ポトスの肥料やりは時期と与え方が重要。おすすめの肥料3選も

2020 12/01
ポトスの肥料やりは時期と与え方が重要。おすすめの肥料3選も

ポトスに肥料を与える際は、時期や与え方が大きなポイントとなります。では、どのような肥料をどのような方法で与えればよいのでしょうか。ポトスに向いている土や、おすすめの肥料も含めてご紹介します。ポトスの栽培にチャレンジするときの参考にしましょう。

目次

ポトスに適した土と肥料のタイミング

ポトスに適した土と肥料のタイミング

土選びや肥料のタイミングは、ポトスの成長に直結します。きれいな葉をキープしつつ育てるためには、どのようなコツがあるのでしょうか?

水はけのよい土を使う

土は『水はけのよさ』と『栄養が豊富』なことがポイントです。水はけが悪いと常に土が湿った状態になり、根を傷める可能性があります。また、栄養が不足している土ではスムーズに成長しないことがあるのです。

土作りから行うなら、赤玉土小粒:腐葉土:川砂=6:3:1で配合するとよいでしょう。初めて栽培にチャレンジするなら、観葉植物用の培養土を使用すると便利です。

肥料は生育に合わせて与える

用意した土へポトスを植え付けた後は、生育状態に合わせて肥料を施します。基本は、生育期である春から秋にかけて追肥しましょう。あまり成長しない冬は、肥料を与えない季節です。

また、大きく育てたいときには肥料を与えますが、コンパクトなまま育てたい場合には肥料を控えることもあります。育てたいサイズ感に合わせて追肥の仕方を変えてもよいでしょう。

葉が黄色く変色するなどの『肥料切れ』のサインが出ているときも、肥料を与えるタイミングです。まずは即効性の高い液体肥料で様子を見て、回復するようであれば緩効性化成肥料を用いましょう。

具体的な肥料の与え方

具体的な肥料の与え方

ポトスの肥料は、どのような与え方が適切なのでしょうか?肥料を与えるタイミングや注意点についても見ていきましょう。

培養土の場合

培養土に植えてポトスを育てる場合、まずは元肥として培養土に緩効性化成肥料を混ぜます。長い期間ゆっくりと効果が表れる肥料です。

しっかり元肥が施されていれば、追肥をしなくても枯れません。ただし、美しい葉の色をキープするなら、元肥が切れ始めたら追肥を始めましょう。

液体肥料の場合には7~10日間に1回ほど、緩効性化成肥料なら2カ月に1回ほどが追肥の目安です。さらに、ポトスを大きく育てたい場合には、観葉植物用の置き肥を月に1回程度与えてもよいでしょう。

ハイドロカルチャーの場合

粘土を焼いて作る小さな石を容器に入れ、そこで植物を栽培する方法をハイドロカルチャーといいます。ハイドロカルチャーでポトスを育てる場合には『イオン交換樹脂栄養剤』か『水耕栽培用肥料』を与えましょう。

肥料の説明書に記載されている効果期間を参考に、肥料が切れるタイミングで追肥します。ただし、ポトスのハイドロカルチャーの場合、追肥の期間があいてもそこまで大きな影響は受けません。肥料の与え過ぎに注意して管理すればOKです。

肥料焼けに注意

肥料焼けは、肥料を与え過ぎることで根が傷む現象です。土の中に肥料の成分が多くなり、濃度が高くなると、浸透圧の影響で根から水分が出てしまいます。その結果、根の機能がうまく働かなくなるのです。

この状態が続くと、ポトスは枯れる可能性があります。そのため、肥料を与えるときには説明書をよく読み、正しい分量で追肥することが大切です。

おすすめの肥料

おすすめの肥料

肥料を選ぶとき、種類の多さに「どれがよいか」と迷うこともあるかもしれません。そこで、さまざまな肥料の中から、ポトスにぴったりのアイテムを紹介します。

ハイポネックス ストレート 液肥 観葉植物用

観葉植物用の液体肥料なら、『ハイポネックス ストレート 液肥 観葉植物用』が向いています。鮮やかな緑の葉を育てられるように配合されている肥料です。7~10日に1回を目安に与えましょう。

ストレートタイプのため、薄める手間がかからないのもポイントです。3~4号鉢なら10ml、5~6号鉢なら20mlを目安に与えます。土が湿っている状態で使うタイプの肥料です。

  • 商品名:ハイポネックス ストレート 液肥 観葉植物用
  • Amazon:商品ページ

住友化学園芸 そのまま使える花工場観葉植物用

『住友化学園芸 そのまま使える花工場観葉植物用』は、薄めずに使える液体肥料です。5~6号鉢なら10ml、7~8号鉢なら20mlを目安に散布します。

土の表面に均等に染み込ませるように与えると効果的です。水やり後の湿った土に使えば、まんべんなく行き渡りやすくなります。

  • 商品名:住友化学園芸 そのまま使える花工場観葉植物用
  • Amazon:商品ページ

ハイポネックス 錠剤肥料 観葉植物用

土の上に置くだけで追肥できる『ハイポネックス 錠剤肥料 観葉植物用』は、即効性のある成分と緩効性の成分が配合されている肥料です。安定した追肥の効果が約1カ月続きます。

ハート型のかわいらしい形なので、室内で管理することの多いポトスにぴったりです。

  • 商品名:ハイポネックス 錠剤肥料 観葉植物用
  • Amazon:商品ページ

まとめ

適切に肥料を与えることで、ポトスは元気に育ちます。肥料を与える時期は、春から秋にかけての生育期です。液体肥料なら7~10日に1度、緩効性化成肥料なら2カ月に1度を目安に追肥しましょう。

適切な分量で与えることも、肥料を与える際のポイントです。多過ぎると、肥料焼けを起こす原因になりかねません。説明書をよく読み、鉢の大きさに合わせた量を与えましょう。適切な施肥でポトスを美しく育てられます。

目次
閉じる