MENU

ミディ胡蝶蘭とは?大輪との違い、種類や選び方・育て方までご紹介

胡蝶蘭といえば、お祝いやお悔やみのシーンに贈る大輪の花というイメージがありますよね。実は胡蝶蘭には様々な種類があり、好みや贈る状況に合わせて選ぶことができるんです。今回はその中でも、気軽に贈れるミディ胡蝶蘭についてご紹介します。

ミディ胡蝶蘭とは?大輪胡蝶蘭との違い

白い胡蝶蘭

大きさの違い

胡蝶蘭の大きさは大きく分けて三種類あります。

大輪 約11cm〜15cm以上 中輪 約3cm〜6cm程度 小輪 2cm〜4cm程度

上記は1輪あたりの大きさです。 ミディ胡蝶蘭は中輪の胡蝶蘭、マイクロ胡蝶蘭は小輪の胡蝶蘭を指し、用途や贈る相手に合わせて大きさを選びます。 ミディ胡蝶蘭はマイクロ胡蝶蘭よりも見応えがあり、大輪の胡蝶蘭と比べてあまりスペースを取らないことが特徴です。例えばご自宅用に贈りたいというときも、ミディ胡蝶蘭なら大きすぎずちょうど良いボリュームでお部屋を華やかにしてくれます。

値段の違い

大輪の胡蝶蘭と比べ、ミディ胡蝶蘭はやや低価格となっています。 具体的には、大輪の胡蝶蘭3本立てが20,000~40,000円なのに対して、ミディ胡蝶蘭3本立ては10,000円~15,000円程度の価格帯です。同じ予算でも、大輪の胡蝶蘭ではなくミディ胡蝶蘭を買うことで、本数を増やして見た目を豪華にすることも可能です。

色の違い

大輪の胡蝶蘭とミディ胡蝶蘭の色に明確な違いはありませんが、ミディ胡蝶蘭の方が色の種類は豊富です。 大輪の胡蝶蘭は白、ピンク、リップ(白で中心が赤)が多く、ミディ胡蝶蘭には様々な色や柄があります。ミディ胡蝶蘭はバリエーションが多様なので、個性的な胡蝶蘭を選びたいという方にも人気です。

ミディ胡蝶蘭の種類

カラフルな胡蝶蘭

色の種類

色の種類は白、ピンク、リップ(白で中心が赤)、黄、青、紫などです。色だけでなく、ストライプなど柄ものもあります。贈り先のイメージに合わせて色や柄を選ぶことができるので、とても喜ばれます。 開業祝いや開店祝いでは、会社やお店のカラーに合わせて選ぶ方も多いです。贈り先のロゴやマークなども参考にしてみてください。相手のことをよく考えて選んだ贈り物はとても喜ばれます。個人に贈る場合は、相手が好む色を選ぶのも良いですね。

定番の品種

ミディ胡蝶蘭の定番の品種は『アマビリス』です。胡蝶蘭の中でも寒さに強い品種で、比較的かんたんに育てることができます。 白の胡蝶蘭の花言葉である「清純」の通り、白く可愛らしい花はどのような方にも喜ばれます。アマビリスはどんなシーンの贈り物にも最適です。ミディ胡蝶蘭はたくさんの色や柄、品種がありますから、迷ってしまったら定番のアマビリスを選ぶと安心です。

小スペースに最適なサイズ!

HitoHana 

ミディ胡蝶蘭 アマビリス 3本立ち
¥11,000
(税込)

こだわって選ぶなら

白い花びらの中心がほのかにピンク色に色づく『ファーストラブ』は、初恋というその名の通り清楚で可憐な人気の品種です。 どのようなお祝いごとにも贈ることができますが、母の日など愛情をこめたお祝いには特にぴったりです。胡蝶蘭を贈る際は立て札やメッセージカードを付ける場合が多いですが、個人間のお祝いには心のこもったメッセージカードを添えると喜ばれます。ファーストラブを母の日に贈るときは、メッセージカードを添えてみてください。 また、華やかな黄色の『フォーチュンザルツマン』は、名前に幸運という意味のフォーチュンが入っているため、縁起物として贈る方に人気です。黄色の花びらの中心がピンク色という色合いも珍しく、置いているだけで周りをぱっと明るくしてくれます。黄色はビタミンカラーですから、活発で元気なイメージと存在感を与えます。花びらは比較的厚くしっかりしていて、花持ちの良い品種です。

ミディ胡蝶蘭ファーストラブ3本立ち

HitoHana ¥14,300(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可

ミディ胡蝶蘭の値段

フラワーアレンジメント

予算に合わせて選ぶ

ミディ胡蝶蘭の値段は以下のようになっています。
  • 3本立て 10,000円~
  • 5本立て 20,000円~
予算は通常贈り先との関係によって決めます。今後も長い付き合いがつづく取引先であれば、予算は少し高めに設定しても良いでしょう。親しい間柄で気軽に贈るケースでは、予算よりも心のこもった贈り物であることが大事です。 贈る本数にも意味があります。こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

ミディ胡蝶蘭を贈るシーン

花を持った男性

どんな時に贈るもの?

開業祝い、開店祝い、昇進祝い、記念日、母の日、お悔やみなど、シーンを問わず贈ることができます。 お悔やみは白が好まれるため、一般的には白のミディ胡蝶蘭が選ばれることが多いです。ミディ胡蝶蘭はあまり場所を取らない大きさのため、ご自宅や小さな店舗にも最適です。 また、飲食店や病院では、花の匂いが気になる方もいます。ミディ胡蝶蘭は花粉やにおいが少ないので、そのような場所でも安心です。飲食店や病院はスペースが少ないことも多いので、置き場所に困らないミディ胡蝶蘭はとても喜ばれます。 お花を贈るときに共通のマナーはこちらの記事でご紹介しています。知っておいて損はありませんので、ぜひ読んでみてください。

特別感をアップさせたいなら

特別感をアップさせたい方には、一つの鉢に複数の色を合わせたミディ胡蝶蘭ミックスが人気です。ミディ胡蝶蘭は色や柄のバリエーションが豊富なので、選ぶのに悩んでしまうという方にもミディ胡蝶蘭ミックスは喜ばれています。 8本立てや10本立てなど本数を増やすとミディ胡蝶蘭ミックスの存在感はさらに増します。周囲とは異なる特別な祝花を贈りたいという方におすすめです。その他にもお店によってはラメ入りのものや、模様が描かれたものもあります。 また、ミディ胡蝶蘭の色に合わせてラッピングの色を考えると、一段とセンスの良い贈り物になります。お悔やみに贈る場合は白や紫を基調として色をまとめるとマナーを守って贈ることができます。

ミディ胡蝶蘭 ミックス 5本立ち

HitoHana ¥20,350(税込)

#送料無料 #ラッピング無料 #立札・メッセージカード無料 #請求書発行可

ミディ胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭の鉢植え

置き場所

ミディ胡蝶蘭は直射日光を避け、風通しの良い明るい室内に置きます。直射日光は葉やけして枯れる原因となりますので、特に注意してください。
1 2
よかったらシェアしてね!