MENU

プリザーブドフラワーで青い花の魅力を堪能しよう。ギフトにも最適

プリザーブドフラワーは美しさが長持ちします。美しいだけでなく、様々なカラーがあるところも魅力です。本来は青い花を咲かせることがない植物でも、青い色を出すことができます。青いプリザーブドフラワーの魅力をまとめました。

プリザーブドフラワーの魅力

プリザーブドフラワーは、生花とほとんど変わらない外見を持った花です。世話の必要がない『枯れない花』として、室内の装飾などに利用されています。 そんなプリザーブドフラワーの魅力をチェックしましょう。

生花のような美しさが長く続く

プリザーブドフラワーの原料は新鮮な植物です。旬の時期を見計らって採取した植物に、特殊な加工を施して作ります。 プリザーブドフラワーの原料は生の植物ですが、生花のように水をやる必要はなく、枯れることもありません。 似たような素材にドライフラワーがあります。ドライフラワーは植物を乾燥させて作りますが、プリザーブドフラワーは乾燥させる前に、特殊な加工液を吸わせて質感や色彩を整えることが特徴です。 ドライフラワーとは違い、鮮やかな色や柔らかい質感を楽しむことができます。

手入れ不要、飾るのも簡単

生の植物を飾る場合は、適切な水やりが欠かせません。水やりだけでなく、肥料や太陽光も必要です。また、虫が出てくる心配もあります。 その点、プリザーブドフラワーには、特別な世話が必要ありません。誰でも簡単に飾ることができます。また、水も土も必要ないため、様々な飾り方を楽しむことが可能です。 たとえば、プリザーブドフラワーをフレームに入れて壁に飾ったり、小さなボックスに入れて飾ったりと、様々なディスプレイができます。

生花にはない色の花を自由に作れる

植物はそれぞれ、様々な色素を持っています。中には複雑な色合いを持つ花もあります。花の種類によって、それぞれカラーが違うことが特徴です。 その点、プリザーブドフラワーは自由な色を着色することができます。インクを吸わせて着色するため、自然界にない色でも表現可能です。

青いプリザーブドフラワーはバラが特に人気

バラはプリザーブドフラワーの中でも歴史が古く、たくさんのアレンジメントに使われています。 人気があるだけに、たくさんのカラーが作られていますが、とくにおすすめのカラーが青です。青いバラがおすすめの理由や、青いバラの魅力を紹介します。

鮮やかなブルーは生花のバラにはまだない

バラは青い色素を持っていません。青いバラは実現不可能なものとして知られています。 技術が進み、花の遺伝子を操作することで青に近い色を出すことができるようになりましたが、どちらかというと薄紫に近いカラーです。 また、白いバラに青い染料を吸わせたバラが、青いバラとして販売されていることもあります。それだけ、人々の青いバラへの憧れが強いと考えられます。 生花では見られない青いバラをプレゼントに贈ると、きっと喜んでもらえるでしょう。プリザーブドフラワーの青いバラは、淡い青から深い青まで様々な色味がそろっています。 きっとイメージにぴったりな青いバラが見つかるでしょう。

青いバラのもつ素敵な意味

青いバラの花言葉は『奇跡』や『神からの祝福』などです。実現不可能なものを実現したことから付けられました。 生の青いバラは未完成な部分があります。また、遺伝子を組み替えて作られるため、自然の中で自由に栽培することは許可されていません。 現在の青バラがもっと青い色に進化すれば、きっと大きな話題となるでしょう。

プリザーブドフラワーなら他の花でもできる

プリザーブドフラワーは様々な植物から作ることができますから、バラ以外にも色々な種類があります。 バラ以外で、青いプリザーブドフラワーを作ることができる花の種類を紹介します。

カーネーション

青いカーネーションは、自然界には存在しません。しかし、青いバラを作る過程で誕生した青い色素を持つ紫のカーネーションが、青いカーネーションとして販売されています。 生花ではまだ真っ青なカーネーションは誕生していませんが、プリザーブドフラワーの製法で、鮮やかな青いカーネーションを作ることが可能です。 フラワーアレンジメントに青いカーネーションを使用したい場合は、ぜひプリザーブドフラワーを利用してはいかがでしょうか。

かすみ草

かすみ草は小さな花がたくさん集まった姿をしています。バラやカーネーションなどの花の豪華さを引き立てる、名脇役的な存在です。 メインのプリザーブドフラワーの周囲に、青いかすみ草のプリザーブドフラワーを散らすと、華やかな雰囲気がアップします。 アレンジメントのデザインのバリエーションを増やしてくれる存在として、活用すると良いでしょう。

ラン

ランの花もプリザーブドフラワーにすることが可能です。胡蝶蘭やデンファレなどのランが、プリザーブドフラワーに加工されています。 ランは大きな花弁が豪華で上品です。ランの花をメインにしたプリザーブドフラワーのアレンジメントは、結婚祝いや誕生祝いにおすすめです。 外見のみずみずしさを活かし、法要に使う仏花のアレンジメントなどにも利用されています。 青いランはバラやカーネーションと同じく、自然界には存在しません。一般的に入手できる青いランは、染色したものになります。 遺伝子改良によって誕生した青いランがありますが、展覧会などに出品されることはあっても市場には流通していません。プリザーブドフラワーなら、青いランが手軽に手に入ります。
1 2 3
よかったらシェアしてね!