MENU

プリザーブドフラワーを還暦祝いに贈ろう。枯れない花に真心をこめて

還暦祝いの贈り物を迷っている人は、プリザーブドフラワーはいかがでしょうか。枯れることがなく美しいうえに、アレンジされた商品もたくさんあります。花の種類や色もさまざまで、送る人にあわせたプリザーブドフラワーを選べるでしょう。

還暦祝いの新定番、プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは贈り物として、近年人気がでてきています。人気の理由は大きくわけて3つあります。 『長く飾ってもらえる』『相手に手間がかからない』『アレンジがおしゃれ』という点です。ここでは、その3つについて詳しく紹介していきます。

人気の理由1 長く飾ってもらえる

プリザーブドフラワーとは、生花を長期で保存できるように加工したものをいいます。ドライフラワーや造花と違い、いつまでも生花のようなみずみずしい状態を保てるので、贈り物の定番の1つとして定着してきています。 生花だといつかは枯れてしまいますし、贈られた側も鉢植えを用意する手間があります。ドライフラワーの場合は、色合いや形が崩れる心配がつきものです。 プリザーブドフラワーはそれらの心配がなく場所もとらないため、長く飾ってもらえるでしょう。

人気の理由2 相手に手間がかからない

プリザーブドフラワーは生花を加工して作っているので、水やりをする必要がありません。逆に水や湿気には弱いため、水やりは厳禁です。受け取った側に世話の手間がかかる心配がないのは大きな魅力ですね。 小さな箱などに入れて飾れるので、小物として部屋のどこにでも置けます。入れ物を使えば、よりキレイな状態を保っていられるため、インテリアとして長く飾っておけるでしょう。

人気の理由3 アレンジがおしゃれ

生花をインテリアとしてアレンジする場合は、枯れることを前提としてデザインを決めていかなくてはなりませんが、プリザーブドフラワーは枯れる心配がないため、自由にアレンジができます。 小物入れなどにつけてワンポイントのアクセントとしたり、写真立てや時計の縁にプリザーブドフラワーを飾ったりして、プレゼントするのもよいですね。 プリザードフラワーは雑貨感覚で取り入れることができて、アレンジもしやすいため、若い人から高齢の人まで幅広く支持されています。 贈る相手の好みや用途にあわせてアレンジを工夫すれば、世界に1つしかないプレゼントを作ることができるでしょう。

還暦祝いに人気の花の色は?

いざプリザードフラワーをプレゼントしようと思っても、さまざまな色があり困ってしまうかもしれません。還暦祝いにプリザーブドフラワーを贈るときの定番の色や、人気の色などを紹介します。

魔除けの意味がある赤色が定番

還暦祝いの人にプリザードフラワーをプレゼントすることを考えているのであれば、赤色のものを選ぶと良いでしょう。 『新しい人生に災いがなく、長生きを願う』という想いが、赤色には込められています。暦の干支は60年で1周するため、60歳になると生まれた年に戻ります。60年目からは『赤ちゃんに還る』という意味から『還暦=赤色』と定着したのです。 また、赤色には『厄除け』や『魔除け』の意味もあり、縁起がよいとされています。神社の鳥居が赤いのも、魔除けなどのためです。 還暦祝いにプリザーブドフラワーをプレゼントするのであれば、多くの意味が込められた赤色をおすすめします。

母親など女性に贈るなら優しいピンク系も

母親などの親しい女性に贈るのであれば、ピンクもおすすめです。女性にプリザーブドフラワーで好きな色を聞くと、赤色よりもピンクの方が人気があるというアンケート結果もあります。 特に人気なのは、ピンクのバラのプリザーブドフラワーです。ピンクのバラには『感謝』や『温かい心』という意味も込められているため、親族へのプレゼントにはピッタリですね。 また、ピンク色は『優しい気持ちになる』『リラックスする』という効果があるため、インテリアとしてもおすすめです。

男性には青や紫、黄色やグリーンなど

還暦の男性にプリザーブドフラワーをプレゼントするのであれば、赤やピンクのような、かわいらしい色ではない方がよいでしょう。人気があるのは、紫色やオレンジ、黄色、青色などです。 花言葉を考えてプレゼントする人も多いようです。例えばひまわりには『崇拝』や『敬慕』などの花言葉があり、会社の上司など目上の人にプレゼントするのに向いています。 ゆりの花言葉は『子の愛』であり、父の日などのプレゼントとして最適です。サルビアは『家族愛』という花言葉があるため、結婚しているパートナーへの気持ちとして贈るとよいかもしれません。

還暦祝いに最適プリザーブドフラワーギフト

せっかく還暦祝いとして贈り物をするなら、豪華なプレゼントをしたい人もいるでしょう。プリザーブドフラワーを使ったアレンジはたくさんあるので、その1部分を紹介します。

めでたさ満点、ゴージャスな60本の赤バラ

「還暦には、豪華に60本の赤いバラの花束をプレゼントしたい」と考えたことがある人もいるかもしれません。 しかし、生花だと手間もかかるため躊躇する人も多いようです。そんなときにおすすめなのが、プリザーブドフラワーで作られたバラの花束です。 生花の花束と違い、いつまでも美しいまま飾っておくことが可能です。2〜3年は美しい状態を保つことができます。

ガラスのドームに花を閉じ込めて

感謝の気持ちを込めて贈り物をしたいのであれば、ガラスのドームに入ったアレンジ商品はいかがでしょうか。ハートや星の形など、さまざまなタイプのものがあります。 最近ではサービスも充実しており、花の色の変更や、別料金で花のボリュームを増やすサービス、ガラスのドームに名前や日にちなどをレーザー彫刻できるサービスなどもあります。 大きいものからコンパクトなものまで多種多様にあり、贈りたい人に合わせたものを選ぶことができます。お手入れもガラスのドームを磨けばよいだけなので簡単にできるでしょう。

永遠の幸せ願うプリザーブドフラワーリース

プリザーブドフラワーのリースも、人気のアレンジです。玄関や家の壁などにも飾ることができ、場所を選ばずどんなインテリアにも合いやすいからです。 リースは終わりがない形ということで『永遠』の意味が込められていますから、幸せがずっと続くことを願って還暦祝いに送るのにぴったりといえます。 プリザーブドフラワーのアレンジ商品の中には、60本の赤いバラがアレンジされたリースなどもあります。赤いバラなので、還暦祝いのプレゼントや、結婚祝いなどにも利用される人が多くいるようです。
1 2 3
よかったらシェアしてね!