MENU

7月に植えるおすすめの野菜を紹介!収穫の時期や育て方のコツも解説

目次

7月の「種まき」や「苗の植え付け」におすすめ野菜

7月の「種まき」や「苗の植え付け」におすすめ野菜

梅雨と初夏、2つの気候が7月にはあります。気温や温度、日照の強さがガラリと変わるこの季節は、 秋野菜へのリレー栽培に適した季節です。今回ご紹介するのは江戸葉物野菜の代表格「小松菜」と、栄養たっぷりのおなじみ根菜「人参」、そして和食を彩る「アサツキ」の3種類です。どれも病気に強く、かんたんに育てられる品種ですので、気になるものは早速トライしてみましょう。

小松菜

小松菜

小松菜は江戸時代以前から食べられていた歴史のある葉もの野菜です。「小松菜」の名の由来は、東京都の江戸川区あたりにあった小松川村に鷹狩りにきた将軍にふるまわれたすまし汁の具に、この地で採れた青菜が入っていました。その青菜を気に入った将軍は、小松川村にちなんで「小松菜」と名付けたそうです。

味噌汁の具をはじめ、お浸しやサラダなど現代の食卓ではすっかりおなじみとなった小松菜。 丈夫に育ちやすく、夏の暑さにも耐性があります。7月に種をまいたり植え付けたりするのにピッタリの野菜といえます。

小松菜の特徴

小松菜は栄養分を豊富に含む緑黄色野菜です。粘膜や皮膚、髪の毛などによいとされる「βカロテン」が多く含まれ、そのほかにも、カルシウムやビタミンC、鉄分などを含んでいます。とくに鉄分、カルシウムはホウレンソウより多く、私たちの健康維持には欠かせない野菜のひとつです。

小松菜は発芽率が高く、成長スピードの早い野菜。種まきもほぼ一年中行えます。収穫までの期間は短く、成育期なら30〜50日ほどで収穫できます。病気にも比較的強く、あまり手間をかけずに育てられるので、初心者におすすめな野菜です。

小松菜の植える時期

小松菜は厳冬季を除けばほぼ1年を通して種がまけます。発芽温度はだいたい15~25℃ぐらいが目安です。 種をまく時期によって生育のスピードが変わりますので、自分が収穫したい季節にあわせて種まきをしてもいいでしょう。

夏まきなら生育が早く秋口には収穫できますが、害虫がつきやすいので虫対策が必要です。反対に冬は虫の数も減るので楽ですが、収穫までは時間がかかります。

小松菜の栽培のコツ

小松菜は収穫時期になると一気に成長するため、食べるほうの消費が追い付かなくなることがあります。ご近所などにお配りするのも限界がありますよね。そんな嬉しい悩みには、「ずらしまき」というテクニックを使いましょう。ずらしまきは種をまく期間を少しずつずらして、収穫時期を段階的に長くする農法です。小松菜の場合はおよそ10日おきに種をまいていくと、収穫と消費のバランスがとりやすくなります

また、小松菜にはアブラムシなどの害虫がつきやすく、春から夏にかけては害虫のシーズンです。種をまいたらすぐに支柱立ての作業をはじめ、防虫ネットを早めにかけていくと害虫被害を防げるでしょう。  

小松菜を育てる場所

小松菜は日あたりがよく、風が通って湿気がこもらない場所でよく育ちます。 連作にも強いほうで、畑や家庭菜園はもとより庭先などの小さなスペースでも十分に育てられます。

また、プランターを利用してベランダやテラスなどでの栽培も気軽に行えます。プランター栽培の場合は、容量10L前後のプランターならしっかり土が入り、健康的な小松菜が育ちます。

小松菜の収穫時期

小松菜の収穫までの期間は、春や秋に種をまくと45〜60日ほどになります。これだけでも野菜としては早い収穫ですが、 夏場に種をまけば30日前後で成長し、すぐに収穫できます。7月に種をまいておけば、8月中に小松菜を収穫して食べられますよ。この成長の早さも小松菜栽培の魅力のひとつ。未経験の方はぜひチャレンジしてみましょう。   

人参

人参

私たちの食卓を彩る赤い根菜、人参はセリ科の植物で、アフガニスタンが原産といわれています。一般的に食べられているのは根っこの部分で、地上部には細い葉が密集して育ち、白くて小さな花を扇状に咲かせます。

