MENU

胡蝶蘭が枯れたらもう終わり?もう一度お花を咲かせる方法

胡蝶蘭が枯れてしまったら、もう処分するしかないと思っていませんか?胡蝶蘭はお花が枯れてしまっても、株が生きていればまたお花を咲かせることができます。胡蝶蘭のお花をもう一度咲かせる方法や、枯れる原因などをまとめています。

胡蝶蘭はお花が枯れたら終わりではありません!

ピンクの胡蝶蘭
胡蝶蘭のお花が枯れ落ちてしまったらもう終わり、と思っていませんか? 胡蝶蘭は株さえ生きていれば、何度でもお花を咲かせてくれる生命力の強い植物です。胡蝶蘭のお花が終わったあと、完全に枯れてしまったかどうかを判断するには、葉っぱを観察してみてください。 葉っぱに艶があり、綺麗な緑色をしていれば株は生きています。 お花が終わった胡蝶蘭は葉っぱに栄養を蓄え、次のお花を咲かせる準備をしているのです。

お花が枯れた胡蝶蘭をもう一度咲かせる方法

植え替え
お花が終わった胡蝶蘭はまだ枯れていません。お花が終わったあとのお手入れをしっかりしてあげれば、何度でもお花を咲かせることができます。胡蝶蘭のお花をもう一度咲かせる方法をご紹介します。

寄せ植えの場合は植え替えを

胡蝶蘭のお花が終わったら、まず植え替えをしましょう。 お祝いなどでいただいた胡蝶蘭は、より華やかに見せるために複数の株が一つの鉢に寄せ植えされている状態です。植え替えは、根っこや葉っぱを健康に育て、お花を咲かせるためにとても大切です。 植え替えは暑い夏の時期や寒い冬の時期は避け、お花が終わった4月〜6月頃にするようにしましょう。また、頻繁な植え替えは胡蝶蘭の根っこをダメにしてしまうので、頻度は2年に一度くらいを目安にしてくださいね。

気長に胡蝶蘭を育てる場合(基本)

植え替えが終わったら、胡蝶蘭の茎を斜めにカットします。胡蝶蘭を健康に育てたい場合、茎を根元からカットしてください。翌年にお花を咲かせてくれることを楽しみに、気長に育てましょう。 茎を根元からカットすることで、株を休ませてあげることができます。すると、株が次のお花を咲かせるパワーを蓄え、長期間お花を咲かせることができるようになります。

早く次のお花を咲かせたい場合

どうしても早く次のお花を咲かせたい場合は、茎を根元からではなく、2〜3節目のところでカットしてください。 株の状態にもよりますが、元気で健康な株の場合は、数カ月後に次のお花を咲かせてくれるでしょう。 ただ、こちらの方法だと株を休ませてあげられていないので、株が弱くなってしまいます。長く胡蝶蘭を楽しみたい場合は、基本の方法で根元からカットしてくださいね。

胡蝶蘭の植え替えが終わったあとのお手入れ

水やり
胡蝶蘭の植え替えが終わったらひと安心ではありません。植え替え後も、置き場所と水やりの頻度に注意して、胡蝶蘭のお手入れをしてあげてくださいね。

風通しの良い場所に置く

胡蝶蘭の置き場所で大切なポイントは、以下の2点です。
  1. 直射日光があたらないこと
  2. 風通しが良いこと
春〜秋は、レースカーテン越しの暖かいところに置いてあげましょう。夏は強い日差しに注意してくださいね。 冬は15度くらいを保てる場所に置いてあげてください。胡蝶蘭は寒さに弱いので、夜間の冷え込みが気になる場合は、ダンボールで囲うなどして工夫してみてくださいね。

水やりは少なめにする

胡蝶蘭の植え替え後、1週間は水やりをしないでください。その後の水やりも少なめにすることがポイントです。 水苔の表面全体がしっかり乾いているのを確認してから水を与えるようにしましょう。 季節や温度によって変わりますが、1週間〜10日に一度を目安に水やりをしてください。水はできるだけ常温のものをあげてください。水やりをした後は、根腐れを防ぐために、鉢の受け皿に溜まった水を必ず捨てるようにしてくださいね。

こんな症状はお花が病気のサイン

枯れた花
お花が枯れ落ちるのとは違い、お花の色が変色していたり、しおれていたりする場合は病気にかかっているサインかもしれません。 病気になってしまっても、原因を取り除いてあげることで症状が良くなる可能性があります。お花の状態をよく観察し、すぐに対処してあげましょう。

灰色の斑点ができている

お花に灰色の斑点ができている場合、低温多湿が原因で起こる『灰色カビ病』になっている可能性があります。小さな褐色の斑点が徐々に大きくなり、灰色や緑灰色のカビが発生します。 胡蝶蘭の鉢の周りを段ボールや新聞紙などで囲い、温度を上げるようにしてください。

花びらが変色している

花びらの端っこが黄色く変色している場合、アザミウマという害虫が原因かもしれません。4月中旬ごろからの高温で乾燥する時期に寄生し、お花やつぼみにダメージを与えます。 オルトランなどの薬剤を使って駆除すると良いでしょう。

お花がしおれている

お花が下に垂れ、しおれている場合は、低温障害を起こしている可能性があります。胡蝶蘭は元々暖かいところで育っているため、寒さに弱い植物です。 室温を15度以上に保つようにしてあげてください。段ボールや毛布などで鉢を囲い、温めるようにしましょう。また、水やりの際の水の温度にも気を遣ってあげてください。

お花やつぼみが落ちる

お花やつぼみが落ちてしまい、いつまでもお花が咲かない場合、アブラムシが寄生しているかもしれません。アザミウマと同様に、高温で乾燥する時期に発生しやすい害虫です。 テルスター・オリオン・アドマイヤーなどの薬剤を使って駆除します。また、水で薄めた牛乳を霧吹きすることも効果的のようです。

胡蝶蘭の根っこや葉っぱが枯れたときの対処法

植え替え
お花ではなく、胡蝶蘭の根っこや葉っぱが枯れてしまった場合の対処法をご紹介します。根腐れや葉の異常がある場合も、復活させられることもあるので、すぐに処分はせずに手当てをしてあげましょう。

根っこが黒く変色している場合

根腐れは水の与えすぎによって起こります。
1 2
よかったらシェアしてね!