MENU

プリザーブドフラワーのグリーン系でリラックス。人気の種類は?

プリザーブドフラワーには様々なカラーバリエーションがありますが、中でもグリーンは人気のカラーです。グリーンのプリザーブドフラワーを使用したおすすめのデザインや、プレゼントやお祝いに贈ると喜ばれるアレンジの種類を紹介します。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは、水やりの必要がない花として知られています。特別な世話をしなくても、きれいな状態を維持することができるところが魅力です。 プリザーブドフラワーは、一体どのような花なのでしょうか。

保存された花

プリザーブドフラワーは、英語で『Preserved flower』と書きます。直訳すると『保存された花』という意味です。 採取した新鮮な花を使用し、生花のきれいな状態を保存できるように様々な方法で加工しています。生花を乾燥させたドライフラワーよりも、フレッシュで柔らかい印象があるところが魅力です。 プリザーブドフラワーは1990年代にフランスで誕生しました。著名なフラワーデザイナーが次々と作品に取り入れたことによって注目を浴びます。 人気はヨーロッパだけに留まらず各国へと広がり、今では世界中で生産されるようになりました。

加工方法

プリザーブドフラワーの原料は、新鮮な植物です。植物が持つ自然な柔らかさや風合いを生かしたまま加工します。 加工に使用する薬品は1種類だけではありません。メーカーによって使用する薬剤や製法にこだわりを持っていることが特徴です。 具体的には、化学薬品を使用して植物の水分や色を抜き、ポリエチレングリコールや着色液などを吸わせて花の風合いや彩りをつけていきます。 人工的に色を加えるため、植物が本来持つ色だけでなく実在しない花の色を表現することも可能です。

プリザーブドフラワーの種類やきれいな期間

プリザーブドフラワーは長持ちするように加工されていますが、永遠に美しさが長持ちするわけではありません。プリザーブドフラワーが、観賞価値の高い状態を維持できる期間は、管理する環境次第です。 湿気が少ない国では10年程度もつこともありますが、日本のような湿気が多い場所での寿命は3年前後だといわれています。

プリザーブドフラワーアレンジの例

プリザーブドフラワーには、様々なアレンジ方法があります。アレンジの種類によって、飾る場所や贈るシチュエーションなどを変えると効果的ですよ。 プリザーブドフラワーのアレンジ例をチェックしましょう。

リース

リースは草花を輪の形に束ねたものです。多種多様な植物で作られ、もとは魔除けや豊穣を祈るために使用されてきました。たとえば、クリスマスリースなどが有名です。 リースは生の植物だけでなく、プリザーブドフラワーやドライフラワーなどでも作られます。 プリザーブドフラワーで作ったリースは、生の植物で作られたリースとほとんど変わらない風合いを持っているのが魅力です。 室内のエアコンの風が直接あたらない場所や、外気にさらされない場所で管理すれば、美しさが長持ちします。プリザーブドフラワーで作られたリースを開店祝いや新築祝いなどに贈れば、きっと喜ばれるでしょう。

ケーキ

プリザーブドフラワーのアレンジは、生花では長持ちさせることが難しいデザインにも挑戦することができるため、バリエーションが豊富です。 生花で複雑なアレンジメントを作ろうとすると、見た目の美しさを長時間維持することが難しいですが、プリザーブドフラワーであれば保水性などを気にすることなく、自由な形のアレンジメントが作れます。 たとえば、インテリア性が高く華やかなアレンジの1つにケーキ型のアレンジがあります。カップケーキサイズや1ピースサイズ、1ホールのケーキにアレンジされデザインなど、バリエーション豊かです。 メッセージ入りのプレートや、リボンを使ってデコレーションされたアイテムもあります。プリザーブドフラワーのケーキアレンジメントは、女性への誕生日プレゼントや退職祝いにもおすすめです。

ギフトセット

プリザーブドフラワーのアレンジメントに、お茶やお菓子などを加えたギフトセットが、母の日や父の日などの贈り物として人気を集めています。 お花だけでは物足りないという場合は、プリザーブドフラワーのアレンジメントとプチギフトのセットがおすすめです。 食べ物や飲み物は口にすればなくなりますが、プリザーブドフラワーは長期間美しい花を楽しめます。贈り物にプリザーブドフラワーをプラスすることで、より感謝の気持ちを伝えられるでしょう。

グリーンのプリザーブドフラワーが人気の理由

様々な色があるプリザーブドフラワーの中でも、グリーンは人気が高いカラーの1つです。 色は人の気持ちを高揚させたり、反対に落ち着かせたりします。色が持つ作用を知っていれば、贈り物選びに役立つでしょう。グリーンが持っている特徴や心理的な作用について紹介します。

グリーンのリラックス効果

グリーンには緊張を緩和する作用や、気持ちをリラックスさせる効果が期待できます。 公園や森林といった緑の中にいると、癒しを感じる人は多いのではないでしょうか。グリーンのプリザーブドフラワーを近くに置けば、穏やかな気持ちで過ごすことができるでしょう。 また、緑を見ると目が休まる効果も期待できるため、気持ちを静めたい人だけでなくデスクワークが多く目が疲れやすい人にもおすすめです。

色の組み合わせがしやすい

グリーンは暖色系でも寒色系でもない『中間色』です。レッド系やブルー系の両方と相性がよく、組み合わせるカラーを選びません。 グリーンをメインに使用したフラワーアレンジメントは、アクセントにするカラーを変えるだけで、アレンジ全体の雰囲気が変わることが特徴です。 たとえば、グリーンのプリザーブドフラワーをメインに、イエローやオレンジといったカラーをアクセントにしたアレンジは、明るく優しい印象を与えてくれます。
1 2 3
よかったらシェアしてね!