人参の花言葉は「幼い夢」で、乳児の離乳食に人参が使われることに由来するといわれています。

根菜なので栽培は比較的簡単。害虫もあまりつかないので手間もかかりません。初冬の旬の時期に収穫するために、 7月は人参の種まきに最適な季節です。プランターでも栽培できるので、気軽にチャレンジしてみましょう。

人参の特徴

人参には、免疫力を高め抗酸化作用のある「カロテン」という栄養素が多く含まれます。カロテンは人間の体内でビタミンAに変換されます。最近の研究ではカロテンのもつ発がん抑制作用が注目を集めています。さらにビタミンB2やビタミンC、葉酸、食物繊維なども豊富で、栄養の宝庫ともいえます。

現在、人参には多くの品種が出回っており、代表的な五寸人参のほかに短い三寸人参や丸みのある人参など、家庭菜園やプランターで栽培しやすい種類もあります。

人参の生育温度は18~25℃。12℃以下では発色が悪くなり、3℃以下で根の成長がストップします。さらに種まき後に気温が35℃以上になると発芽が抑制されてしまいます。人参は極端な寒さや暑さには弱い植物といえるでしょう。また、 人参は連作に強く2年目のほうが育ちがよいという意見も多く聞かれます

人参の植える時期

人参は根菜のため、植え替えを行うと根の形が崩れやすくなります。したがって種からまいたほうが美しく健康的な人参に育ちやすいので、時間はかかりますが種まきをおすすめします。

人参の種まきは春や秋、冬でも行えますが、人参生育の適正温度が18~25℃なので、収穫を秋冬で考え、種まきは夏に行うのがベターといえます。人参の「夏まき」は7月上旬から、遅くとも8月の初旬には終わらせましょう。

人参の栽培のコツ

人参栽培の成功は種まきの段階でどれだけ気をつかえるかにかかっています。人参の種は好光性という性質をもっており、土中深くに埋めてしまうと光を感知できずに発芽しなくなります。しかし、あまり薄盛りの土でも乾燥してしまい、発芽ができなくなってしまいます。

人参の種をまいたら、0.5~1センチほどで覆土をし、その上に寒冷紗(かんれいしゃ)や敷き藁などをかけて、土を乾燥から守ります。水やりも欠かさないようにしましょう。また、 種を1日水に浸しておいてから植えると発芽しやすくなりますので、ぜひこのテクニックも試してみてください。

さらに種を2~3cmの間隔でまいておけば、適正な距離で生育し、間引きの手間が省けます。

人参を育てる場所

人参栽培には風通しがよく、適度に日のあたる場所が適しています。あまり強い直射日光は必要なく、畑以外にプランターでの栽培も可能です。品種によって根の長さが変わりますので、種を買う段階から気をつけておきましょう。

短根種ならプランターの深さは20cm以上。長恨種なら深さ30cm以上は欲しいところです。プランター以外にも、深さのある植木鉢や土嚢袋などでも育てられます。培養土は市販のもので大丈夫ですが、 たい肥が根の変形を促進させてしまうので、たい肥が入っていないものを選びましょう

プランター栽培の場合は種まきから1~2カ月の間は土が乾かないよう水切れに注意してください。生育が安定してきたら過湿に注意。土が乾いてからたっぷりと水をあげましょう。

人参の収穫時期

人参が旬を迎えるのは一般的な五寸人参の場合9月~12月、秋から初冬にかけてといわれています。収穫まで120日程度かかるので、7月に種をまいておけばちょうどよい旬の時期に収穫できます。人参の発芽には多くの水分が必要となるので、梅雨明けすぐの種まきが旬の収穫を迎えるためにベストなタイミングといえるでしょう。

旬の季節は人参の栄養価も一段とアップするといわれています。さらに味が凝縮されて甘味も強くなりますので、人参が苦手な方はぜひ旬の時期に収穫した人参を食べてみることをおすすめします。  

アサツキ

アサツキ

中国が原産とされる「アサツキ」。アサツキは現在日本中で栽培されている野菜です。ネギより葉の色が淡いので「浅葱(アサツキ)」と名付けられたといわれています。似た形をもつ「分葱(ワケギ)」とは別種。ワケギはネギと玉ねぎの交雑種ですが、アサツキは自然の山野草です。

ネギに比べると匂いが弱くて辛みが強く、うどんやそばをはじめ、和食の彩りや味のアクセントにかかせません。根の部分には土壌の病害を抑制する拮抗菌が共生しており、 他の野菜を守る「コンパニオンプランツ」としても近年注目されています。そんなアサツキの植えつけと育て方、収穫時期などについて学んでいきましょう。

