4月21日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説

2021 1/07
4月21日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説
目次

4月21日の誕生花:スイートピー

4月21日の誕生花:スイートピー

イタリア・シチリア島が原産のスイートピーは、マメ科に属する草花です。春咲きの一年草が一般的ですが、夏咲きや冬咲きの品種や宿根性種もあります。

Sweet Pea(甘い香りの豆)の名の通り、優しく甘い香りがあり、つる性で巻きひげを絡ませながら伸びるのが特徴です。また、赤やピンク・紫・オレンジなど、豊富な花色があります。

スイートピーの花言葉

スイートピー全体の花言葉は、別離・門出の2つです。その他に、色別の花言葉もあります。

  • 紫:永遠の喜び
  • 白:ほのかな喜び
  • 黄:ささやき・判断する力
  • ピンク:繊細・優美・恋の愉しみ

スイートピーの花言葉である別離と門出は、今にも飛び立つ蝶のように見える花の姿に由来するといわれています。

西洋では、スイートピー全般向けに次のような花言葉がついています。

  • departure(門出)
  • good-bye(別れの言葉)
  • delicate pleasure(ほのかな喜び)
  • tender memory(優しい思い出)
  • blissful pleasure(至福の喜び)

スイートピーが誕生花の日

スイートピーが誕生花の日は、4月21日以外に3月20日と6月9日があります。また、2月15日と3月15日は、白いスイートピーが誕生花です。

スイートピーの季節・開花時期

春咲き一年草スイートピーの開花時期は4月~6月です。宿根性取は6月~10月にかけて花を咲かせます。

4月21日の誕生花:ニゲラ

4月21日の誕生花:ニゲラ

ニゲラは、地中海沿岸から西アジア原産のキンポウゲ科に属する一年草で、青や白・ピンクの花を咲かせます。和名をクロタネソウといい、枝分かれした細い茎と霧のように繊細な葉、その先端に咲く苞に囲まれた花(実際にはガク片)が特徴的です。

ニゲラの花言葉

ニゲラ全般の花言葉は、・当惑・戸惑い・夢で逢えたら・ひそかな喜びです。

ニゲラは、英語で「Love in a mist(霧の中の恋)」といいます。花を囲む苞の部分が霧のように見えることからきており、戸惑いや当惑という花言葉は、この霧の中からきています

また、夢で逢えたらという花言葉の由来は、「ニゲラを枕元に置いて寝ると好きな人が夢に出てくる」という、ヨーロッパの言い伝えです。

西洋でのニゲラの花言葉は、perplexity(当惑)です。

ニゲラが誕生花の日

ニゲラが誕生花となっているのは、3月8日と3月31日、4月21日、5月29日です。

ニゲラの季節・開花時期

ニゲラは、4月~7月にかけて花を咲かせます。花持ちは、3日~5日ほどです。

4月21日の誕生花:サクラ(桜)

4月21日の誕生花:サクラ

日本の国花であり、春の花木の代表的な存在であるサクラ。サクラという名前はバラ科サクラ属の総称で、日本をはじめ北半球の広い範囲に自生しています。

全世界に100種ある野生種のうち国内に自生しているのはヤマザクラやカンヒザクラなどの11種です。日本ではこれら野生種から200種以上(分類によって600種)もの栽培品種を誕生させています。観賞用の代表ソメイヨシノも、交配によって生まれた栽培品種です。

花びらの数が5枚までを一重、6枚以上花びらをもつものを八重(ヤエザクラ)と区分しています。

サクラ(桜)の花ことば

サクラ全般の花言葉は、精神美・優雅な女性・純潔です。また、品種ごとにつけられた花言葉もあります。

  • ソメイヨシノ:純潔・優れた美人
  • シダレザクラ:優美・ごまかし
  • サトザクラ・ヤエザクラ:豊かな教育・善良な教育・しとやか
  • ヤマザクラ:あなたに微笑む・純潔・高尚・淡泊・美麗
  • フユザクラ:冷静
  • カンザクラ:気まぐれ

花言葉の「精神美」は、日本の国花であるサクラを、国と日本人の品格を表すシンボルとしたことに由来しています。また、「優美な女性」と「純潔」は、しとやかなサクラの花の美しさを女性になぞらえたものです。

アメリカでのサクラの花言葉は、beauty(精神の美)とa good education(優れた教育)です。

これは、アメリカ初代大統領であったジョージ・ワシントンが子供の頃、父の大切なサクラの木を誤って切ってしまったことを素直に告白し、その正直さを褒められた、という逸話に由来しています。

また、フランスには「私を忘れないで」という意味のNem’oubliez pas(ヌ・ムビリエ・パ)という花言葉があります。これは、サクラの散り際のせつなさから、別れを選んだ恋人をイメージしたものです。

サクラ(桜)が誕生花の日

一般的にサクラが誕生花の日とされているのは、4月1日、4月9日、4月21日です。しかし、サクラは種類によって咲く時期が異なり、品種ごとに誕生花の日があります。

  • カンザクラ:1月12日
  • ヒガンザクラ:2月21日・3月21日
  • シダレザクラ:3月19日・26日・30日
  • ヤマザクラ:3月31日
  • ソメイヨシノ:3月28日・4月1日
  • ヤエザクラ:4月5日・11日・5月9日・10日

サクラ(桜)の季節・開花時期

ソメイヨシノなど主な観賞用のサクラは、3月~4月が開花時期です。カワヅザクラなど花期の早い種類は、2月下旬頃から咲き始めます。

4月21日生まれの偉人・有名人

4月21日生まれの偉人・有名人

4月21日生まれの偉人・有名人には、輪島功一(元プロボクサー、1943年)や、HIKAKIN(YouTuber、1989年)などがいます。また、現イギリス女王のエリザベス2世も、1926年の4月21日が誕生日です。

4月21日は何の日?

4月21日は何の日?

4月21日は「民法の日」です。1951年4月21日、国内初の放送予備免許が民放16社に与えられました。翌年の同日に日本民間放送連盟(民放連)が発足。1968年に民放連が4月21日を「放送広告の日」に制定し、1993年に「民放の日」と改称しました。

まとめ

スイートピーやサクラなど、4月21日の誕生花は親しみのある花々でしたね。花言葉を知ると、その花について更に深く理解できる気がしませんか?大切な方にお花を送る際には、ぜひ花言葉を添えてみてください。

人気のフラワーショップ

目次
閉じる