができる場合もあります。

胡蝶蘭を花束に使うと何が良いの?

花瓶の胡蝶蘭

あまり出回っていない胡蝶蘭の切り花ですが、あえて胡蝶蘭の切り花を花束に使うメリットは大きく2つあります。

高級感のある花束になる

胡蝶蘭は華やかで上品な花姿が特徴です。圧倒的な存在感を誇る胡蝶蘭を使った花束は、高級感のある花束に仕上がります。胡蝶蘭だけを使った花束は特別豪華な花束ギフトとして売られていたりするくらいです。

他のお花と組み合わせても、埋もれることなく、その存在感は目を引くものです。

花持ちが良い

胡蝶蘭は花持ちが良いことでもよく知られています。鉢植えの場合は1カ月〜3カ月程度日持ちするといわれていますが、切り花の場合でも2週間〜3週間くらい綺麗な花姿を楽しむことができます。

せっかく思いを込めて贈るものなので、長く楽しんでもらいたいですよね。

胡蝶蘭の花束を贈るおすすめシーン

花束プレゼント

鉢植えの胡蝶蘭はお祝いのお花としては定番の贈り物となっていますよね。

豪華で存在感のある胡蝶蘭ですが、鉢植えの胡蝶蘭は飾るスペースの問題が出てきたりします。花束は鉢植えと比べるとそれほどスペースを必要としません。

また、花束はとくに人前で手渡しするときにとても見栄えが良いギフトとされています。胡蝶蘭の花束を贈るおすすめのシーンをご紹介します。

式典やイベント時に贈る

たとえば、表彰式などの式典で花束を手渡すシーンがありますよね。このときに胡蝶蘭の花束を用意してみてはいかがでしょうか。高級感のある胡蝶蘭の花束は、一気にその場を華やかな雰囲気にしてくれます。花束を贈られた人も喜んでくれるでしょう。

お世話になった方の退職祝いや昇進祝いなどでも、胡蝶蘭を使った花束を贈ると喜んでもらえるのではないでしょうか。

式典では盛大なスタンド花を贈ることもできます。気になる方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

誕生日や記念日に贈る

ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛します」という花言葉を持っているので、誕生日や結婚記念日のお祝いにピンクの胡蝶蘭を使った花束はぴったりです。

胡蝶蘭は新しい門出にふさわしいお花なので、卒業式や成人式に贈っても良いですね。胡蝶蘭の花束はあまりお目にかかれないものなので、他の人からのお祝いと被ってしまう心配も少なくてすみます。

お見舞いのお花に贈る

胡蝶蘭の花束はお見舞いのお花としても贈っていただけます。鉢植えのものは「根付く=寝付く」を連想させるのでマナー違反ですが、花束ならOKです。

また、胡蝶蘭は花粉や匂いがほとんどないため、アレルギーなどの心配もありません。お見舞いのお花として贈るときは、元気がでるような黄色やピンクの色を選ぶと良いでしょう。華やかで上品な印象を与える胡蝶蘭に心が癒されるでしょう。

胡蝶蘭の花束を贈る前に確認すること

フラワーアレンジメント

胡蝶蘭の花束はさまざまなシーンで贈ることができますが、胡蝶蘭の花束を贈る前に確認しておいたほうが良いことがあります。

贈る相手はお花のお手入れができる?

花束はもらったあと、花瓶に生け直す必要があります。また、そのあとも毎日花瓶の水を取り替えないといけません。お花に親しみがあり、普段からお花を飾っている方には花束はとても喜んでもらえるでしょう。花束を贈られたあとも自分の好きなように生けてアレンジできることも、楽しみのひとつになります。

しかし、お花に馴染みがなかったり、忙しくてお手入れができなさそうな方に花束を贈ってしまうと、喜ばれるどころか負担になってしまうかもしれません。相手の性格や状況を考慮したうえで花束ギフトを選ぶようにしましょう。

病院や介護施設への持ち込みはOK?

花束はお見舞いのお花としてもおすすめとご紹介しましたが、病院や介護施設によっては生花の持ち込みを許可していない場合があるので注意が必要です。

生花の持ち込みがOKの場合でも、花瓶の用意ができるか、お水を取り替えたりできる状況か、など前もって確認しておきましょう。

胡蝶蘭の花束を贈るときのマナー

胡蝶蘭を贈るマナー

花束を贈ることを決めたら、花束を贈るときのマナーも忘れずに知っておきましょう。

メッセージカードを忘れずに

花束だけをそのまま贈るのではなく、メッセージカードを添えましょう。よりお祝いや感謝の気持ちを伝えることができ、特別感のある贈り物になります。

持ち帰るときの配慮を

花束を持ち帰るときの気配りを忘れないようにしましょう。とくにバスや電車に乗る場合、花束をそのまま持ち歩くのは大変ですよね。花束を持ち帰るときの紙袋を用意すると親切です。

1 2 3
よかったらシェアしてね!