MENU

3月16日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説

目次

3月16日の誕生花:クチナシ

3月16日の誕生花:クチナシ

クチナシは庭や公園、生垣などでよく見られる常緑で低木の植物です。花はジャスミンに似たよい香りがするので、世界中で香水などに利用され愛されています。日本では静岡よりも西に、世界では東アジアからインドシナ半島に広く分布しています。果実は古くから染料として使われており、現在でも黄色の着色料として、タクアンや栗きんとんなどに使われます。

クチナシの花言葉

クチナシの花言葉には以下のようなものがあります。

  • 優雅
  • 清潔
  • 喜びを運ぶ
  • 幸せを運ぶ
  • 私は幸せ
  • 胸に秘めた愛

クチナシの花言葉は、クチナシがもつ特徴が由来となってつけられたものが多いです。「優雅・清潔」という花言葉は、クチナシの白く美しい花が由来となっています。また、クチナシの花はよい香りがし、その香りが風に乗って運ばれることに由来して、「喜びを運ぶ・幸せを運ぶ」という花言葉がつけられたようです。その他、男性が女性をパーティーに誘う際にクチナシの花を贈る習慣から、「私は幸せ」という花言葉がつけられました。

クチナシの西洋の花言葉は以下のようなものがあります。

  • Transport of joy(喜びを運ぶ)
  • I’m too happy(私はとても幸せ)

どちらも日本の花言葉と同じような意味の花言葉ですね。

クチナシが誕生花の日

クチナシは、3月16日以外にも以下の日の誕生花として決められています。

  • 5月6日
  • 6月7日
  • 6月30日
  • 7月7日

クチナシの季節・開花時期

クチナシは初夏の花です。6月〜7月に、白くて香りのよい花を咲かせます。花は時間がたつと黄色味がかかった色になります。クチナシの花は傷がつきやすく、花のもちもよくないのですが、その美しさや香りのよさからウェディングブーケとしても人気です。

3月16日の誕生花:ガーベラ

3月16日の誕生花:ガーベラ

ガーベラはキク科の多年草です。日本では人気の花の1つで、ブーケや鉢植えなど、さまざまな場面で目にします。もともと暑さ寒さには弱い品種ですが、品種改良によって丈夫で育てやすいものも出回っています。

ガーベラの花言葉

ガーベラの花言葉には次のようなものがあります。

  • 神秘
  • 希望
  • 前進
  • 光に満ちた

また、ガーベラの色によってそれぞれの花言葉もあります。

  • 赤「神秘の愛・限りなき挑戦」
  • 白「律儀・純潔」
  • 黄色「優しさ・親しみやすい」
  • ピンク「感謝・思いやり」
  • オレンジ「我慢強さ・冒険心」

ガーベラは明るい色味の花が多いことや、上を向いて大きく花開くことに由来して、「希望・前進・光に満ちた」などポジティブな花言葉がつけられたといわれています。

ガーベラの西洋の花言葉には次のようなものがあります。

  • Beauty(美しい)
  • Cheerfulness(上機嫌)

また、西洋にもガーベラの色別の花言葉があります。それぞれの花言葉は日本と同様です。

ガーベラが誕生花の日

ガーベラは、3月16日以外にも以下の日の誕生花として決められています。

  • 2月11日
  • 8月1日
  • 10月12日

ガーベラの季節・開花時期

ガーベラは春と秋の2回花が咲きます。品種改良されたガーデンガーベラは、早春から晩秋までという長い期間花を咲かせます。普通のガーベラよりも丈夫で病気にも強いので、庭先などで育てるのにも向いている品種です。

3月16日生まれの偉人・有名人

3月16日生まれの偉人・有名人

3月16日に産まれた偉人や有名人には、以下のような人がいます。

  • ゲオルク・オーム(1789年・物理学者)
  • 渋沢栄一(1840年・実業家)
  • 木村多江(1971年・女優)
  • 高橋大輔(1986年・フィギュアスケート選手)

この他にもさまざまな有名人が3月16日に誕生しています。

3月16日は何の日?

3月16日は何の日?

3月16日に定められている記念日には、以下のようなものがあります。

  • 国立公園指定記念日
  • 財務の日

まとめ

3月16日の誕生花であるクチナシとガーベラは、どちらももらうと嬉しい花言葉をもつ花ですね。見た目もかわいらしい花なので、誕生日の人に贈ると喜んでもらえるでしょう。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる