MENU

3月24日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説

目次

3月24日の誕生花にはどんなものがある?

3月24日の誕生花にはどんなものがある?

3月24日の誕生花はコブシとカタクリ、ハナビシソウです。カラマツも3月24日の誕生花で、「豪胆」や「傍若無人」などの花言葉があります。針葉樹の中で唯一落葉する樹木で、プレゼントするなら盆栽を選ぶとよいでしょう。

3月24日の誕生花:コブシ

3月24日の誕生花:コブシ

コブシの名は、凸凹のある果実がまるで握りこぶしのように見えることが由来です。昔はコブシの花が咲いたのを合図に田打ちをしたので、「田打ち桜」とも呼ばれています。コブシの花が上を向いていると晴れ、下を向いていると雨といわれることも。英語名は和名をとった「Kobushi magnolia」や「Northern Japanese magnolia」です。「Magnolia(マグノリア)」は属名の学名で、18世紀のフランスの植物学者ピエール・マニョルからきています。

コブシの花言葉

コブシの花言葉は、歓迎・友情・愛らしさです。ほかにも以下の花言葉もあります。

  • 友愛
  • 自然の愛
  • 信頼
  • 自らの愛

「歓迎」の花言葉は、開いた花の様子がまるで両手を広げているように、喜んで迎えているように見えることから。「友情」は、真っ白で曇りのない花の様子に由来しています。「愛らしさ」は、コブシの花が子どもの握りこぶしのように見えることからです。

コブシが誕生花の日

コブシが誕生花になっているのは1月29日と2月6日、3月8日、3月24日です。

コブシの季節・開花時期

コブシの開花時期は3〜5月で、最盛期は3〜4月です。花は咲いてから4〜7日ほど保ちます。晩冬から早春に、銀色の毛のある柔らかい冬芽を割ってコブシのつぼみが出てきて、その後枝いっぱいに白い花を咲かせます。

3月24日の誕生花:カタクリ

3月24日の誕生花:カタクリ

カタクリは昔から日本に自生している花で、万葉集にもカタクリを詠んだ歌があります。花名の由来は小さな百合のようだから「かたこゆり」、1枚つける葉に鹿の子模様があるので「片葉鹿子(かたはかのこ)」、または花が籠が傾いたように見えることから「堅香子(かたかご)」と呼ばれ、それが転じてとされています。英語では和名をローマ字にした「Katakuri」か、犬の歯のように見える花びらから「Dogtooth violet(犬歯のスミレ)」と呼ばれています。

カタクリの花言葉

カタクリの花言葉は、初恋・嫉妬・寂しさに耐え抜くです。

花言葉の「初恋」は、カタクリの花がうつむいているように見え、恥ずかしがって自分の気持ちを伝えられない、初恋のときの様子に見えることが由来です。「嫉妬」は、カタクリの花の紫色ととがった形、うつむいた様子が嫉妬の炎をまとっているように見えるからといいます。「寂しさに耐え抜く」は、カタクリの地中の休眠時間が長いことも関係しています。

カタクリの英語の花言葉は、First love(初恋)・jealousy(嫉妬)・Endure loneliness(寂しさに耐える)です。

カタクリが誕生花の日

カタクリが誕生花の日は1月28日と3月24日です。

カタクリの季節・開花時期

カタクリの開花時期は3〜4月で、温暖な地域では3月下旬ごろ、寒冷な地域では6月ごろが見頃になります。自生のカタクリの多くは、絶滅危惧種として保護されています。各地で開花時期に合わせて「カタクリ祭り」を催しているので、ネットなどでチェックしてみましょう。

3月24日の誕生花:ハナビシソウ

3月24日の誕生花:ハナビシソウ

アメリカ・カリフォルニア原産のハナビシソウは、ポピーに似ていることから「Golden poppy(ゴールデンポピー)」や「California poppy(カリフォルニアポピー)」とも呼ばれています。和名の「花菱草」は、花が4枚の花弁をひし形に配置した「花菱紋」に似ていることが由来です。一度花壇に植えると毎年こぼれた種から芽を出し、また花を咲かせるたくましさがあります。

ハナビシソウの花言葉

ハナビシソウの花言葉は以下の4つです。

  • 成功
  • 私を拒絶しないで
  • 希望を持てる愛

ハナビシソウの原産地であるアメリカ西部では、春になるとこの花の大群生が咲き、あたり一面が真っ黄色に染まります。その様子を見たスペインの探検家たちが「黄金の西部」と呼んだことが、「成功」と「富」の花言葉の由来になりました。「私を拒絶しないで」は、ほかの黄色い花と同様に不吉な意味を持たされたことからのようです。「希望を持てる愛」は大きく盃のように開くハナビシソウの花が、太陽の光を受け止めている様子からきています。

ハナビシソウの英語の花言葉は「Do not refuse me(私を拒絶しないで)」です。

ハナビシソウが誕生花の日

ハナビシソウが誕生花の日は3月11日と3月24日、4月17日、5月15日です。

ハナビシソウの季節・開花時期

ハナビシソウの開花時期は4〜6月です。秋まきの1年草でポット苗は早春に、タネは晩夏から秋ごろに出回ります。花色は黄色のほかにもピンクや赤、白などがあり、半八重と八重などさまざまな園芸品種があります。

3月24日生まれの偉人・有名人

3月24日生まれの偉人・有名人

3月24日生まれの偉人・有名人には以下の方がいます。

  • 新井白石(江戸幕府老中・儒学者、1657年)
  • ジョージ・シスラー(アメリカの野球選手、1893年)
  • スティーブ・マックイーン(俳優、1930年)
  • 綾瀬はるか(女優、1985年)

3月24日は何の日?

3月24日は何の日?

3月24日はWHOが「世界結核デー」に制定しています。1882年のこの日にロベルト・コッホが結核菌を発見したことからで、結核を根絶する誓いを新たにするために設立されました。また、日本ホスピタリティ推進協会が普段から他人への思いやりの心を持てるようにと、「ホスピタリティ・デー」を制定。月の「3」は自己表現と新しいものを生み出すエネルギーを、日の「2」は協力と思いやり、「4」は全体を作る基礎となる数字を表しているそうです。

まとめ

春のこの時期には多くの花が見頃を迎え、花壇も華やかになってきます。それぞれの花には、花言葉が複数つけられています。贈りたい方や状況に合わせ、花言葉にも着目して選んではいかがでしょうか。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる