3月28日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説

2021 1/07
3月28日の誕生花|花言葉の由来、誕生日の有名人、何の日かも解説
目次

3月28日の誕生花にはどんなものがある?

3月28日の誕生花にはどんなものがある?

3月28日の誕生花には、ソメイヨシノやヤマブキ、エビネがあります。また、ライラックも3月28日の誕生花です。ライラックはブドウのようにふさになった花が可憐な印象で、芳香があるのが特徴。和名は紫沈丁花です。

3月28日の誕生花:ソメイヨシノ

3月28日の誕生花:ソメイヨシノ

春を代表する花であるサクラの代表的である品種のソメイヨシノは、日本全国に広く分布します。漢字では「染井吉野」と表記し、日本が原産のサクラの品種です。街路樹などとしても植樹されます。花の季節には、サクラの名所として知られる日本全国の各地で、花見のお祭りが開催されてにぎわいます。生花店では切り花として販売され、華道でも春の花材として重用されています。

ソメイヨシノの花言葉

ソメイヨシノの花言葉は、多数あります。美しさ・純白・高尚・私を忘れないで・優雅な女性・精神美・心の美しさ・淡白・不誠意・誤魔化し・独立などです。

ソメイヨシノの花言葉の由来は、いずれもサクラの花の美しさや、開花期間が短くすぐに散ってしまうことによるはかないイメージからくるものです。春の訪れを告げることで知られるソメイヨシノ。古くから日本人の心をつかんで離さないサクラならではの花言葉といえるでしょう。

サクラの西洋の花言葉には、優れた教育・精神の美などがあります。しかし、サクラの中でもソメイヨシノは日本固有の栽培品種のため、西洋の花言葉はありません。

ソメイヨシノが誕生花の日

ソメイヨシノが誕生花の日は、3月28日以外にも4月1日があります。どちらの日付も、ソメイヨシノが開花している時期の誕生花となっていますね。

ソメイヨシノの季節・開花時期

ソメイヨシノの開花時期は、九州・四国地方での3月下旬頃を皮切りに、桜前線として日本列島を北上していきます。染井吉野はエドヒガンとオオシマザクラを交配させて、江戸時代に作られた栽培品種。花弁は5枚で、花が開いた後に葉が出るのが特徴です。

3月28日の誕生花:ヤマブキ

3月28日の誕生花:ヤマブキ

ヤマブキは黄色い花を咲かせる、日本が原産のバラ科の低木です。「万葉集」にも登場するなど古くから親しまれた花で、山吹色の語源にもなっている花としても知られています。花弁は5枚で、葉が互生なのが特徴です。

ヤマブキの花言葉

ヤマブキの花言葉には、気品・優雅さ・待ちかねる・旺盛・金運・崇高などがあります。

ヤマブキの花言葉「金運」の由来は、花弁の色が黄金をイメージさせる、鮮やかな黄色であることに由来します。また、ある人が落とした金貨が、ヤマブキの花に変化したという言い伝えも、ヤマブキの花言葉の由来になっているとされています。

ヤマブキの西洋の花言葉は、気高さ・優雅さです。ヤマブキは日本が原産の花なので、西洋の花言葉は日本から伝わったものだということですよ。

ヤマブキが誕生花の日

ヤマブキが誕生花の日は、3月28日以外にも、5月4日があります。ヤマブキが誕生花の日に生まれた人への贈りものにもおすすめです。

ヤマブキの季節・開花時期

ヤマブキは、九州から北海道にかけての丘陵地や低山に生息します。開花時期は4月から5月で、美しいヤマブキ色の花を咲かせます。栽培が容易なので、ガーデニング初心者でも毎年開花を楽しめます。

3月28日の誕生花:エビネ

3月28日の誕生花:エビネ

3月28日の誕生花であるエビネは、漢字で海老根と書きます。学名はカランセで、ギリシャ語で美しい花という意味の語源をもっています。日本や中国、朝鮮半島が原産の花で、鉢植えや苗の状態で販売されています。暑さや寒さに強い品種は育てやすいので、ガーデニング初心者にもおすすめですよ。球茎が海老に似ていることから、エビネという和名がついたとされています。

エビネの花言葉

エビネの花言葉は、にぎやかな人柄、謙虚・忠実・誠実・真実・謙虚・謙虚な恋などです。

大ぶりで、はなやかな印象の花を咲かせるのがラン科の特徴です。しかし、エビネは、花茎は30~40cmになるものの、花は非常に小ぶり。エビネの花言葉の謙虚な恋・謙虚などは、エビネの主張しすぎない控えめな美しさから連想されたものだといえるでしょう。

エビネは日本や中国、朝鮮半島が原産の植物です。そのため、エビネには西洋の花言葉はありません。

エビネが誕生花の日

エビネが誕生花の日は、3月28日以外にもあります。4月26日・5月27日が、同じくエビネを誕生花にもつ日です。この日に生まれた人に、エビネをプレゼントすると喜ばれそうですね。

エビネの季節・開花時期

エビネは春に花を咲かせる植物です。花期は4月から5月ごろにかけてで、花茎の半分より上の部分に小ぶりの花を多数つけます。花は横向きに付いて、やや下垂しているのが特徴です。花色は多彩で、ピンク・白・オレンジ・黄色・茶色・緑・紫・赤などさまざまな品種が流通しています。

3月28日生まれの偉人・有名人

3月28日生まれの偉人・有名人

3月28日生まれの偉人・有名人には次のような人がいます。パセドウ病の発見者である医師のカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1799年)、代数幾何学を現代化したことで知られる数学者のアレクサンドル・グロタンディーク(1928年)、俳優の的場浩司(1969年)、女優の水野真紀(1970年)、タレントの神田うの(1975年)、歌手のレディー・ガガ(1986年)。

3月28日は何の日?

3月28日は何の日?

3月28日は、アサヒ飲料株式会社が制定した「三ツ矢サイダーの日」です。「三(3)ツ(2)矢(8)」の語呂合わせが由来です。3月28日は「シルクロードの日」でもあります。これは、シルクロードの古代都市「楼蘭(ロウラン)」が、1900年3月28日に発見されたことにちなみます。発見したのはスウェーデンの探検家のスウェン・ヘディンです。また、チェコスロバキアの「教師の日」も3月28日です。チェコ出身の教育者であるコメニウスの誕生日にちなんでいるそうですよ。

まとめ

3月の終わりは、春の花が見頃を迎えて、春の訪れを感じられる時期です。3月28日の誕生花にも、春を知らせる花が選ばれています。それぞれの花の花言葉にも注目しながら、季節の花を楽しみましょう。誕生花を贈りものにする場合には、贈る相手のイメージに合った、素敵な花言葉を添えてプレゼントするのもおすすめですよ。

人気のフラワーショップ

目次
閉じる