アサツキの特徴

アサツキはユリ科、ネギ属の多年草。らっきょうを小さくしたような鱗茎があり、空洞で細長い30~40cmの葉をもちます。栽培は比較的かんたんで、病気や害虫のリスクも低いので、家庭菜園やベランダ栽培でも人気の野菜です。

一度植えてしまえば2~3年は育てられ、長い間繰り返して収穫を楽しめます。また、初夏には紫色の小さな花を咲かせるので、観賞用としてもおすすめです。

アサツキの葉は料理の彩りにピッタリ。刻んで添えるだけで料理のビジュアルが華やかになり、味も一段とおいしくなります。アサツキの葉にはビタミンC、β-カロテン、カルシウム、葉酸などの栄養素が含まれています。さらに根の部分も食べれば、ニンニクなどと同じアリシンが摂取でき、疲労回復や抗菌の効果が期待できます。

アサツキの植える時期

アサツキは夏に植えて春と秋に年2回収穫ができる野菜です。植え付けは7月植え・8月植え・9月植えができますが、7月のあまり暑くなりすぎないうちに、種球の植え付け作業を終わらせることをおすすめします。ただしアサツキは過湿に弱いので、梅雨が明けてから本格的に植え付けるようにしてください

アサツキの栽培のコツ

アサツキは栽培期間が2~3年と長いので、シートでマルチングをしておくと、雑草が生えずに手間がかかりません。丈夫な植物なのであまり手をかけずに放っておいて大丈夫です。肥料もそれほど必要ではないのですが、収穫量を増やしたければ肥料を与えましょう。

乾燥しすぎや過湿には弱いので、水の管理だけ気をつければ、すくすく育ってくれます。成長したら、地上部だけ刈るようにすれば何度でも生えてくるので、いつでも収穫できます。

丈夫で育てやすいアサツキですが、連作はできないのでその点だけは忘れないように。 地植えの場合、同じ場所では1~2年の間隔を空けて栽培しましょう

アサツキを育てる場所

アサツキはネギ科の植物で害虫が付きにくく、家庭菜園や庭先のちょっとしたスペース、プランターや植木鉢などでも栽培できます。日あたりがよく、風通しのよい場所で育ててあげるとよいでしょう。

地植えなら用土に赤玉土と腐葉土、バーミキュライトを7:2:1の比率で配合したものを使用します。プランター栽培であれば、ホームセンターなどで売っている市販の野菜用培養土で十分です。市販の土なら野菜の栽培に適した成分配合がすでに行われているので、すぐに植え付けできます。プランターのサイズを40型にすれば、培養土は10Lほど必要になります。プランターや植木鉢には深さが15cm以上あるものを選び、種球の間隔を5~10cmあけて植えましょう。  

アサツキの収穫時期

アサツキが旬を迎える季節は冬から早春にかけてで、収穫は10~11月か3~4月がベストな時期です。アサツキの葉の部分が30cm前後まで伸びてきたら刈りとりましょう。このときに 根本を5cm程度残して液体肥料を与えておけばまた成長するので、このサイクルを繰り返しながら2~3年収穫し続けることも可能です。

さらにアサツキは球根の部分も食べられます。残す株と食べる株を決めて、一部は根っこまで全体を食べてしまってもよいでしょう。

7月に野菜を植える際の注意点

7月に野菜を植える際の注意点

7月は前半が梅雨にあたるので雨や曇天が続き、日照不足や過湿気味になりやすい傾向があります。作物が病気や軟弱徒長になってしまう確率が高いので、株間を広くとったり風通しをよくしたりして気を配りましょう。また過潅水にも注意が必要です。

梅雨が明けると、一転して日差しが強まり温度も上がります。気温の高い時期は作物の生育スピードが早まるので、作業が後手にまわらないように、早め早めに計画を立てていきましょう。また、日中の水やりは蒸れの原因になります。夏場は朝早くに水やりを済ませるようにしてくださいね。   

まとめ

7月は梅雨の時期に重なり、野菜の植え付けが比較的難しいとされる時期です。しかしポイントを守って育てれば、秋にはおいしい野菜が収穫できます。夏の光を十分にあびた野菜は栄養価が高く、厳しい冬を乗り越えるための力になってくれます。この機会にぜひ、7月から育てる野菜づくりにチャレンジしてみましょう。

人気のフラワーショップ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる